【進撃の巨人 アニメ2期】23話(第48話)<ネタバレ感想まとめ>Season2

進撃の巨人アニメ2期

この記事では、2017年4月に放送が決定している【進撃の巨人Season2】テレビアニメ第2期、23話(第48話)のあらすじ内容を予想しています!

※この記事は【進撃の巨人】アニメ2期・第23話(48話)感想予定地です。
アニメ二期が放送され次第、最新内容を更新します!
スポンサーリンク

【進撃の巨人Season2】アニメ2期ネタバレ第23話(48話)<あらすじ感想まとめ>

8001

アニメ2期では何クール放送されるかは未定ですが、【進撃の巨人】の単行本の内容から、おそらく2クールと想定して

【1クール】「進撃の巨人」第8巻<34話>~第12巻
【2クール】「進撃の巨人」第13巻~第17巻<69話>

といった配分になるのでは?と予想されます。

前回の【進撃の巨人アニメ2期】第22話では、
『進撃の巨人』第16巻63話「鎖」中盤から64話「歓迎会」までまでの内容が含まれるのでは?と想像してみましたが、【進撃の巨人アニメ2期】2クールとなる第23話(48話)はどのような内容になるのでしょうか?

アニメオリジナルのシナリオが追加される可能性がありますので、あくまでも想像となりますが、あらすじを予想してみたいと思います(ง ˘ω˘ )ว

【進撃の巨人 アニメ2期】第23話(48話)<あらすじ>

若き日のケニー

「話せよじいさん。あんたもう死ぬんだろ?」

若き日のケニーアッカーマンと
ベッドに横たわったケニーの祖父との会話の回想シーンから始まります。

死期の近づいている祖父に、ケニーは何故アッカーマン一族が王政から恨まれ迫害を受けなければならいのかを問います

「秘密を墓まで持っていくことでお前たちを守るつもりじゃったが、
無意味だったようじゃな・・・」

かつては王側近の武家であったにもかかわらず、黙秘することで一族を守るつもりでしたが、こうなっては仕方がないと祖父が話始めます-

初代王は三重の壁を築き、記憶を操作し歴史を喪失させることで平和を実現しており、その力と初代王の思想はレイス王家によって代々受け継がれています

そして人類の大半は一つの血族からなる単一の民族であり、大多数の「単一の民族」とごく少数にそれぞれ独立した血族が存在

アッカーマン家の秘密

アッカーマン家は恨まれているのではなく、王による記憶操作が通じない血族のため恐れられていること

アッカーマン家と東洋人の一族には記憶操作が及ばす、さらに王政に背いたために迫害されるようになったことを語ります

ケニーは王家の出自と秘密を知り、自身が巨人の力を掌握して「この世界を盤上ごとひっくり返す」という野望を持っていましたが、その力はレイス家が継承しなければ発揮出来ないと知り…


1003

場面は現実に戻り、ケニーは逆上してロッドの胸ぐらをつかみ持ち上げ額に銃を突きつけます

そして自分と同様に利用されているヒストリアを哀れみ、父ロッドが自分勝手で傲慢な人間であるかを語って聞かせますが、ヒストリアは考えを曲げず一貫して使命を全うすると主張

「ケニーお前は自由だ…他の生きがいを探して長生きしろ」

とロッドが告げますが、ケニーは落胆した表情で

「…それじゃあ つまんねぇんだよ」とつぶやきエレンの拘束を解いていきます

慌てたロッドは急いでヒストリア注射を打つよう施します

そしてこの注射を打てば戦闘タイプの強力な巨人になれる、巨人の力を取り込むためには正確に食うのではなく背骨を噛み砕き脊髄液を体内に入れればいい
と説明します

「エレン、どうして巨人化しないの?」
「わたしが巨人化したら食べられるんだよ…そのままだと」

今まさに注射を打とうとしているヒストリアは、拘束を解かれたにも関わらず巨人化しようとしないエレンに疑問を問いかけます

エレンの悲しみ

「俺は要らなかったんだ」

するとエレンは涙ながらに、自分と父親のせいであまりにも多くの犠牲者が出てしまったことや、過去の決心や信念、訓練の日々、外の世界への憧れも全てを否定し、自分は必要のない人間だと

だからせめて、かつて仲間であるヒストリアの手で全てを終わらせて欲しいと懇願します

1001

「エレン・・・あのときは
私のことを普通だって言ってくれて、嬉しかったよ」

ヒストリアは覚悟を決め、自らの腕に注射針を突き刺します-

1002

-【進撃の巨人 アニメ2期】第24話へ続く-

▼▼▼▼▼

【進撃の巨人アニメ2期】2クールとなる第23話では、『進撃の巨人』第15巻65話「夢と呪い」の内容が含まれるのではないかと想像してみましたが、どのような内容になるのか今から楽しみですね!*\(^o^)/*

アニメ2期に関する最新情報は別記事にてまとめていますので、ご覧になってみてくださいね!

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントはこちら

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ