【進撃の巨人】ネタバレ最新75話「二つの戦局」<あらすじ感想と考察>画バレ

  • LINEで送る

別冊少年マガジン12月号の表紙
© 諫山創/講談社

【進撃の巨人】ネタバレ最新75話
タイトル「二つの戦局」

別冊少年マガジン2015年12月号(11月9日発売)掲載内容です。
単行本派の方はネタバレ回避してくださいね(ง ˘ω˘ )ว

【今月号はふろく付き!】
12月号の付録には、
「進撃!巨人中学校」アニメのクリアファイルが付いてきます*\(^o^)/*
イラストは『11月3日アルミンの誕生会』とレアバージョンです!


【進撃の巨人】ネタバレ最新75話「二つの戦局」<感想と考察>を追加
スポンサーリンク

【進撃の巨人】ネタバレ最新75話「二つの戦局」<あらすじ>

75話1ページ

後ろは壁、前には巨人
調査兵団に退路無し!

オォオォオォオオオ

人間対巨人

リヴァイ「エルヴィン 鎧が登ってくる」

▶鎧の巨人(ライナー)が調査兵団のいる壁の上へと上りはじめます

エルヴィン「総員「鎧の巨人」との衝突を回避しろ!!奴に近寄るな!!」

「了解!!」


エレン「ハンジさん! 攻撃命令はまだですか!?団長は何を!?」

ハンジ「敵の動きを見ているんだ 
どうもライナー君達は手の込んだ催しで歓迎してくれるようじゃないか」

エルヴィンの眼が光る

エルヴィンは待ち構える獣の巨人を見据え
獣の巨人の隣にいる巨人に目を向けます

四足歩行型巨人

▶四足歩行型の巨人は背中に鞍をつけて樽や木箱などの荷物を抱えています

”…! あの「四足歩行型」荷物を運ぶ鞍がある
先ほど一斉に巨人化したものではないな…

だとすれば あれが敵の斥候か?
我々の接近にいち早く気付き ライナーらに伝えた…とするなら”



エルヴィン「あの「四足歩行型の巨人」も知性を持った巨人だ」
「イヤ…もっといても おかしくない」

アルミン ”荷物!?一体何が…”

エルヴィン「予想よりも 敵の規模は大きそうだ」

ライナー溜め息
ガシッガシッ

▶壁を登る鎧の巨人(ライナー)もさすがに疲れが出るのか溜め息が漏れています

ゴゴゴゴゴゴゴゴゴ

猿おこ

「ウォオオオオオ」

ドォッ

そんなライナーを叱咤するかのように
獣の巨人が右手を振り上げ、勢い良く地面に叩きつけます-!

巨人が動き出す

そして呼応したかのように2~3m級の巨人らが走り出す!

ハンジ「動いた!!2~3m級ら多数接近!!」


その様子を眺めながらエルヴィンは考えます

奴が狙うのは馬

”ウトガルド城の襲撃と同じく 奴がまず狙うのは馬

敵の主目的はエレンの奪取であるが そのためにまず我々から撤退の選択肢を奪う

依然 巨人の領域であるここウォール・マリア領から
我々が馬無しで帰還する術は無い”

馬を狙う作戦

”馬さえ殺してしまえば退路を閉鎖するだけで 我々の補給線は断たれる
一週間でも一ヶ月でも動ける者がいなくなるまで ただ待てばいい

敵は交戦のリスクを冒すことなく
虫の息となったエレンを奪い去ることができるからだ…

まさに今 敵の大型巨人が隊列を組んで動かないあたり
それ自体が檻の役割を担うものだと確信できる”



アルミン「だ 団長 鎧がすぐそこまで…それにベルトルトがまだどこにいるか…」

エルヴィン「あぁわかっている」

”何より今 危惧すべき課題は
「鎧の巨人」と「超大型巨人」に為す術なく馬を殺されることか… ならば…”

リヴァイの皮肉

リヴァイ「やっと何か喋る気になったか… 先に朝食を済ませるべきだった」

エルヴィン
「ディルク班並びにマレーネ班は 内門のクラース班と共に馬を死守せよ!!」
「リヴァイ班並びにハンジ班は!!「鎧の巨人」を仕留めよ!!」
「各班の指揮の下「雷槍」を使用し 何としてでも目的を果たせ!!」

「今この時!!この一戦に!! 人類存続のすべてが懸かっている」

心臓を捧げよ!

「今一度人類に… 心臓を捧げよ!!」

「ハッ!!」

マルロ頑張れ

「聞いたか!?馬を狙ってくる巨人を返り討ちにしてやれ!!」

マルロら「ハッ!!」



エルヴィン「リヴァイ アルミン待て!」
「リヴァイ班と言ったが お前だけはこっちだリヴァイ」

リヴァイ「……俺にエレンではなく馬を守れと?」

「そうだ そして隙を見て 奴を討ち取れ」

獣の巨人VSリヴァイ

「「獣の巨人」は お前にしか託せない」

リヴァイ「……了解した
さっき鎧のガキ一匹殺せなかった失態は そいつの首で埋め合わせるとしよう」

▶リヴァイはその場から飛び去っていきます

エルヴィン「アルミン「鎧の巨人」用に作戦がある」

アルミン「はい!」

アルミン斥候

「人類の命運を分ける戦局の一つ…
その現場指揮はハンジと君に背負ってもらうぞ」

俺達の戦士長

壁上のライナー

ようやく壁上に登った鎧の巨人ですが、周囲に兵士たちはすでに散開した後-
その場にいるのはエルヴィン一人

▶ライナーは馬が集まっている場所を探し確認します-

”いた… あの1か所に固まっている

あの馬を殺して ここから離れる
それだけでいい…

俺達の戦士長

リヴァイ兵長がどれだけ強かろうと
俺達の戦士長には 到底敵わない

▶巨人の体の中でライナーは首に刺さっているブレードを見つめます

“危なかった…”

脳機能の移行

”あの時…脳機能を全身に移すのが一瞬でも遅れていれば あのまま即死だった
…しかし何だって「壁の中」なんて調べようと思ったんだ

アルミン お前か?

イヤ… もういい
長かった俺達の旅も ようやくこれで終わる…

エルヴィン・スミス… 
イヤ迷うな 先に殺すのは馬だ”


カッ

「な…!?」 

エレン巨人化

エレン!?

▶シガンシナの町から光が発せられ、エレンが巨人化します-!

ライナー
”なぜ…自分から姿を現した!?

俺達の目的がお前の存在であることは重々承知のはず…
一体…何のつもりだ!?

…まさか!?”

逃げる算段

”南から壁を越えて逃げる気か!?
ヤツ一人なら馬がなくても巨人の力でトロスト区まで逃げられる

そうなっては… 俺達がここに留まって戦う理由もなくなる
ここで調査兵団を壊滅させることはできても
2か月で硬質化を身につけてきたヤツを… 再び壁内に戻すのはまずい…”

座標の練度

”ヤツが…完全な座標の力を身につけた後では手遅れだ-”

▶ライナーは思考を巡らせます

”イヤ待て…おかしい

本当に逃げるつもりなら 立体機動で東か西の壁を伝った後に巨人化するべきだ
なぜわざわざ壁に囲まれたシガンシナ区の中で巨人化する?

…そうか

ヤツらの狙いは
俺の目標を…馬からエレンに移すことか…”

エルヴィン団長

「…考える時間もくれねぇってわけですか
…ったく団長 せっかく登ったってのによぉ……」

壁を降りるライナー

ライナーは壁を降りていきます

エレン ”よし!食いついた!!”



”エレンを囮に使うって!?”

アルミン「はい!エルヴィン団長の指示です!」

ハンジ「まさか…馬を守るためにエレンを囮にするハメになるとは」

ミカサ「そんな…それでも鎧が馬を先に殺すことを選んだら?」

ハンジ「…イヤ 鎧はエレンを追うはずだ」

背後から狙う

「鎧が馬を選んだ場合 エレンはそのまま回り込んでトロスト区方向へ行き
「獣の巨人」の背後を追う」

「リヴァイらの兵力とエレンで「獣の巨人」を挟み打ちにして叩く
ここまでがエルヴィンの指示だろ?」

アルミン「は はい!!」

「そう上手くいかなくても エレンに逃げる動きをされたら
敵は混乱して包囲網を崩すしか無い 鎧がそこまで読めるかどうかだけど…」

エレン「おそらく奴なら… そこに考え至るでしょう」

ハンジ「よし!鎧をトロスト区内で迎え撃つぞ!!」

アルミン「あ!待ってください!!」

「もう一つ危惧すべきことが-」

「「超大型巨人」がまだどこかに潜んでいます」

「前回エレンは鎧をあと一歩のところまで追い詰めましたが…
超大型の強力な奇襲を受け 連れ去られるに至ったのです」

s025

「単純な対策ですが 壁から離れた位置で戦いましょう」

ヨロイブランVSヨロイエレン

s002

”まぐれかもしれねぇけど… お前には一度勝ってんだ
ほとんど…勝ってた 一対一ならオレは勝てる”

”単純な格闘能力なら 女型の方がずっと手強かった”

戦闘開始!

ヨロイブランVSヨロイエレン!

ファイティング

s016

お前には分かるか

”お前には-

ここがどこだかわかるか?”

あの日

ここは… オレの…オレ達の…

故郷

アアアアアアアア

故郷があった場所だ

取り返してやる

お前らを ぶっ殺して

76話へ続く

お前らに 奪われたすべてを

新兵器と共に。



▼▼次号76話へ続きます!!!!▼▼

【進撃の巨人】ネタバレ最新75話「二つの戦局」<感想と考察>

▶▶現在公開可能な情報と注目ポイント

  • 新たな知性巨人「四足歩行型」
  • 戦士長と兵士長
  • 脳を移行する能力
  • 座標の力の練度
  • 新兵器「雷槍」の登場

「ウォール・マリア最終奪還作戦」
”どちらかが滅ぶまで殺し合う、人類と巨人の生き残りを賭けた闘い”

シガンシナ区外門をエレンの硬質化によって塞ぎ、アルミンの策により潜伏していたライナーを発見した調査兵団。

獣の巨人率いる陣営も姿を現し、沈黙から一転して互いの保有する戦闘力が少しずつ見えてきましたね…!

これまでの「進撃の巨人」の戦闘シーンとは異なる、指揮官同士の知略を交えた闘いはどのように展開していくのか楽しみです!

新たな知性巨人「四足歩行型」

四足歩行型巨人

新たに登場した「四足歩行型」は、四つ這いで背中に樽や木箱などの荷物を積んでいることから、先ほど一斉に巨人化した訳ではなく、最初から巨人化しておりライナーたちに調査兵団の接近を伝えた斥候ではないかとエルヴィン団長が判断しています。

これまでに登場した知性巨人としては、見た目が少々…w
というより通常種に見えてしまうのですがww

潜伏中のベルトルさん

この「四足歩行巨人」の積荷の右手前の樽には丸い穴が開いており、第73話でのベルトルトの様子から、この樽の中にベルトルトが潜伏しているのではないかと考えられます。

基本的にベルトルト(超大型巨人)には機動力がないため、この「四足歩行型」とタッグを組むことで一つの戦力になると思われます。

「四足歩行型」はモブ的な見た目とは裏腹に、戦闘展開を支援する役割がありそうですね。

戦士長と兵士長

俺達の戦士長

「俺達の戦士長」

“リヴァイ兵長がどれだけ強かろうと
俺達の戦士長には 到底敵わない”

このライナーの台詞から、”俺達の戦士長”とは獣の巨人のことを指していると思われます。

『進撃の巨人』では”言葉”は重要な位置を示していますが、「戦士」と「兵士」については、壁の破壊と壁内の人間の絶滅を目的とする「戦士」と、巨人を駆逐し人類を守り抜くことを目的とする「兵士」と考えられていますので、壁外にも調査兵団のような組織体系が存在するのかも知れませんね。

それにしても戦士長VS兵士長(猿VSリヴァイ兵長)の対決はどのように展開していくのか楽しみです!*\(^o^)/*

脳を移行する能力

s027

「脳機能を全身に移すのが遅れていたら即死だった」

74話での”リヴァイの攻撃でライナーが死ななかった理由”が説明されていますね。

頚椎を硬質化させて防いだという説もありましたが、まさか「脳機能」を全身に移して防いでいたとは…!

もう不死身じゃないですか…と思わず呟いてしまいましたがw

「脳機能」の移行についての理屈はよく分かりませんが、巨人化の練度によって身につけられる能力なのか、また、弱点である「うなじ」部分も移行出来るのか…その応用性も気になりますね。

「座標」の力の練度

座標の練度

”ヤツが…完全な座標の力を身につけた後では手遅れだ-”

これは逆に言うと、もしエレンが「座標」の力を完全に使いこなすことが出来ていれば、獣の巨人らの戦力では奪取することは不可能だった
というニュアンスでしょうか。

『進撃の巨人16巻』にて、ロッド・レイスはフリーダがグリシャに力を奪われてしまったことを「それを使いこなすには…まだ経験が足りなかったようだ」と述べていますので、「座標」を完全に使いこなすには、経験(錬度)が必要であり、その真価を発揮することが出来れば、獣の巨人が持つ能力よりも遥かに高い力であると思われます。


獣の巨人が「座標」を必要とするのは何故か。こちらの記事も参考までにどうぞ
© 諫山創・講談社 このネタバレ考察には 別冊少年マガジン2月号(2016年1月9日発売) 【進撃の巨人】第77話「彼らが見た世界」までの内容が含まれます。 単...
新兵器「雷槍」の登場!

雷槍

新兵器「雷槍」の登場!

かねてから話題となっていた新兵器がお目見えしましたね!*\(^o^)/*

新兵器「雷槍」はなんともカッコイイネーミングでw
立体機動装置のブレードの代わりに装着されその先端は尖った形状になっています。

マルロ曰く「あの槍の威力があれば巨人なんて紙くず同然だ!」と絶賛するほど攻撃力の高いの兵器のようですので、期待が持てますね…!


新兵器についてはこちら
© 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会 この『新兵器の考察<兵器・装備まとめ>』には 別冊少年マガジン1月号(2016年12月9日発売)の 【進撃の巨人】第76...

▼▼▼▼▼

「ウォール・マリア最終奪還作戦」

闘いはまだはじまったばかりですが、これまでの「進撃の巨人」の戦闘シーンとは異なる指揮官同士の知略を交えた死闘が想像されます…!

因みに今回の作戦の状況判断などは、図を用いた説明があり分かりやすかったですねw

そしてヨロイブラウン VS ヨロイエレンの格闘シーンはかなり迫力で爽快!見応えがありました!

ヨロイブラウン VS ヨロイエレン
獣の巨人戦士長 VS リヴァイ兵士長

「二つの戦局」からどんな死闘が繰り広げられるのか…次号76話の展開も楽しみです!

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

10コメント▶【進撃の巨人】ネタバレ最新75話「二つの戦局」<あらすじ感想と考察>画バレ

  1. shoya より:

    きたああああああああああああああああ!
    もうベルトルトでてこないで…

    • ETSU より:

      ★shoyaさん

      いつもコメント頂きありがとうございます♪

      今回のライナーVSエレンの格闘シーン、迫力モノですね!*\(^o^)/*
      ベルトルトさんの(おそらく)潜伏しているであろう樽は川に流してしまいましょうww(*・ω・*)ゞ

  2. まみ より:

    今月も楽しめましたね。

    ライナーがエレンの硬化能力を「二ヶ月で身につけてきた」と発言しているので
    もしかして「ヨロイブラウン」を摂取しなくても、巨人の錬度があがれば自然とできるようになるの?と思ってしまいました。

    が、たぶん、違いますよね。

    リヴァイが戦士長に到底かなわないのは単純な戦力差なのか、実は戦士長に特殊能力とかがあるからなのか…

    リヴァイ戦力ならかなうだろうと思いますが
    69話で覚醒したアッカーマンであるケニーが、
    ウーリの巨人の力の前に屈服したのを思い出すと
    アッカーマンは知性巨人には
    戦闘力ではかなわないこともあり得るの?ともヒヤヒヤ。

    目が放せないです!

    • ETSU より:

      ★まみさん

      いつもコメント頂きありがとうございます♪

      わたしもライナーのその台詞気になっていまして、獣の巨人やアニのように一部の硬化は錬度により可能、全身を硬質化するには「ヨロイブラウン」などの摂取が必要なのかと妄想していました。

      そして戦士長VS兵士長でですが、まみさん仰る通り69話ではケニーが奇襲をかけたにもかかわらず屈服していましたし、
      猿には”ベースとなる戦闘力+知的巨人能力+特殊能力”も兼ね備えていると考えられますので、現時点では圧倒的に猿優勢に思えますよね(・ω・;;)

      本当にヒヤヒヤですが、ここはリヴァイ兵長の”高い戦闘力+雷槍+@”で猿陣営を壊滅に追い込んで欲しいところです…!

  3. のん より:

    のんと申します!はじめまして!
    リヴァイ兵長死亡フラグだとか前から色々上がっているだけに、心配です。
    毎号ヒヤヒヤしながら読んでますが、猿に一人で挑むのってなんか怖いなぁ〜(´Д` )

    • ETSU より:

      ★のんさん

      はじめまして♪ コメント頂きありがとうございます♪

      そうなんです、わたしももう毎号ヒヤヒヤしながら読んでいます(´;ω;`)ウッ
      リヴァイ兵長に増援を送り込みたい位ですw

      来月号からは更にヒヤヒヤしそうですが…何かしらの対策はあるはずですので、次号を全力待機しましょう♪(*・ω・*)ゞ

  4. エリヴィン より:

    いつも楽しく拝見しております!
    いよいよですね!

    獣の巨人は戦士長なのに、立体起動装置を知らないとか疑問ですね。
    私は未だにグリシャが生きているかも?と頭の隅に置いているので、「記憶を失ったグリシャかも!」という思考もあるのです(笑)

    約1年前に伏線回収として話題になっていたことで恐縮ですが・・・

    グリシャがルイス一家に対峙した画と、エレンがグリシャを食べた後に靴とメガネを持って泣いている画で、ベルトの色が違うんじゃないかとずっと消化しきれなくて。

    そもそもルイス一家を根絶やしにしたいのなら、ロッドを逃がすわけがないと思ったので。

    そうするとエレンはいかにして知性巨人になり座標を得たかいう謎が残るので、飲み込んでいましたけど(笑)

    新兵器・新展開に期待です!
    余談でした。これからも応援しています!

    • ETSU より:

      ★エリヴィンさん

      コメント頂きありがとうございます♪
      いつもご覧になって頂けてるようで、嬉しく思います(*´艸`)
      励みになります、ありがとうございます…!

      獣の巨人がグリシャと同一人物という思考は興味深い思考ですね…!
      グリシャも獣の巨人と同じように壁の中の装備・文化を知らずに来訪していますし、風貌が似ていることから血族ではという説はありますが、62話でのエレンの記憶の描写からも…やはりエレンがグリシャを捕食し力を継承したと思われます。

      生れ変わりだったら面白いかも知れませんね♪(笑)

      グリシャのベルトの画について…本当ですね!今確認しましたΣ(º□º* )<白と黒!w 
      もしかして、レイス家襲撃とエレンがグリシャを捕食したのは別の日(?)かと思いましたが、ウォール・マリアが破壊された日の夜に襲撃事件があったとの事ですので、おそらく作画漏れかと思われますが…エリヴィンさん鋭いですね!∠(゚Д゚)/

      「進撃の巨人」はあれこれ思考・考察したり妄想するのは楽しいですね♪

      よろしければ、またエリヴィンさんの思考もお聞かせください(*´▽`*)
      ありがとうございます!

  5. ぱんだ子 より:

    初めまして
    ブログ拝見させていただきました

    リヴァイ兵長vs.猿兵長
    楽しみですね~(*´∀`*;

    個人的には
    リヴァイが一度負け、
    巨人化の注射をして
    逆転
    と、同時に猿兵長の能力をも
    ゲット
    とかだったらよいなぁと…
    次回の更新も楽しみにしています♪

    • ETSU より:

      ★ぱんだ子さん

      はじめまして、コメント頂きありがとうございます♪

      リヴァイ兵長vs猿兵長、今後の展開が本当に楽しみですね!

      「リヴァイ負け→巨人化→猿パックンで無敵能力GET♪」←いいですね~w
      わたしもさらに最強★無敵になったリヴァイ兵長を見てみたいです♪(*´艸`)

      嬉しいお言葉も頂き、ありがとうございます(´ー`*)
      ブログの方は出来る限り毎日更新していますので、
      よろしければまた遊びにいらして下さいね♪

コメントはこちら

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

PAGE TOP