【進撃の巨人 アニメ2期】ネタバレ21話(46話)<あらすじ感想まとめ>Season2

アニメ2期始動!2

待望の【進撃の巨人Season2】テレビアニメ2期が2017年4月1日から放送開始されます!

この記事では【進撃の巨人】アニメ2期・第21話(46話)のあらすじ内容を予想。
アニメ2期放送後はアニメ画像や感想をまとめていきます。

※この記事は【進撃の巨人】アニメ2期・第21話(46話)感想予定地です。
アニメ二期が放送され次第、最新内容を更新します(ง ˘ω˘ )ว
スポンサーリンク

【進撃の巨人 Season2】アニメ2期ネタバレ21話(第46話)を予想<あらすじ感想まとめ>

8001

アニメ2期では何クール放送されるかは未定ですが、【進撃の巨人】の単行本の内容から、おそらく2クールと想定して

【1クール】「進撃の巨人」第8巻<34話>~第12巻
【2クール】「進撃の巨人」第13巻~第17巻<69話>

といった配分になるのでは?と予想されます。

前回の【進撃の巨人アニメ2期】第20話では、
『進撃の巨人』第15巻 60話「信頼」から~61話「回答」までまでの内容が含まれるのでは?と想像してみましたが、【進撃の巨人アニメ2期】2クールとなる第20話(45話)はどのような内容になるのでしょうか?

アニメオリジナルのシナリオが追加される可能性がありますので、あくまでも想像となりますが、あらすじを予想してみたいと思います(ง ˘ω˘ )ว

【進撃の巨人 アニメ2期】第21話(46話)<あらすじ>

1013

エルヴィンらが企てたクーデターは成功し、ザックレー総統から現体制の崩壊が宣言します

兵団の目的は兵団組織による壁の統治ではなく、人類を巨人の脅威から身を粉にして守り抜くことであり

偽りの王家から真の王家に先導者としての威厳と民の信頼を取り戻していただくよう助力することと伝えます

この革命によって、保守派達による暴動等は起きていませんが、特権階級の貴族たちは不信感を募らせ、民衆たちは今まで信じていたものが裏切られたことに複雑な心境です。



場面は変わり、馬車で移動するザックレーとエルヴィン

1012

エルヴィンは革命の成功を好ましくは思っていないようで、王政がいかに浅ましく下劣であろうとも今日に至るまで100年以上人類を生きながらえさせた術があることから、仲間や自分の命と共に責任を放棄して託すべきだったかもしれない…とザックレーに言います

「人よりも… 人類が尊いのなら…」

一方でザックレーは、今回の革命の成功は痛快であると語り始めます

ザックレーは以前から王政府に対しては強い不満を抱いており、クーデターを画策しており、そのために忠実な犬であることに徹して今の地位にまで登り詰めたようです

「私も大した悪党だろう しかしそれは君も同じだろ?」

ザックレーはエルヴィンの心の奥の願望を見抜いていたようです

1011

エルヴィンの夢は-
「私には夢があります 子供の頃からの夢です」


1002

場面は変わり、リヴァイ班と合流したハンジたち

ハンジにはエルヴィンから託された「調査報告書」の情報から、エレン達の居場所に心当たりがあると話します

1005

リヴァイ班とハンジらは、馬で移動しながらその内容を語ります

それは5年前にレイス家を襲ったある事件のこと-

レイス家には5人もの子供たちがおり、余り余って隠し子(ヒストリア)を作ってしまうほど子宝に恵まれていました

長女のフリーダは領民達からの評判も良く自慢の娘だったようですが、レイス家の平穏はウォール・マリア陥落の日と共に崩れ去ります

1014

ウォール・マリアの惨事を受けたレイス家が一家全員で祈りを捧げていた所へ盗賊が侵入

一家の主であるロッド・レイスを除く一族全員が盗賊に惨殺され、礼拝堂も全壊されるという事件が発生します

そしてそれはヒストリアの母が中央憲兵に殺される数日前の出来事で、ロッド・レイスは家族を失った直後に突然ヒストリアに接触を図っていることから、ヒストリア求める理由は血縁関係にあると推察されます

またハンジは礼拝堂が全壊していた点にも着眼し、金品を強奪することが目的の盗賊がわざわざ礼拝堂を破壊する理由が見当たらないことから、盗賊に襲われたという証言はでっち上げであると指摘

「もはやここに巨人の存在が無かったという方が不思議なくらいだ
これが私の早合点だとしてもこんだけ怪しければ十分我々が今ここに向かう価値はあるはずだ!」

ただし 夜が明ける頃にはレイス家の領地に兵団が送りこまれるはずなので、自分たちが一刻も早く到着しなければ、エレンが食われるかもしれない…とも述べます

リヴァイ
「……わかった その礼拝堂を目指すぞ」

リヴァイ班はレイス家の礼拝堂を目指し馬を走らせます-



1006

場面は変わり、エレンは鍾乳洞のような場所で目を覚まします

エレンは動くことも喋ることも出来ない状態で拘束されており、その眼下にはヒストリアがいます

ヒストリアは父ロッド・レイスに懐柔されたのか、すっかりロッドを信じ切っている様子です

ロッドはエレンに”説明”をするつもりのようですが「この方がてっとり早い」とヒストリアと共に手のひらをエレンの背中に押し当てます

1009

-その瞬間
エレンの体に衝撃が走り、自分ではない誰かの記憶がフラッシュバックします!

1010

夜の礼拝堂に地下へ続く階段

振り返るレイス家の人達、コチラを睨みつけるフリーダ

“これは…何だ… オレの見たものじゃない”

惨殺されていくレイス家の人達、そして炎に包まれる礼拝堂

1001

手のひらに括りつけられた地下室の鍵

注射器を見て泣き叫ぶ幼少のエレン そして巨人化するエレン

その巨人が自身に掴みかかり…

場面は一転-

1007

父のメガネを持って叫びを上げるエレン
傍らには捕食された遺体も転がっています

“…この鍵!!これは…!?―――まさか…”

「お…とう…さん?」
「あああああぁああああああ」

1008

ロッド
「どうだ?」

「思い出したか? 父親の罪を」


-【進撃の巨人 アニメ2期】第23話へ続く-

▼▼▼▼▼

【進撃の巨人アニメ2期】2クールとなる第21話では、『進撃の巨人』第15巻62話「罪」から63話「鎖」中盤までの内容が含まれるのではないかと想像してみましたが、どのような内容になるのか今から楽しみですね!*\(^o^)/*

アニメ2期に関する最新情報は別記事にてまとめていますので、ご覧になってみてくださいね(*・ω・*)ゞ

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントはこちら

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ