【進撃の巨人★登場人物】イアン・ディートリッヒ<プロフィールまとめ>

進撃の巨人イアンディートリッヒ

3月10日は「進撃の巨人」キャラクター、イアン・ディートリッヒの誕生日です。

イアン班長のプロフィール一覧と、ツイッターでの生誕祭の画像をまとめてみました!

スポンサーリンク

【進撃の巨人★登場人物】イアン・ディートリッヒ<プロフィール>

イアンのプロフィール
イアン・ディートリッヒ

誕生日:3月10日
星座:魚座
年齢:不明

身長:188cm
体重:82kg

所属:駐屯兵団 精鋭部隊班長
出身地:不明

声優 CV:村上裕哉


初登場
原作:第1巻4話「初陣」
アニメ1期:第5話「#05 初陣 -トロスト区攻防戦-1-」

イアンの歴史

イアンは長身で鷲鼻が特徴の、駐屯兵団・班長を務める兵士です。

初登場となる4話「初陣」ではミカサの実力を高く評価し、住民を避難させる後衛部へと配属させています。

精鋭班

ピクシス司令からの信頼も厚く、優れた戦闘能力に加えて冷静な判断力を備えており、トロスト区奪還作戦では精鋭部隊の指揮権を任されています。

リコとミタビを説き伏せるイアン

「では!どうやって!!人類は巨人に勝つというのだ!!」

トロスト区奪還戦では、エレン巨人が暴走し沈黙し精鋭班が撤退すると壊滅しそうになった時も、人類の未来のための行動を重視し、エレンを回収するまで巨人から死守するようリコやミタビを説き伏せます。

死守せよ

「死守せよ!」

そしてエレンが復活し大岩を運び出した姿を見て、今自分達がやるべきことを決断したイアン。
ミタビ班が捨て身の囮作戦を実行している様を見て、自身らも囮となりエレンを援護します。

仲間を助けるイアン
捕食される

混沌と戦う中、イアンは巨人に喰われる寸前の仲間を助け、身代わりになる形で巨人に捕食され戦死しています。
(アニメオリジナル脚本)

大岩を運ぶエレン
人類がはじめて勝った日

精鋭班らの命を懸けた援護により、エレンは大岩を運び門を封鎖することに成功。

この時、人類が初めて巨人に勝った瞬間となります-



人類の未来のため命を投げうってでも抗い続けたイアン班長。

この人類の命運を懸けた「トロスト区奪還作戦」は、イアンがいなければ班は分裂し作戦は失敗に終わったかも知れません。

「イアン・ディートリッヒ」フルネームはアニメ版で判明

イアンの名前

イアンの名前については、原作では「イアン」と名前のみでしたが、アニメ1期にて「イアン・ディートリッヒ」と判明しています。

イアンの最期のセリフ

イアンの最期
イアン「走れ!生きろ!生きて-」

また、アニメ版ではイアンが仲間を助け巨人に捕食される直前に、ミカサとアルミンに向かって何かを叫んでいるかのような描写があります。

イアンの最期の言葉は、「生きろ」「走れ」「進め」など様々な台詞が考察されていましたが、その後発売された『進撃の巨人』アニメ1期シナリオ集には、映像では無くなったイアンの台詞が「(兵士に)走れ!生きろ!生きて-」と書かれていたことから、本来なら助けた兵士に向けてこの台詞を叫んでいたのかもしれません。

ツイッターでの「#イアン・ディートリッヒ」の模様

公式サイト「みん撃」からもお祝いのツイートがあがっています*\(^o^)/*

▼▼▼

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ