【進撃の巨人】ネタバレ最新65話「夢と呪い」<あらすじと感想>画バレ

別マガ2015年2月号
© 諫山創/講談社

【進撃の巨人】ネタバレ最新65話
タイトル「夢と呪い」

別冊少年マガジン2015年2月号(1月9日発売)の掲載内容です。
単行本派の方はネタバレ回避してくださいね(ง ˘ω˘ )ว

スポンサーリンク

前回までのあらすじ

▶▶64話「歓迎会」

エレンとヒストリアを救出するために
レイス卿領地の礼拝堂へ到着したリヴァイ班とハンジさんは
迎え撃つ対人制圧部隊と洞窟内にて激しい立体起動バトルで戦います。

アルミンの作戦立案で優勢だったリヴァイ班ですが
制圧部隊ケニーアッカーマンの側近の女性の返り討ちに
ハンジさんが意識不明の重体に…!!(・ω・。`)

一方洞窟内の奥では
この世界の成り立ちの「世界の記憶」
「三重の壁」や洞窟を築き、平和に暮らせるよう、
人類の記憶を操作した”ある巨人”の力について語られています。

王家レイス家は代々巨人の力と記憶を捕食の儀式によって継承してきたことや
これまでの継承者であるウーリ・レイスやフリーダは
人類の行く末を左右できる者となりますが、初代王の思想に従い
情報を公開することはなかったことなど、
物語の重要な部分明らかに・・・!

そして、巨人の力はレイス家の血筋でなければ
本来のポテンシャルを引き出せない。

との情報に、盗み聞きしていた
ケニー・アッカーマンは困惑します。

「俺が巨人になって、エレンを食っても意味ないのかよ・・・」

【進撃の巨人】ネタバレ最新65話「夢と呪い」あらすじ

ケニーの回想「アッカーマン家の正体」

若き日のケニー

「話せよじいさん。あんたもう死ぬんだろ?」

若き日のケニーアッカーマンと
ベッドに横たわったケニーの祖父との会話の
回想シーンから~始まります

ケニー
「一体どうなってる。
かつてのアッカーマン家は王側近の武家だったそうじゃねぇか。もう俺たち数人程度にまで減らされ、一族根絶やし寸前だ。
一体何をやればここまで王政に恨まれる?」

アッカーマン家はなぜ王政に恨まれるのか?
ケニーが詰め寄ります-

ケニーの祖父
「あの可愛かった孫が・・・今じゃ“切り裂きケニー”か」
「秘密を墓まで持っていくことでお前たちを守るつもりじゃったが、
無意味だったようじゃな・・・」

「この壁の中には一つの血縁から生まれた“単一民族”、
それに加えて“少数派の血族”で成り立っている。」

「前者の“単一民族”が大多数を占めていて、
王の巨人の力によって記憶を塗り替えることができる」

「それに対して、“少数派の血族”は王の影響を受けない
それはアッカーマン家も同様だ

王の理想を叶えるためには、
その“少数派の血族”が失われた歴史を黙秘しなければならないのだ

それらを引き換えに、
“少数派の血族”は高位な身分が与えられたのだろう

そんな中、異を唱えた家柄が二つあった」

アッカーマン家の秘密

「東洋の一族とアッカーマン家だ」

「わしの親の代は子供に失われた歴史を伝えることなどはしなかったがな・・・
粛清の対象から逃がすためだ

頭首は自らの命を条件にアッカーマン家の存続を求め処刑されたが、
今となっては反故にされてしまった・・・」

ケニーとロッド・レイス

レイス家の血筋でなければ
巨人の力が発揮されないことが分かり、
夢が叶わないと知ったケニーは、ロッド・レイスに襲い掛かります。

「俺の気持ちに気づいておきながら利用してくれたもんだな」

「感謝する。お前のような野良犬を引き入れたのは
とち狂った弟の気まぐれにすぎないと」

「やめろ!!・・・父を離せ」

そこへヒストリアが割って入ります。

ケニーは哀れんだ目で、
「あそこまで聞けば分かっただろ?この親父は
お前を化け物に変えて、エレンを食わせようとしてんだとよ」

ケニーはロッドの子供たちが全滅したから
都合よくヒストリアに会いに行ったことや、
領主の娘なのに冷遇されていた事実を話します。

「あるのは自分の保身のみ!!どうだこれがお前の父親だ!!」

するとロッド・レイスは
「違うぞヒストリア・・・まだ話していないことがある・・・
私が巨人になるわけにはいかないんだ・・・理由がある。
他のものを信用してはいけない・・・」

「私はエレンを食って、姉さんを取り返す!
そして、世界の歴史を継承し、この世から巨人を駆逐する!!」

ヒストリアの決意

エレンは眼を見開きます・・・

エレンの絶望

ケニー
「へぇーそうなのかい」
ケニーはロッド・レイスを放ちます

ロッド
「ケニー、今までよくやってくれた。あの時の弟の判断を誇りに思っている。
お前は自由だ・・・他の生きがいを探して長生きしろ」

ケニー
「・・・それじゃあつまんねぇんだよ」

エレンのいる祭壇に向かうケニー

お互いを巨人化させて戦わせようと
絶望の表情のエレンの額にナイフで切込みを入れます

ケニー
「巨人化すればいい。もう邪魔しねぇよ ただし、“よーいどん”でだ!」

慌ててヒストリアに注射をさせようと詰め寄るロッド・レイス

ロッド
「ヒストリア!!安心しろ。この注射なら強力な巨人になれる。
もっとも戦いに向いた巨人を選んだ」

「さぁ急げ!食うと言っても、正確には・・・彼の背骨を噛み砕き、脊髄液を体内に入れればよいのだ」

自分の腕に注射器を刺そうとするヒストリア
それでも微動だにしないエレン

ヒストリア
「エレン、どうして巨人化しないの?」
「わたしが巨人化したら食べられるんだよ…そのままだと」

なぜ変身しないのかと尋ねると・・・

エレンの悲しみ

「いらなかったんだよ・・・俺も・・・親父も・・・
こんなことをしなければ、お前の姉ちゃんが何とかするはずだったんだろ?」

「巨人の力を盗んだせいで一体どれだけ人が死んだ・・・」

1003

「俺は要らなかったんだ」

「ヒストリア・・・俺を食って人類を救ってくれ」

ヒストリア
「エレン・・・あのときは 私のことを普通だって言ってくれて、嬉しかったよ」

ヒストリアは腕に注射を刺してしまいます・・・!

そして、巨人化・・・!?



▼▼次号66話へ続きます!!!!▼▼

【進撃の巨人】ネタバレ最新65話「夢と呪い」<感想と考察>

▶▶現在公開可能な情報と注目ポイント

  • 壁の中の人類は、一つの血縁から生まれた単一民族と
    少数派一族で構成されている
  • 少数派一族の”アッカーマン家””東洋の一族”は記憶を出来ないため、
    王家に恐れられていた
  • ケニーには妹クシェルがおり、身篭っていたこと
  • 巨人の力を継承するには、脊髄液を体内に入れる
  • 巨人化できる注射には種類がある

1003

65話の感想は・・・涙なしには語れません!
エレンの涙が・・・・辛すぎて号泣です…。

本来「駆逐してやる!」と奮い立つエレンですが、父グリシャの罪を知り死んでいった仲間を想う悲しみの心から絶望のどん底に叩き落されたエレン。

そしてヒストリア・・・エレンを食べてしまうのでしょうか?!
絶望的な展開に、エレンの無事を祈るばかりです。

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントはこちら

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ