【進撃の巨人】ネタバレ最新73話「はじまりの街」<あらすじ感想と考察>画バレ

別冊少年マガジン2015年10月号

【進撃の巨人】ネタバレ最新73話
タイトル「はじまりの街」

別冊少年マガジン2015年10月号(9月9日発売)掲載内容です。
単行本派の方はネタバレ回避してくださいね(ง ˘ω˘ )ว

【別マガ10月号は「進撃の巨人」連載6周年!】
10月号には「アルスラーン戦記」のドラマCDが付録として付いています!


【進撃の巨人】ネタバレ最新73話「はじまりの街」<感想と考察>を追記

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ネタバレ最新73話「はじまりの街」<あらすじ>

はじまり
© 諫山創/講談社

ウォール・マリア領は人類に残された領土の3分の1にあたる
5年前に この領土を失った人類は 多大な財産と人命を失った

そしてそれらの損失は始まりでしかない
残された二枚の壁の中で誰もがそう悟った

私達はもう生きてはいけないのだと

巨人に勝てない

人類が明日も生きられるか それを決めるのは人類ではない
すべては巨人に委ねられる

なぜなら人類は 
巨人に勝てないのだから

「駆逐 してやる!!」
「この世から…一匹…残らず!!」

だが ある少年の心に抱いた小さな刃が
巨人を突き殺し その巨大な頭を大地に踏みつけた

それを見た人類は何を思っただろう

ある者は誇りを ある者は希望を ある者は怒りを叫びだした

ではウォール・マリアを奪還したなら
人類は何を叫ぶだろう

ウォール・マリアさえ奪還すれば

人類は まだ生きていいのだと信じることができるだろうか
自らの運命は自らで決定できると信じさせることができるだろうか

ウォール・マリアさえ奪還すれば─

新月の夜

暗闇の中を進む

「わわ…」
「オイ!」
「す…すいません」
「もっと足元を照らせ!」

リヴァイ「麓はまだか?夜が明けちまうぞ」
「この山さえ越えればシガンシナ区はすぐそこだ」

出陣したばかりの調査兵団らは夜のウォール・マリア内
夜の森の中を進んでいます-

エレン「わりぃな…俺の馬まで」
ミカサ「あなたはここで体力を使うべきじゃない」

「あぁわかってる」

▶▶エレンの体力を温存するため、ミカサがエレンの馬もひいています

コニー「そうだぞ 休んどけよエレン」

ジャン「バカ 名前で呼ぶな」

コニー「そうだった!…すまん」
ジャン「周りは常に敵だらけだと思えってー」

s73006

「!!」
「左に巨人!!全体停止!!周囲を照らせ!!」

ジャンが巨人の気配に気づき声を張り上げます!

眠る巨人

ハンジ 「…大丈夫 ぐっすり寝てる
この子も夜に動くっていう新種ではないようだね…」

「ハハッ…残念だな、ほっといてやろう」

ハンジ 「ふー…」

エレン 「…こんな距離まで近付かないと気付かないなんて」

s73011

ハンジ「あぁまったくだ 普段なら真夜中に森を散歩するのはオススメしないけど
私達は きっとこの闇夜に守られてる」

「コニーとヒストリアが夜に動く巨人と遭遇したのは月明かりの夜だった
月の光は太陽光の反射だからね」
新種の巨人は その微量な日光を糧にして動いているって仮説が正しければだけど」

「新月を選んで正解だった あの子も『月光の巨人』だったかもしれないからね」
「いつか捕獲てきたらなー」

sacfa

震えが…!?

…何だ!? 何がそんなに怖いんだ!?

クソッ…急にどうしたんだ こんな調子で…失敗したらどうなる!?
ウォール・マリア奪還に失敗したら…!?

sa01

どれだけの人が失望すると思う!?
また次の機会なんてもんがあると思うか!?
やっぱりオレじゃダメなのか…?

こんな奴が…どうやって人類を救うっていうんだよ?
こんな奴がどうやって?

街に近づくにつれて震えが出てくるエレン
そんなエレンの変化にミカサとアルミンが気付きます

ミカサ「…エレン」

アルミン「どうしたの震えて?怖いの?」

sa34

エレン 「は…はぁ!?怖くねぇし!!」
アルミン「ええ?ウソだぁ 手が震えてるもん」

「これは……寒いんだよ 手が何かすっげぇ寒い」

「そうなの?僕なんかずっと震えが止まんないんだけど…ほら」
と震える手を見せるアルミン

「エレンって巨人が怖いと思ったことある?」

「普通は皆巨人が怖いんだよ
僕なんか…初めて巨人と対峙した時、まったく動けなくなったんだ…」

「…君と仲間が食われていた最中だった…」
「でも…そんな僕を…君は 巨人の口から出してくれたんだ」

「…何で君はあんなことができたの?」
「君が僕の身代わりになるなんて…あってはならなかったんだよ…」

・・・

「思い出したんだ…あの時 お前がオレに本を見せた時のことを…」
「あの時オレは初めて…オレは…」

エレンはアルミンとの幼少の頃を思い返します-

s73014

それまで壁の外のことなんて考えたこともなかったんだ…
毎日雲を見て過ごしていたっけ

そりゃ8歳か9歳のガキが何にも考えてないのは別におかしなことじゃないだろうけど…
そうしているとお前が本を持って走って来たんだ

オレとお前は街の子供達と馴染めないはみ出しもん同士だった
ただそれだけだったんだオレ達は

あの時 お前の話を聞いて

お前の目を見るまでは

”お前の目を見るまでは”

アルミン「目?」
エレン 「あぁ お前は楽しそうに夢を見てるのに オレには…何にも無かった」

そこで初めて知ったんだ

オレは不自由なんだって
オレはずっと鳥籠の中で暮らしていたんだって気付いたんだ

広い世界の小さな籠でわけわかんねぇ奴らから自由を奪われてる
それがわかった時 許せないと思った

「何でか知らねぇけど オレは自由を取り返すためなら
…そう力が湧いてくるんだ」

「…ありがとうな、もう大丈夫だ」
「多分来年の今頃オレ達は海を見ているよ」

アルミン「…うん」

s73021

ミカサ「…! この辺り…見覚えがある」
「確か薪を拾いに来たことが…」

「麓が見えたぞ!!街道跡がある!!」

帰ってきたんだ

エレン「もう…すぐそこだ」
ミカサ「川の音が聞こえる!!」
アルミン「僕達…帰って来たんだ…」

僕達の故郷

「あの日…ここから逃げて以来」

僕達の故郷に-

シガンシナ区へ

s73002

エルヴィン 「日が昇ってきたぞ!!物陰に潜む巨人に警戒せよ!!」
「これより作戦を開始する!! 総員立体機動に移れ!!」

エルヴィンの号令で総員立体機動に移ります-!

s73019

s73020

敵の目的はエレンを奪うことにある
敵がエレンに壁を塞ぐ能力があると知っているかどうかはわからないが

我々がそこに向かっていると知った時点で壁を塞ぎに来たと判断するだろう
そして破壊された外門を塞ぐと踏んでいるはずだ

我々の目的が壁の修復以外にシガンシナ区内のどこかにある
『地下室』の調査だと言うことは 既に敵に伝えてある

ならば先に塞ぐ外門にエレンは必ず現れる ただしー

フードで顔を隠した総員100名の兵士が同時に外門を目指す
誰がエレンかわかった時は既に外門を塞いだ後だ

sa8fbe

エレンはシガンシナの変わり果てた景色に足を止めます-

リヴァイ「止まるな!!外門を目指せ!!」
エレン「ッ!! … 了解!!」

いる、近くに

アルミン「これは…焚き火の跡!? 急いで下に落としたんだ!!

いる…近くに ベルトルトとライナーが…

焚き火の跡にベルトルトとライナーがすぐ近くにいたということを悟るアルミン
片手を挙げエルヴィンに合図を送ります-!

▼▼▼

sa2b

オレの家はあの辺だ あそこに-
すべてを置いてきた

すべてを置いてきた風景

大丈夫だ取り返してやる

オレにはできる

▼▼▼
sa61a

ハンジ「何で…!?周りにまったく巨人がいない!?
イヤそれどころかここに来て一匹も見当たらない… やっぱりおかしい」

調査兵団はシガンシナの外門側へ到達しましたが
周囲には一切巨人が見当たりません

リヴァイ「ここは敵の懐の中ってわけだ …だが」
ハンジ「やるしかない」

「作戦続行に支障無し」

ハンジが信煙弾を打ち上げると
合図とともにエレンが飛び立ちます-!

オレにはできる
オレ達ならできる

オレにはできる …イヤ
オレ達ならできる

なぜならオレ達は生まれた時から
皆 特別で

自由だからだ

飛び立つエレン

一方で どこかに潜み伺うベルトルトとライナーたち!

”必勝を誓う調査兵団に周到な罠が待ち受ける”



▼▼次号74話へ続きます!!!!▼▼

【進撃の巨人】ネタバレ最新73話「はじまりの街」<感想と考察>

▶▶現在公開可能な情報と注目ポイント

  • 月光の巨人
  • シガンシナ区への到達 作戦開始!
  • 潜伏するライナー、ベルトルト

前回の作戦前夜から遂にシガンシナ区へ辿り着いたエレンたち。

今回はこれまでを振り返るモノローグ的な序盤と、「はじまりの街」とのタイトル通り、これからはじまるであろう死闘を予想させる、シガンシナ区での戦闘開始までの内容が描かれています。

物語が大きく動いた訳ではありませんが、ライナー、ベルトルトらが不気味に待ち構えるシーンでの締めは次号での波乱の展開が予想されますね…!

個人的には、トロスト区からシガンシナ区までの夜の巨人領域を進むシーンでの、眠る巨人との遭遇などとてもワクワクしましたw

またエレンの感情の変化も気になりますね…!

月光の巨人

眠る巨人
恐怖!眠る巨人w

第38話「ウトガルド城」でコニーとヒストリアが遭遇した夜でも動ける「新種」の巨人について。

ハンジの仮説では月の光は太陽光の反射であることから、微量な日光を糧にして動いているのではないかと、夜に動ける巨人のことを「月光の巨人」と呼んでます。

今回新月を選んでの出陣は「月光の巨人」を警戒しての判断ですが、功を成したということでしょうか。

さすがはハンジさんですね!

▼▼▼
馬ジャン

余談ですが、このシーン「バカ 名前で呼ぶな」 のジャンのセリフが馬が喋っているように錯覚して思わず吹きましたw

シガンシナ区への到達

sa8fbe

これまで実現しなかった、物語の大きな目標のひとつである”シガンシナ区への帰還”がようやく実現しましたね…!

エレンやアルミン、ミカサらにとっては懐かしき故郷ではありますが、朽ち果てたその街の風景にエレンは思わず足をとめます。

そしていよいよ作戦開始!

調査兵団100人全員がフードを被ってエレンを隠して敵を霍乱させ、エレンの硬質化能力を使って壁を塞ぎ壁内の巨人を掃討し、イェーガー家の地下室を目指す という作戦のようですが、シガンシナ区周辺に巨人の姿がまったく見えないのが不気味ですね…!

「獣の巨人」やライナー・ベルトルトらによる、何らかの罠がすでに張られていると思われます。

潜伏するライナー、ベルトルト

潜伏するライナーベルトルト

次号の展開が怖くてたまらなくなるこのライナーらの潜伏…ベルトルさんの表情が怖すぎますw

”必勝を誓う調査兵団に周到な罠が待ち受ける”とのアオリもまた不安を掻き立てますね…!

▼▼▼▼▼

数々のフラグが立つ中…「誰も死なないでほしい」と願うばかりです…。

次号74話では波乱の展開が避けられないようですね…!

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

4コメント【進撃の巨人】ネタバレ最新73話「はじまりの街」<あらすじ感想と考察>画バレ

  1. (^^) より:

    前回のケニーがくすねたビンは「フツウノキョジン」
    と書いてあったのではないでしょうか?
    あくまで僕の考えです。

    0

    • ETSU より:

      ★(^^)さん

      本当ですね!拡大してみると『フツウノキョジン』に見えます。
      じつは他の方からもコメント頂いていましたが、見落としてしまっていました(汗)

      ご教示頂きありがとうございます(*・ω・*)ゞ

      0

  2. まみ より:

    シガンシナに無知性巨人がいないのは不気味でしたね。
    でも無知性いたら、巨人化したライナーに襲ってくるから遠ざけたのでしょうね。
    それをしたのは猿巨人でしょうか??

    猿巨人と言えば、いつも満月とセットで描かれていて、
    でも73話では新月。
    何か影響あるのか…気になります。

    0

    • ETSU より:

      ★まみさん

      コメント頂きありがとうございます♪

      無知性巨人を遠ざけているのは、おそらく猿巨人の力によるものと思っていますが…本当に、次号の展開が恐ろしくなりますね(´・ω・`;)

      猿巨人の登場に月が強調されている点は
      ウトガルド城での登場時にも話題になっていましたが、
      月の満ち欠けに何らかの影響があるのか…私も気になっていました。

      掘り下げられそうでしたら、いずれ考察してみたいと思います。
      また遊びにいらしてくださいね♪(*・ω・*)ゞ

      0

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ