【進撃の巨人ネタバレ考察】「壁の外の世界」の新たな真実<まとめ>

壁の外の世界
© 諫山創/講談社

『進撃の巨人』86話「あの日」では、グリシャの本の内容から「壁の外の世界」が一気に解明しましたね。

古代大国マーレ、エルディア帝国など、これまでの『進撃の巨人』とは別世界のようで、情報の多さに把握しきれない方も多いのではないでしょうか。

こちらの記事では、『進撃の巨人』86話『進撃の巨人』92話にて明らかとなった衝撃の展開や登場人物・用語をまとめてみました。

【随時更新・記事編集中】

スポンサーリンク

【進撃の巨人ネタバレ考察】「壁の外の世界」の真実<まとめ>

【進撃の巨人】「壁の外の世界」の真実<まとめ>


「グリシャの本」から明らかとなった出来事
 ・「壁の外の世界」の文明社会
 ・「壁の外の世界」の歴史文献
「壁の外の世界」登場人物
「壁の外の世界」用語

【進撃の巨人】グリシャの遺した3冊の本から明らかとなった真実

「壁の外」の文明社会

壁の外の文明

 icon-check-square-o 「壁の外の世界」で登場した文明

  • 写真
  • 飛空艇
  • 煙草
  • 軍事船、軍事飛行機

「壁の外の世界」では、古代大国マーレ、エルディア帝国(ユミルの民)の二大勢力が明らかとなっています。
飛行船や写真、車や軍艦など目覚しい進歩を遂げているようで、文化や様式などから、19世紀後半~20世紀前半といった印象です。

「壁の外の世界」の歴史文献
■壁の外の歴史(時系列)
ユミル・フリッツ

  • 1820年前、ユミル・フリッツは「大地の悪魔」と契約し「巨人の力」を手に入れた
  • ユミル・フリッツは死後「九つの巨人」に魂を分けエルディア帝国を築いた
  • エルディア帝国(ユミルの民)は古代の大国マーレを滅ぼし大陸の支配者となる
  • 巨人の力を持つユミルの民は他民族を弾圧・民族浄化が約1700年続く(マーレの歴史文献)
  • 街を豊かにして大陸を発展させた(フクロウの送った歴史文献)
  • 80年前 マーレは内戦を仕掛け、エルディアから「7つの巨人」を奪い『巨人大戦』に勝利した
  • 敗戦したエルディア帝国フリッツ王はパラディ島に三重の壁を築き逃亡した

※年号はグリシャの年少期から起算しています

「壁の外の世界」の歴史文献は、マーレ側とフクロウが「エルディア復権派」に送った文献では異なる部分がありましたが、4月7日に発売された『進撃の巨人』22巻にて、公式文献が掲載されていましたので、参照ください。

ウォール・マリア奪還を果たした調査兵団の戦果
エレンの父グリシャ・イェーガーが遺した3冊の本には「世界の真実」が記されていた-

ユミル・フリッツ

今を遡ること1800年以上昔-
エルディア人の始祖「ユミル・フリッツ」は「大地の悪魔」と契約し、巨人の力を手に入れた

巨人の力でユミルは 荒れ地を耕し 道を造り 橋を架け 国を豊かにし エルディア人に富をもたらした

民族浄化

エルディア帝国を築いたユミルの力は 死後「九つの巨人」に分けられ 帝国は古代の大国マーレを滅ぼし 大陸の支配者となった

そして巨人になる力を持った「ユミルの民」すなわちエルディア人は 以降およそ1700年間にわたり他民族を弾圧・征服し 民族浄化を続けた

巨人大戦 マーレによる国家転覆 そしてエルディア人の離散

巨人大戦

1700年の後 増長したエルディア帝国は マーレによる内部工作を許し 誘発された内戦の末弱体化
そして「九つの巨人」の内「七つの巨人」を手中に収めたマーレは 100年ほど前の「巨人大戦」に勝利し エルディアを打倒する

他の巨人すべてを支配し操ることのできる「始祖の巨人」を継承しながらも戦うことを放棄した145代目エルディア王「フリッツ」は 一部の国民を引き連れて辺境の「パラディ島」に三重の壁を築き籠城

大陸に踏み留まり取り残されたエルディア人は マーレ収容区に隔離され マーレの圧政下に置かれた

赤ん坊のジーク

エルディア復権派の転機とマーレの戦士

大陸の反体制地下組織「エルディア復権派」は マーレ政府内に潜む内通者「フクロウ」の補佐のもと 秘密裏に勢力を拡大し パラディ島の壁の中に持ち込まれた「始祖の巨人」を真の王家の手に取り戻す計画を進めていた

エレンの父グリシャ・イェーガーも「エルディア復権派」の一員となり パラディ島に逃れることを拒んだ真の王家とされるダイナ・フリッツと結ばれ息子ジークを授かった

マーレ政府の演説

一方 マーレ政府側も「始祖の巨人」奪還を計画し 大陸各地のエルディア人収容区から「マーレの戦士」を募います

「マーレの戦士」はマーレ政府管理下にある「七つの巨人」の器に値する者を選別するためであり 男女問わず5歳から7歳の健康なユミルの民(エルディア人)が集められた

ジークをマーレの戦士に

「マーレの戦士」になるべく父グリシャと母ダイナに遣わされたジークは 七つになった頃 両親をマーレ政府に密告

捕らえられたグリシャとダイナ、そして「エルディア復権派」のメンバーは 全員「楽園」送りとなる


『進撃の巨人』の年表(時系列)はこちら
【進撃の巨人】年表・時系列まとめでは、『進撃の巨人』の世界において、現在判明している事実と出来事を分かりやすく時系列にまとめています。 別冊少年マガジン2017年2月...

「壁の外の世界」登場人物

エルディア人

エルディア人

icon-question-circleエルディア人とは
ユミル・フリッツを祖とし、「巨人の力」によってかつて大陸を支配した民族。
『巨人大戦』でマーレ国に敗北後は、エレンたち壁の中の人類、マーレ国に残され収容区で暮らす人類と分かれています。

グリシャイェーガー

グリシャ・イェーガー

主人公エレン・イェーガーの父。
「壁の外の世界」では幼少期から青年期まで描かれています。
18歳の頃、父の診療所を継ごうとしていた時にエルディア復権派の男に勧誘され、その後エルディア復権派の一員として活動する。
エルディア復権派の元へ訪れた王家の一族の末裔であるダイナ・フリッツと結婚、息子ジークが産まれる。

 icon-check-square-o 新たに判明した真実

  • 職業は医者
  • エルディア復権派の一員
  • 王家の血筋であるダイナ・フリッツと結婚
  • ジーク戦士長(獣の巨人)の父親

フェイ・イェーガー

フェイ・イェーガー

グリシャの妹。
治安当局により猟犬に命を奪われ、翌日川で発見される。


グリシャの両親

グリシャの父と母

収容区で暮らすエルディア人夫婦。
父親の職業は医者。
「我々の祖先(エルディア)は優生思想に走り民族浄化をやった大罪人」であることから、自分達に出来ることは収容区で慎ましく沈黙し生きることとグリシャに言い聞かせる。


名無しの人物

名前:不明

ジークがエルディア復権派メンバーを密告した場面で、祖父母と共にいた人物。

 icon-check-square-o 新たな謎
ジークの眼鏡
現ジークの愛用している眼鏡と同じ形状の眼鏡をかけている
エルディア復権派のメンバー

エルディア復権派のメンバー

icon-question-circleエルディア復権派
残留エルディア人で構成される政府に反旗を翻す反体制派組織。
体に十字傷を刻み、エルディア復活を目標に活動している。

グリシャをエルディア復権派のメンバーに引き入れた人物

名前:不明 →グライス

グリシャをエルディア復権派のメンバーに引き入れた人物。
ジークの密告により「楽園」送りとなる

 icon-check-square-o グライスの最期?
グライスの最期

巨人化したエルディア復権メンバーらを追い払うための囮として、人間のまま巨人領域へ放たれる


エルディア復権派のメンバーたち

 icon-check-square-o エルディア復権派は巨人化
巨人たち

ジークの密告により巨人となり壁外で彷徨う運命に-
後にトロスト区攻防戦(4話「初陣」)に登場し、エレンたち104期兵と対峙している

フリッツ王家

ダイナ・フリッツ

ダイナ・フリッツ

フリッツ王家の血を引く一族の末裔。
『巨人大戦』の後、パラディ島に逃れることを拒み大陸にとどまり王家の持つ巨人の情報と共に潜伏していた。
後にグリシャと結婚し、ジーク(獣の巨人)を出産するが、「マーレの戦士」となったジークに密告され「楽園」送りとなる。

 icon-check-square-o 新たに判明した真実
>ダイナはカルラを捕食した巨人

「エルディア復権派」メンバーが「楽園」送りとなり巨人にされたことから、87話にて『カルライーター=ダイナ・フリッツ』と確定。


ジーク

ジーク

グリシャとダイナの息子。
敵国「マーレの戦士」と送り込まれた後、両親の所属する「エルディア復権派」を密告。
壁内では「獣の巨人/ジーク戦士長」として登場しています。

 icon-check-square-o 新たに判明した真実

  • ジーク戦士長(獣の巨人)はグリシャとダイナの息子
  • 85話「地下室」の写真に写っていた子供はジーク
  • ?歳:グリシャの意思により敵国「マーレの戦士」となる
  • 7歳:エルディア復権派を密告し「楽園」送りに

ユミルフリッツ

ユミル・フリッツ

エルディア人の祖先であり、『大地の悪魔』と契約し「始祖の巨人(最初の巨人)」となった人物。
死後「九つの巨人」に魂を分ける。


容姿不明

145代フリッツ王

「始祖の巨人」を継承する145代目の王。
『巨人大戦』に敗戦後は、「今後我々に干渉するなら、壁に潜む幾千万の巨人が地上の全てを平らにするだろう」と80年前に言い残し、パラディ島に三重の壁を築き逃亡した。

マーレ政府の内通者

容姿不明クローガー

フクロウ=クルーガー →87話で判明

表向きはマーレ治安当局の一員であるクルーガー。
レベリオ収容区から無許可で外出したグリシャとフェイを発見、グリシャを制裁する。

 icon-check-square-o 新たに判明した真実
クルーガー巨人

その正体は「エルディア復権派」を立ち上げ、メンバーにマーレ政府の情報や武器や資金を流す、マーレ内通者「フクロウ」であり、知性巨人だった。

マーレ国

マーレ政府

icon-question-circleマーレ国
かつて古代大国として君臨していたが、「巨人の力」を持つエルディア帝国(ユミルの民)に征服される。
1700年間に渡る弾圧の後、エルディア帝国に内部工作を図り「九つの巨人」のうちの「七つの巨人」を手駒に従え、『巨人大戦』に勝利。
エルディア人残党を収容区にて監視している。

マーレ治安当局の男

マーレ治安当局の男→グロス曹長
クルーガーと共にグリシャとフェイを発見した人物。
フェイを連れ出し猟犬に襲わせ殺害。

 icon-check-square-o グロス曹長の最期
ミーナイーター

87話にて、グリシャを食わせようとした巨人(ミーナイーター)に捕食され死亡。

『壁の外の世界』新たな真実<用語@まとめ>

 icon-check-square-o 『壁の外の世界』新たな用語

  • エルディア人/ユミルの民
  • 巨人大戦
  • 九つの巨人と七つの巨人
  • 始祖の巨人
  • 民族浄化
  • パラディ島/楽園
  • マーレの戦士/名誉マーレ人
  • レベリオ収容区
エルディア人/ユミルの民

ユミル・フリッツ

ユミル・フリッツを祖とし、「巨人の力」によってかつて大陸を支配した民族。
ユミルの民=フリッツ王家=エルディア人は同じ民族のことを示します。

『巨人大戦』で敗北したエルディア民族は、エレンたち壁の中の人類、マーレ国に残された非マーレ派のエルディア人に分かれており、マーレ国に残留するエルディア人は「腕章」を付けることを義務とし収容区で暮らしています。

巨人大戦

巨人大戦

「始祖の王」を継承した145代目のフリッツ王がエルディアの均衡を保つ役目を放棄し、島へ逃亡したことから敗戦した。

「九つの巨人」と「七つの巨人」

九つの巨人

「九つの巨人」とは、始祖の巨人であるユミル・フリッツが死後、9つに魂を分けた巨人のこと。
後にマーレ国が仕掛けた内部工作による内戦にて、「七つの巨人」をマーレ国が手中に収める。

「九つの巨人」
■エルディアが所持する「二つの巨人」継承者

  1. ユミル・フリッツ→「始祖の巨人」継承者~
    →ウーリ・レイス→フリーダ・レイス→グリシャ・イェーガー→エレンへ
  2. <もう1人>?ダイナ・フリッツ?
    クルーガー→グリシャ・イェーガー→エレンへ

  3. ■マーレが所持する「七つの巨人」継承者

  4. 獣の巨人→ジーク戦士長
  5. 鎧の巨人→ライナー・ブラウン
  6. 超大型巨人→ベルトルト・フーバー→アルミン
  7. 女型の巨人→アニ・レオンハート
  8. マルセル(ベリック/ユミルに捕食され死亡)→ユミル
  9. 四足歩行巨人→?
  10. <もう1人>→?
始祖の巨人

1011

全ての巨人を支配し操ることのできる力を持つ巨人。
145代目フリッツ王が継承しており、パラディ島に三重の壁をつくったとされる。

民族浄化

民族浄化

「巨人の力」を持ったユミルの民(エルディア人)は、他民族の土地や財産を奪い、強制的に子を産ませ1700年間にも渡り民族浄化を行った。
この民族浄化によってエルディア人は”穢れた血””悪魔の末梢”などと迫害される由縁となっている。(マーレ国歴史文献の情報)

パラディ島/楽園

壁の外の地図

『巨人大戦』に敗戦した145代フリッツ王が三重の壁を築き逃亡したエルディア帝国の国土。
エレンたちが暮らす「壁内の世界」はパラディ島に位置しており、壁外に彷徨う巨人らには、マーレ政府より「楽園」送りの処分対象となったエルディア人も含まれる。

また、パラディ島には莫大な化石燃料が埋蔵するとされていることから、マーレ国から征服の対象となっている。

マーレの戦士/名誉マーレ人

マーレの戦士の条件

パラディ島を征服するべくマーレ政府がエルディア人から集った戦士。
マーレ国の管理する「七つの巨人」を継承する器として、5~7歳の健康な男子女子から選抜された。

「マーレの戦士」となる一族には、マーレ国で自由が保証される「名誉マーレ人」の称号が与えられる。

レベリオ収容区

壁の向こう

マーレ国監視下、エルディア人を収容している区域。
イェーガー一家やエルディア復権派のメンバーらが暮らしています。

【進撃の巨人】<ネタバレ記事一覧>
進撃の巨人ネタバレ86話
【進撃の巨人】ネタバレ最新86話 タイトル「あの日」 別冊少年マガジン2016年11月号(10月8日発売)掲載のあらすじと感想です。 単行本派の方はネタバレ回避し...
進撃の巨人別冊少年マガジン12月号
【進撃の巨人】ネタバレ最新87話 タイトル「境界線」 別冊少年マガジン12月号(2016年11月9日発売)掲載のあらすじと感想です。 単行本派の方はネタバレ回避し...
進撃の巨人各話一覧まとめ
ネタバレ92話最新話 「ANSWERS」 「進撃の巨人」年表<時系列まとめ> 「進撃の巨人」壁の外の歴史 【アニメ2期】OPとED映像<考察> こちらのページ...

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

2コメント【進撃の巨人ネタバレ考察】「壁の外の世界」の新たな真実<まとめ>

  1. 進撃の兵士 より:

    クリアで状況に的確な画を使ってくれて、管理人さんの解説、文章も分かりやすいです!考察するのに助かりました。
    ありがとうございます。

    0
  2. 格闘技好き より:

    説明凄く分かりやすい。年表見て理解できた。それにしても進撃の巨人、世界観が凄すぎる。

    0

コメントを書く

※NGワードを含む?適?なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご?承下さい。

ページの先頭へ