ネタバレ全話

【進撃の巨人】ネタバレ全話<あらすじ感想と考察>一覧まとめ

進撃の巨人ネタバレ最新刊全話一覧まとめ

進撃の巨人ネタバレ89話
ネタバレ89話<あらすじ感想考察>最新話

進撃の巨人ANSWERSネタバレ
「ANSWERS」<ネタバレ考察まとめ>

こちらのページでは、
【進撃の巨人】第1巻~最新刊までの各話ネタバレ記事の一覧をまとめています。

★過去のネタバレ記事も随時追加しています。

【進撃の巨人】各話ネタバレ<あらすじ感想と考察>一覧


-グリシャの地下室-
超大型巨人、鎧の巨人を討ち取ったエレンたち、そしてリヴァイに追い詰められ撤退する獣の巨人。調査兵団は勝利するも、兵力の大半を失い壊滅状態となります。
そして奇しくも自らの命を犠牲に作戦を決行したエルヴィン団長とアルミン。二つの命の選択を迫られたリヴァイにアルミンの延命を訴えるエレンとミカサ。リヴァイはエルヴィンを永眠に、アルミンを延命する選択を決断します。
そして長い月日を経てグリシャの「地下室」へ辿り着いたエレンたち。物語の核心である「壁の外の世界」の謎が明かされます-!

-ウォール・マリア最終奪還作戦 編-
<人間VS巨人>佳境へ向かう二つの戦局の行方は…!?
超大型巨人の爆風に巻き込まれ、シガンシナ区側の調査兵は吹き飛ばされ、生き残ったエレンたち104期兵は超大型巨人に立ち向かいます。
一方、ローゼ側でも「獣の巨人」の投石攻撃により調査兵団は壊滅状態に。決死の覚悟を胸に、エルヴィン団長と新兵らが囮となりリヴァイが獣の巨人に挑みます。
そしてアルミンもまた自らを犠牲に陽動作戦を決行。勝つために懸けたのは自らの命だった…!

-ウォール・マリア最終奪還作戦 編-
イェーガー家の地下室に眠る「真実」を手に入れるべく、ウォール・マリア最終奪還作戦を決行する調査兵団。その行く手には「座標」の奪還を狙う、ライナー、ベルトルト、獣の巨人らが待ち構えていた!
シガンシナ区のエレンVS鎧の巨人、そしてローゼ側のリヴァイVS獣の巨人、二つの戦局に分かれ調査兵団と獣の巨人が激突!知恵と力のぶつかり合いが展開します。
そしてコミックス4巻18話の謎の一つである「マルコの死の真相」が明らかとなる-!

-ウォール・マリア最終奪還作戦編-
エレンの記憶に映し出された、父グリシャと共にいた男は、調査兵団元団長であり訓練兵団教官キース・シャーディスだった。
キースの話から、グリシャは壁の外から来た人物であることが判明。苦悩するエレンは母カルラの息子を想う気持ちを知り、自らを奮い立たせます。
全ての準備は整い、夜のウォール・マリアを進みシガンシナ区へ辿り着いた調査兵団。エレンの硬質化能力によってシガンシナ区外門を塞ぐことに成功します。
更に敵がどこかに潜んでいる気配を察知し捜索する調査兵団、アルミンの機転から壁の中に潜むライナーを発見!同時に「獣の巨人」と多勢の巨人が出現します-!
「進撃の巨人」第17巻

-オルブド区迎撃戦<王政編>-
巨人化したロッド・レイスをオルブド区で迎え撃つ調査兵団。
ロッドはヒストリアによって打倒され、旧王政を一掃し革命は成功。礼拝堂の崩壊に巻き込まれたケニーもまた、リヴァイに看取られ息を引き取ります。
そして悲願であるシガンシナ区奪還へ向けて着々と準備を整える調査兵団。エレンは記憶に出てきたある男の名を思い出します。
一方シガンシナ区では、ライナーとベルトルト、そして獣の巨人らが迎撃態勢を整えていた-
「進撃の巨人」第16巻
進撃の巨人16巻
第63話「鎖」
第64話「歓迎会」
第65話「夢と呪い」
第66話「願い」

-レイス領地礼拝堂<王政編>-
ロッド・レイスとヒストリアによって呼び起こされたエレンの記憶。
真の王家であるレイス家が代々継承する「始祖の巨人」は、グリシャによって奪われエレンに継承されていたことが明らかとなり、苦悩するエレン。
ロッドはヒストリアに巨人化しエレンから「始祖の巨人」の力を奪うよう命じますが、ヒストリアは最後自分の道を選択します。
エレンを救出するヒストリアを前に、巨人と化したロッド。その巨体で建物を崩壊させていきます-
「進撃の巨人」第15巻
進撃の巨人15巻
第59話「外道の魂」
第60話「信頼」
第61話「回答」
第62話「罪」

-調査兵団革命<王政編>-
中央憲兵により汚名を着せられていた調査兵団でしたが、全兵団、リーブス商会、新聞社の記者たち皆の協力を得て王政打倒に成功します。
残すは攫われたエレンとヒストリアを奪還するのみ。ハンジの手掛かりを頼りに、レイス領地礼拝堂へ向かいます-
「進撃の巨人」第14巻
進撃の巨人14巻
第55話「痛み」
第56話「役者」
第57話「切り裂きケニー」
第58話「銃声」

-調査兵団反乱<王政編>-
中央憲兵団員への拷問から、レイス家が本物の王家であることを知った調査兵団。
エレンの能力とクリスタの血筋から、王政に狙われる事を予測したエルヴィンは革命を決意します。
真の王家であるロッド・レイスを確保するべく、エレンとクリスタは囮作戦に扮しますが、中央憲兵の「対人制圧部隊」により調査兵団に協力したリーブス商会は報復を受け、その罪は調査兵団に擦り付けられエルヴィンは連行、エレンとクリスタも連れ去られてしまいます-
「進撃の巨人」第13巻
進撃の巨人13巻
第51話「リヴァイ班」
第52話「クリスタ・レンズ」
第53話「信じるバカ」
第54話「反撃の場所」

-新生リヴァイ班<王政編>-
エレンを奪還し帰還する調査兵団、憲兵団、駐屯兵弾の混成部隊はその大半の兵を失った。
一方ハンジの調査で巨人の発生源が人間である可能性が高まり、万が一ウォール・ローゼが崩壊すれば、その人口を支えきれず滅亡することが明らかとなります。
エルヴィンはもはや王政に仁は無いと反抗を決意します-
「進撃の巨人」第12巻
進撃の巨人12巻
第47話「子供達」
第48話「誰か」
第49話「突撃」
第50話「叫び」

-エレン奪還作戦 編<巨大樹の森>-
エレンとユミルを故郷へ連れ去ろうとする超大型巨人と鎧の巨人ですが、エルヴィン団長率いる調査兵団の追跡に追いつかれてしまいます。
人間と巨人の乱戦の中、決死の突撃でエレンを奪還した調査兵団の帰還を阻止する鎧の巨人たち。巨人らに行く手を阻まれ絶体絶命の地獄絵図の中、エレンは「座標」と呼ばれる不思議な力を発揮します-
「進撃の巨人」第11巻
進撃の巨人11巻
第43話「鎧の巨人」
第44話「打・投・極」
第45話「追う者」
第46話「開口」

-エレン奪還作戦 編-
かつてシガンシナ区を壊滅させ、エレンの母の死の原因となった超大型巨人、鎧の巨人の正体が発覚。
エレンは巨人化し応戦するもあと一歩のところでユミルと共に連れ去られてしまいます。
一方ウォール・ローゼに穴が開けられていないことを確認したエルヴィン団長達は、憲兵団・駐屯兵団との混成部隊を組織し、エレン奪還のため巨大樹の森を目指して出発する-!
「進撃の巨人」第10巻

-ウトガルド城 攻防戦<兵士と戦士>-
ウォール・ローゼに突如現れた巨人の群れと戦う調査兵も力尽き、窮地に立たされた104期兵たち。
いよいよ全滅かと思われた夜明け、命懸けで戦いに身を投じたユミルによって窮地を救われ、ハンジ率いる主力メンバーも到着し巨人の撃退に成功します。
ウォール・ローゼに帰還するメンバー達の休息も束の間- 超大型巨人、鎧の巨人がその正体を現します-
「進撃の巨人」第9巻

-ウトガルド城編<獣の巨人襲来>-
女型の巨人の捕獲に成功したエレン達。時を同じくして壁の中に巨人が眠る”新たな謎”に直面します。
一方、女型の本体と共謀者の疑いから隔離されミケ達に監視されていた104期兵たちは、突如巨人の群れに襲撃されます。ウォール・ローゼが突破されたと判断し、東西南北4班に分かれ情報拡散・住民の避難に対処するメンバーたち。そんな中、囮となり巨人と戦うミケの前に毛に覆われ猿のような「獣の巨人」が現れます-!
「進撃の巨人」第8巻

-女型の巨人拘束作戦<ストヘス区>-
”世界から失われていた記憶が取り戻される”
女型の巨人捕獲作戦の失敗を受け、責任追及のため調査兵団は王都へ召喚、エレンの身柄は憲兵団へ移送されることになった。
そんな中、アルミンが女型の巨人と思われる人物を割り出す。窮地に陥った調査兵団は、女型の巨人の中の人物をおびき出し拘束を試みます-
「進撃の巨人」第7巻

-女型の巨人捕獲作戦 編-
”何かを変えるために、より多くを捨てた者が強さを得る”
多大な犠牲を払い壊滅の危機に陥りながらも「女型の巨人」を捕えた調査兵団。その正体に迫りますが、一歩及ばず-
奇声を発し巨人に自らの身体を食わせて情報を隠蔽した「女型の巨人」は、人間の姿でエレンたちリヴァイ班に忍び寄ります!
「進撃の巨人」第6巻

-第57回壁外調査編-
壁外調査に乗り出した調査兵団が遭遇した女型の巨人は、高い知能と運動能力を持った知性巨人だった。
エレンを狙う女型の巨人は、エレンを守り馬を駆けるリヴァイ班を捉えます。巨大樹の森で繰り広げられるエレン争奪戦の行く末とは-?
女型の巨人無双の6巻を目撃せよ!
「進撃の巨人」第5巻

-エレン軍法会議-
巨人化したエレンの活躍によって人類はウォール・ローゼ、トロスト区奪還作戦に成功。
3つの兵団とトップを務めるザックレー総統らによる軍法会議が開かれ、エレンの身柄は調査兵団の元へ委ねられる-
5巻には物語の鍵となる特別編「イルゼの手帳」も収録。
「進撃の巨人」第4巻

-トロスト区攻防戦-
ウォール・ローゼの外壁に空いた穴を修復するため、巨人化したエレンが巨大な岩で穴を塞ぐ作戦が開始。
エレンは巨人化しますが自我を失い暴走してしまいます。アルミンの必死の問いかけにエレンは立ち上がることが出来るのか-
「進撃の巨人」第3巻

-トロスト区攻防戦-
巨人たちを攻撃する謎の巨人が力尽きて倒れると、その中から無傷のエレンが出現。意識を取り戻したエレンを取り囲んでいたのは、駐屯兵団の兵士たちだった。
エレンを庇うミカサとアルミンにも銃口が向けられ絶体絶命に-
3巻では特別編「リヴァイ兵士長」も収録。エルヴィン団長やリヴァイ兵長も登場し、いよいよ物語が加速していきます。
「進撃の巨人」第2巻

-謎の巨人-
シガンシナ区襲来から5年-突如現れた超大型巨人の出現により、無数の巨人が壁の中に侵入!出撃した訓練兵たち、エレン達の班はほぼ全滅。ガスも残り僅かですが兵団本部は巨人に取り囲まれ身動きが取れないメンバー達。住民の避難が完了したミカサも駆けつけるが、エレンが巨人に飲み込まれた事実を知り絶望する。そんな中、15m級の巨人が出現し、その正体が彼らを驚倒させます-
「進撃の巨人」第1巻

-シガンシナ区没落編-
巨人が支配する世界。人類は巨大な3重の壁を築くことで安全に暮らせる領域を確保し、王に統治を委ねその内側で束の間の平和を謳歌していた。
そんなある日、50mの壁さえ破壊できる超大型巨人が出現しシガンシナ区の門を破壊。無数の巨人たちが侵入し、主人公エレンの母は無残にも巨人に捕食-
エレンはその悔根と復讐心から訓練兵となり、仲間と共に巨人に対抗する技を磨く中、5年ぶりに超大型巨人の出現!ウォール・マリアに無数の巨人が壁の中に侵入し、訓練兵であるエレンたちも収集され初陣に出撃するも、巨人の圧倒的な力に食われていく仲間たち-絶望の戦いが始まります!
スポンサーリンク
  • LINEで送る

PAGE TOP