【進撃の巨人アニメ2期】3話(第28話)<ネタバレ感想まとめ>Season2

anime2

2017年4月1日『進撃の巨人Season2』アニメ2期がいよいよ放送スタートします!

この記事は『進撃の巨人Season2』第24話(49話)の感想予定地です。
アニメ放映後にあらすじ、感想、考察、見どころをピックアップしてまとめていきます。

※アニメ放映までは、あらすじの予想記事を掲載しています。
スポンサーリンク

【進撃の巨人 Season2】アニメ2期ネタバレ3話(第28話)を予想<あらすじ感想まとめ>

アニメ2期始動!2

アニメ2期では何クール放送されるかは未定ですが、【進撃の巨人】の単行本の内容から、おそらく2クールと想定して

【1クール】「進撃の巨人」第8巻<34話>~第12巻
【2クール】「進撃の巨人」第13巻~第17巻<69話>

といった配分になるのでは?と予想されます。

前回の【進撃の巨人アニメ2期】第2話では、
『進撃の巨人』9巻第36話「ただいま」の内容から第37話「南西へ」まで
が含まれるのでは?と想像してみましたが、【進撃の巨人アニメ2期】第3話はどのような内容になるのでしょうか?

アニメオリジナルのシナリオが追加される可能性がありますので、あくまでも想像となりますが、あらすじを予想してみたいと思います(ง ˘ω˘ )ว

【進撃の巨人 アニメ2期】第3話

1018

『進撃の巨人』第9巻38話「ウトガルド城」

1021

巨人に襲撃され、壊滅したラガコ村に辿り着いた南班
自分の生まれ故郷を滅茶苦茶にされ、悲しみ暮れるコニーにライナーも言葉が見つかりません

1019

不思議な点として、ラガゴ村では建物は所々壊されていますが、犠牲者の遺体や血痕など一切見当たりません。

「村人らは巨人の襲来を素早く察知し、全員無事に逃げたんだ」とコニーを元気づけますが、馬小屋に多くの馬がつながれたままであることから、村の住民が逃げ切れた可能性は低いとゲルガーは考えます。

そんなことを嘆くコニーに言えるはずもなく、内心に留めたまま壁の破壊箇所特定のため出発を促します。

1009

馬にまたがり出発しようとするコニー
その背後から、コニーの家に倒れている巨人が話しかけます-

「オ…アエリ…」

「は… 今…」

「ライナー… 聞いたか!?今あいつが-」

コニーは耳を疑います

「なんか…なんか…あいつさぁ… なんか母ちゃんに…」

ライナーもコニーの様子からその事実を察知しますが、コニーの言葉を遮り、「兵士なら最善を尽くせ」とコニーを鼓舞します

ひとまず冷静さを取り戻したコニー

1011

壁の破壊箇所を探すため、ラガコ村を後にします。


巨人出現後より9時間後

1014

巨人出現ポイントから東で防衛ラインを引くリコの精鋭班らは、砲撃部隊とうまく連携し順調に巨人を屠っています。

順調に防衛戦を維持することは出来ているものの何かに違和感を感じるリコ。

1017

一方、壁の穴を探して壁沿いに進むハンネス部隊も、壁が破壊された時には大量の巨人を誘導してきているはずなのに…と、巨人と全く遭遇していないことに違和感を感じます。

これまでの襲撃とはどこか違う様子にこのまま穏やかにすまないものかと願うハンネス。



巨人出現より11時間後

1005

一方でコニーやライナー・ベルトルトを含む南班は、日が暮れて真っ暗になった中を松明の明かりを頼りに壁沿いを西へ進みます。

1004

急いで確認作業を終わらせなければと気持ちが焦りますが、足元がやっと見える程度の狭い視界と、いつ暗闇から巨人が現れるかもしれない恐怖から正気を保つのが精一杯です。

恐怖と緊張でおかしくなりそうな中、行く手に別の明かりが…

1015

クリスタやユミルがいる西班らと遭遇

南班、西班ともに巨人が侵攻してきたと思しき穴は見つかっていません。

巨人がやってきた方向の壁には穴が開いていないということになります。

見落とした可能性を考慮し再度確認するべきですが、馬も兵士も疲労が限界です

1012

そこへ雲の隙間から月明かりが差し、すぐ近くに城跡が姿を現します

「あれは… 城跡… か」

1001

看板に『ウトガルド城跡』と書かれた城跡には、最近まで誰かが住んでいた痕跡があります。

わずかながら酒や食糧も残されており、南班・西班の兵士らは休息をとることに…。

ユミルがコニーに故郷の様子を伺うと、コニーは自分の村は壊滅していたが人が喰われた痕跡は見つからず、犠牲者は出ていないのではないかと話します。

そしてコニーの家に倒れていた巨人が母親に似ていたことを言うと、ライナーより先にユミルが大声でコニーを冗談めかして笑い飛ばし、その場をはぐらかします。

1003

夜も更けた頃、ライナーは食糧を漁るユミルを発見

ライナーはコニーの村の話で機転を利かせたユミルにお礼を言いますがユミルはそのまま食料を漁っています。

「こりゃいけそうだ 鰊は好みじゃないが…」

ユミルが見つけた缶詰を見てライナーは読めない文字を見て不思議に思います

「…何だこの文字は? 俺には読めない」
「『にしん』って書いてあるのか…?」
「お前…よく…この文字が読めたな…ユミル」

1006

とその直後-

1016

「全員起きろ!! 屋上に来てくれ!! 全員すぐにだ!!」

城の周りを埋め尽くす大量の巨人に囲まれています-!

日没からかなり時間が経っているにもかかわらず、未だ巨人が活動しているのは一体なぜ…

1020

その中に一風大きく体毛に覆われた獣の巨人をコニーが発見

そして巨人らが城の中へと侵入!

1023

武装している先輩方らは巨人たちに立ち向かいます-!

1010

獣の巨人はそのまま壁の方へ向かい、爪を壁に突き刺して壁をよじ登っていきます



巨人発見より17時間後

2001

ハンジ率いる調査兵団の主力部隊は壁の破壊箇所を確認するためウトガルド城を目指します

-【進撃の巨人 アニメ2期】#04(29話)へ続く-

▼▼▼

【進撃の巨人アニメ2期】第3話では、『進撃の巨人』9巻第38話「ウトガルド城」の内容が含まれるのではないかと想像してみましたが、どのような内容になるのか今から楽しみです!

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントはこちら

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ