【進撃の巨人 アニメ2期】8話(第33話)<あらすじ感想まとめ>Season2

  • LINEで送る

アニメ2期始動!2

【進撃の巨人Season2】テレビアニメ第2期が2017年4月に放送されます!*\(^o^)/*

この記事では【進撃の巨人】アニメ2期・8話(第33話)のあらすじ内容を予想しています。

※この記事は【進撃の巨人Season2】アニメ2期ネタバレ8話(33話)の感想まとめ予定地です。
アニメ二期第8話が放送され次第、最新内容を更新します(ง ˘ω˘ )ว
スポンサーリンク

【進撃の巨人 Season2】アニメ2期ネタバレ8話(第33話)<あらすじ感想まとめ>

8001

アニメ2期では何クール放送されるかは未定ですが、【進撃の巨人】の単行本の内容から、おそらく2クールと想定して

【1クール】「進撃の巨人」第8巻<34話>~第12巻
【2クール】「進撃の巨人」第13巻~第17巻<69話>

といった配分になるのでは?と予想されます。

前回の【進撃の巨人アニメ2期】第7話では、
『進撃の巨人』11巻第43話「鎧の巨人」から44話「打・投・極」までの内容が含まれるのでは?と想像してみましたが、【進撃の巨人アニメ2期】第8話はどのような内容になるのでしょうか?

アニメオリジナルのシナリオが追加される可能性がありますので、あくまでも想像となりますが、あらすじを予想してみたいと思います(ง ˘ω˘ )ว

【進撃の巨人 アニメ2期】第8話(33話)<あらすじ>

『進撃の巨人』第11巻45話「追う者」

鎧の巨人を追い詰めあと一息のところで、超大型巨人が壁上から落下

その後、場面はトロスト区へと移ります-

1009

トロスト区の壁上

酒を飲み眠るピクシス指令

部下「司令 ピクシス司令 起きて下さい」

女性の部下がピクシス指令の頭をペチッと叩き起こします

ピクシス「ふぐ!?」

1008

とそこへエルヴィン団長が報告に現れ、アニを拘束したことにより、憲兵団を安全な内地から巨人のいる領域まで引きずり下ろしたことなどを話しています



一方で巨人と戦うために集められた兵士達――

ジャン
「本当に…巨人がいないんですか?」

「みたいだな 妙に静かだと思ったよ」

「…あいつら 生きてっかな…」

2001

憲兵団
「オイオイ…非常時だと聞いて来てみりゃ…ずいぶんのんびりしてるじゃないか」
「なぁリヴァイ 俺らの獲物はどこだ?」

1015

先遣隊の報告の兵士
「か…壁に穴などの異常は見当たりませんでした…」

「そうか…やはりのう」

「し しかし…大変な事態になりました!我々はトロスト区に報告に向かう帰路でハンジ率いる調査兵団と遭遇しました!
その中に装備を着けてない104期の新兵が数名いたのですが…… 

1002

「その中の!3名の正体は… 巨人でした!!」

衝撃的事実に驚きの表情を隠せない面々-

そして調査兵団は超大型巨人・鎧の巨人と交戦
戦いに加わった時には既に決着がついていたことを報告します



-場面は移り、意識を失っていたミカサが目を覚まします

1013

「?」ズキッ

超大型巨人と交戦した壁上で仰向けに寝ていたミカサ
辺りを見回すと、既に戦闘の気配はなく、近くにはケガ人が横たわっています

ミカサが目を覚ましたのを見て、アルミンが駆け寄ります

アルミン
「ミカサ!待ってまだ動いちゃ…」

1001

「アルミン!エレンは!?どこ!?」

アルミンはエレンとユミルはライナーとベルトルトによって連れ去られてしまっていることを

超大型巨人は地面に落下すると同時に体を一気に蒸散させ、その熱と風圧で周囲の兵士を吹き飛ばす中、
鎧の巨人だけがその衝撃に耐え、身動きできないエレンをうなじごと齧り取って逃走したとのこと

その出来事がおよそ5時間前の出来事であると告げます。

なぜ誰もエレンを追っていないと問うミカサに対し、壁の外へ馬を運べないため追跡することが不可能で、リフトが到着するまでは体を休めておくべきとアルミンが宥めます。

ミカサが涙ぐみながら、話し続けます

「ねぇ…アルミン …… 何で… エレンはいつも私達から遠くに行くんだろう」

「…そういえばそうだね エレンは昔っから一人で突っ走って行くんだ 僕らを置いて 本人が望むにしろ望まないにしろ…いつもそうだ 
きっとそういう星の下に生まれついたんだよ……エレンは」

1007

「… 私はただ そばにいるだけでいいのに … それだけなのに…」



ハンネス「なぁお前ら 腹減っただろ?」

1001

落ち込むミカサとアルミンにハンネスが声をかけ野戦糧食を差し出しますが、2人は食欲がない様子です

そんな2人にハンネスは思い出話を続けます

エレンは子供の頃からケンカが弱くて勝っているところは見たことがない。
しかし負けて降参したところも見たことがない…と。

「そしてそんな執念と反抗心の塊みたいなエレンがおとなしく連れ去られているわけがない」

「俺も行くぞ お前ら3人が揃ってねぇと俺の日常は戻らねぇからな」

1004

と2人を鼓舞しハンネス自身も同行することを伝えると、勇気づけられ心に火が点いたミカサとアルミンはエレンを連れ戻すため、野戦糧食を齧ります-。

1006

そこへエルヴィン率いる追跡部隊が壁の上を駆けてきます

その中にはクリスタやコニーの姿も-

1012

そしてエルヴィン団長が到着すると、重症で横たわっていたハンジが兵士の足を掴み、彼らが巨人化能力者であっても巨人の脅威に晒されること、あれほどの戦闘のあとには消耗しているはずで巨人が活動を停止する夜まで休憩をしている可能性をを示唆し、近辺にある巨大樹の森を目指すように進言します。

1011

「夜までだ!!夜までにこの森に着けばまだ間に合うかもしれない!!」

-【進撃の巨人 アニメ2期】第9話へ続く-

▼▼▼

【進撃の巨人アニメ2期】第8話では、『進撃の巨人』第11巻 45話「追う者」の内容が含まれるのではないかと想像してみましたが、どのような内容になるのか今から楽しみです!*\(^o^)/*

アニメ2期に関する最新情報は別記事にてまとめていますので、ご覧になってみてくださいね(*・ω・*)ゞ

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントはこちら

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

PAGE TOP