【進撃の巨人】ネタバレ最新73話<あらすじ展開予想>

sad
© 諫山創/講談社

このネタバレ展開予想には
別冊少年マガジン9月号(2015年8月8日発売)
「進撃の巨人」72話「奪還作戦の夜」までの内容が含まれます。

単行本派の方は、ネタバレ回避してくださいね(ง ˘ω˘ )ว

スポンサーリンク

【進撃の巨人】ネタバレ最新73話<あらすじ展開予想>

sa72003

【進撃の巨人72話】では、
ウォールマリア奪還作戦の準備は着々と進み、
その全てが整った決戦の前夜-
それぞれの想いが描かれた嵐の前の静けさといった内容でしたね。

物語の大きな転機である「ウォールマリア最終奪還作戦」の戦いは
長期に渡り描かれるのではないかと予想されますが

出陣したばかりの調査兵団らは夜のウォール・マリア内を
開拓通りに進んでいくことが出来るのでしょうか。

次号である73話の展開を予想してみたいと思います(ง ˘ω˘ )ว

「ウォール・マリア最終奪還作戦」

sa2

新たな調査兵団幹部らの登場や
エルヴィンの地下室に求める”真実”への執念

前夜祭でのジャンとエレンの喧嘩、
エレン・ミカサ・アルミンらの会話中にハンネスさんが通りかかるシーンや
リヴァイとリヴァイ班の画の構図など、

【進撃の巨人第1巻】での第3話「解散式の夜」を思い起こさせる
意図的な作りとなっていることから、

「ウォール・マリア最終奪還作戦」では過去のトロスト区防衛戦の時同様、
多くの犠牲者が出る死闘が予想されます。

sa99

「脅威の排除だ 壁の外にはどうしても
我々を巨人に食わせたいと思ってる奴がいるらしいからな」

「確かに困難な作戦になると予想されるが 人類にとってもっとも重要な作戦になる
そのために手は尽くしている すべて私の発案だ」

現時点では、獣の巨人、ライナー・ベルトルトらがシガンシナ区にて
待ち構えていることは知られていないようですが、

秘密裏に進められている作戦など
エルヴィンが壁外勢力の脅威も想定していることから、
不測の事態にも対応できるよう手は尽くされているようです。

新たな新兵器「槍」
槍
saef

兵士の肩越しに見える”筒のような物”
そして各兵士の腕に装着している”紐のような物”

新兵器の「槍」と呼ばれている、新たに開発された兵器ですが
新たに装備されたものとして上記2点が気になります。

マルロが絶賛していたこの「槍」はどのように使われるのか
この新兵器の威力や使用方法も気になるところです。

リヴァイに託された「巨人化の薬」

sa034

「…これを使用する際はどんな状況下かわからない。つまり現場の判断も含めて君に託すことになりそうだ」
「状況によっては誰に使用するべきか、君が決めることになる」
「任せてもいいか?」

そしてリヴァイに託された「巨人化の薬」はいつどんな状況で
誰に使用することになるのか?

今回のエルヴィンとのやりとりから、もしかしたら
エルヴィンが窮地に立った際の延命として使われるのかも知れませんね。

シガンシナ区までのルート

sa5

調査兵団のシガンシナ区までのルートは既に開拓済みで、
通常巨人が動けない日没後、夜のウォール・ローゼ内を進んでいくこととなります。

距離的にはウォール・ローゼからウォール・マリアまでは
約100キロとされていますので、

トロスト区からシガンシナ区までの補給拠点を再利用しながら
夜の巨人領域を馬で進み、巨人の動き出す
明け方までには到着するのでは?と予想しますが

もしかしたら73話では移動シーンはカットされ
すでにウォール・マリアの壁上まで到着しているかも知れませんね。

最初の脅威となるのは?

sa72022

調査兵団の「ウォール・マリア奪還作戦」の目的は
人類の領域であるウォール・マリアの奪還、
そしてグリシャ・イェーガーが残した地下室の謎の究明ですが

待ち構える、獣の巨人・ライナー・ベルトルトらは
あくまでもエレンの持つ「座標」の奪取が目的です。

これらを踏まえた上での次号73話の予想ですが

▶▶仮説1

夜のウォール・ローゼ内を馬で進み、
夜明けとともにシガンシナ区に到着しライナー・ベルトルトらと対峙

シガンシナ区までの移動部分はカットされているかも?

▶▶仮説2

巨人が動けないとされる夜の巨人領域に
突如巨人が発生し、調査兵団は窮地に追い込まれる
エルヴィン・リヴァイとリヴァイ班らが離脱し、シガンシナ区を目指す

仮説2に関しては

「獣の巨人」らはエレンのもつ「座標」奪取するために
調査兵団の精鋭らとは引き離した方が無駄な戦闘を省けることから

”威力偵察”とラガゴ村の住人を巨人化させ日夜操ったように、
壁内の人間らを巨人化させ有利な状況を作るという物量作戦です。

ただ<仮説2>の場合、壁内からウォール・マリア内へ巨人を
解放する必要がありますので、あくまでも妄想の範囲ですが…。

▶シガンシナ区にいると思われていた獣の巨人が、実は壁内に潜伏していたら…?

トロスト区で調査兵団を見送ったフレーゲルらが
獣の巨人によって巨人化されてしまったら…
などと考えてしまうと…それこそ世界は残酷ですね。

▼▼▼▼▼

s39

「獣の巨人」のうなじの人物は

「ここで待ってりゃあっちから来るんだし」

とライナーらを待機させていることから、
ここはあっけなくシガンシナ区に到着し対峙する<仮説1>が予想されますが…。

調査兵団らの最初の脅威は
ライナー・ベルトルトとの対峙となるのでしょうか!?

次号の別冊少年マガジン10月号は9月9日発売です。
今から展開が気になりますね!

スポンサーリンク

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ