【進撃の巨人 アニメ2期】22話(第47話)<ネタバレ感想まとめ>Season2

  • LINEで送る

アニメ2期始動!2

待望の【進撃の巨人】テレビアニメ2期<Season2>が2017年4月に放送開始されます!*\(^o^)/*

この記事では【進撃の巨人Season2】アニメ2期の22話(第47話)のあらすじ内容を勝手に予想してみたいと思います!

※この記事は【進撃の巨人】アニメ2期・22話(第47話)感想予定地です。
アニメ二期が放送され次第、最新内容を更新します(ง ˘ω˘ )ว
スポンサーリンク

【進撃の巨人 アニメ2期】22話(第47話)を予想<ネタバレ感想まとめ>

8001

アニメ2期では何クール放送されるかは未定ですが、【進撃の巨人】の単行本の内容から、おそらく2クールと想定して

【1クール】「進撃の巨人」第8巻<34話>~第12巻
【2クール】「進撃の巨人」第13巻~第17巻<69話>

といった配分になるのでは?と予想されます。

前回の【進撃の巨人アニメ2期】第21話では、
『進撃の巨人』第15巻62話「罪」から63話「鎖」中盤までの内容が含まれるのでは?と想像してみましたが、【進撃の巨人アニメ2期】2クールとなる第22話(47話)はどのような内容になるのでしょうか?

アニメオリジナルのシナリオが追加される可能性がありますので、あくまでも想像となりますが、あらすじを予想してみたいと思います(ง ˘ω˘ )ว

【進撃の巨人 アニメ2期】第22話(47話)<あらすじ>

1001

調査兵団ではエレンとヒストリア奪還作戦の準備を進めています

エルヴィン団長とピクシス司令は、王政幹部の聴取の結果、記憶改ざんの仮説が立証されたことだけでなく、貴族達一部の血族はその影響を受けないとの口振りから、エルヴィンの父の仮設通りではないか推察し、真実を知っても改ざんされては元に戻ってしまうと危惧します

2001

そして準備が整った調査兵団は奪還作戦へと出発-



1006

一方でリヴァイ班とハンジたちは、レイス卿領地の礼拝堂へ突入するための準備を行っています

その間、リヴァイは作戦遂行の最大の障害となるケニーについて、リヴァイ自身と同等クラスの戦闘能力を有し、さらに対人特化した立体機動装置を使う厄介な敵だと注意を施します

サシャとコニーはお手上げ状態ですが、アルミンとハンジが実戦経験が乏しいという対人制圧部隊の弱点について説明

そしてリヴァイはミカサに「『ケニー・アッカーマン』という名前らしいが、お前の親戚だったりしてな」とアッカーマンの姓について尋ねます

ミカサは、アッカーマンは父方の姓で、都市部で迫害を受けていたこと

そして同様に迫害を受けていた東洋人の母と壁の端に追いやられた山奥で出会い夫婦となったことや、母とは違い人種的な差異はなかった父がなぜ迫害を受けていたのかミカサにとってひとつ不可解な点があると語ります

それを聞いたリヴァイはさらに質問を重ねます

「お前…ある時突然力に目覚めたような感覚を経験したことがあるか」

3001

ミカサは誘拐犯を刺殺したあの瞬間のことを思い出します

1002

するとリヴァイもその瞬間が俺にもあったと答えます


1009

そしてリヴァイ達は目的地の礼拝堂に到着

目論見通りに地下への階段を見つけ、突撃準備を整えます

今回の敵は巨人ではなく人間であることから、手を汚す覚悟は出来たか?と問うリヴァイ兵長に無言で肯定を表す104期兵たち
リヴァイ兵長の合図と共に敵地へ突入します



1012

地下の空間には巨人が立って歩けるぐらいの高さと広大な面積があり、その壁は光っています

さらに石柱が乱立している中、対人制圧部隊が待ち構えています

女性兵士(トラウテ・カーティン)は

完全な奇襲を受けた上で仲間を12人も葬った最強の兵士リヴァイと戦うであろうこと
そして中央憲兵の本部も王政も制圧されてしまったことから

これからの闘いも投稿した後も厳しい状況であると語っています

1005

それでもこの壁の中で生きてる限り同じことで
そんな無意味な世界と無意味な人生に意味を見出すため

この世界を盤上ごとひっくり返すっていうケニーの夢を信じてみようと仲間を鼓舞します

1011

バン!

とその時、扉が開かれます

火薬入りの樽を階下に転がしサシャがそれを火矢で射抜きすると樽の中の油が入った袋が飛び散り煙幕が立ち込めます

1008

さらに信煙弾も使い、煙で満たして敵の視界を狭めると、そこへリヴァイとミカサが敵の位置と数を把握した後に突入

リヴァイ班らが対人制圧部隊攻略のためにとった作戦とは、煙幕を用いた攪乱戦法のようです

作戦が功を奏し、次々と敵を仕留めていく調査兵団

押される状況に全滅を予期した副長は戦況を変えるには敵に穴を開ければならないと判断

女性兵士はハンジに罠を張り、誘い込み撃破

1007

ハンジは地面に叩きつけられ負傷してしまいます

その隙に対人制圧部隊側は撤退命令を出し、さらに奥へと退却

負傷したハンジをアルミンに託し、リヴァイらもさらに奥へと追っていきます



1004

場面は変わり、礼拝堂の奥では戦闘音を察知したロッドが準備を進める一方で、この壁の成り立ちについて語ります

1010

この洞窟や三重の壁は約100年前、ある巨人の力によって造られたこと

残された人類が平和に暮らせるよう願い、いくつかの血族を除き人類の記憶を改竄したこと

そして王家は代々巨人の力と記憶を儀式によって継承し、フリーダは巨人の力だけでなく、この世界の成り立ちと経緯全ての”初代王の思想”を存知しるとロッドがヒストリアに告げます

さらにフリーダが本来の力を発揮できていれば、全ての巨人を駆逐することが可能でしたが、その力はレイス王家の血を引く者でなければ真の力が発揮されず、現時点ではエレンの中にあることを述べます

とそこへ、陰で話しを聞いていたケニーが頭上から降りてきます

1003

「オイオイ オイオイ…
それじゃあレイス家がエレンを食わなきゃ…真の王にはなれねぇのかよ?」

ケニーの野望とは 王家に伝わる巨人の力を奪うことだったようです-

-【進撃の巨人 アニメ2期】第23話へ続く-

▼▼▼▼▼

【進撃の巨人アニメ2期】2クールとなる第22話では、『進撃の巨人』第16巻63話「鎖」中盤から64話「歓迎会」までの内容が含まれるのではないかと想像してみましたが、どのような内容になるのか今から楽しみですね!*\(^o^)/*

アニメ2期に関する最新情報は別記事にてまとめていますので、ご覧になってみてくださいね(*・ω・*)ゞ

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントはこちら

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

PAGE TOP