【進撃の巨人★登場人物】2月10日はミカサ・アッカーマン誕生日<プロフィールまとめ>

ミカサ・アッカーマンのプロフィール

2月10日は「進撃の巨人」ヒロイン
ミカサ・アッカーマンの誕生日です!*\(^o^)/*

ミカサのプロフィール一覧と、
ツイッターでの生誕祭の様子をまとめてみました♪

スポンサーリンク

【進撃の巨人★登場人物】ミカサ・アッカーマン

ミカサ・アッカーマン
© 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ミカサ・アッカーマン
Mikasa Ackerman

誕生日:2月10日 ▶水瓶座
年齢:15歳(12歳で第104期訓練兵団へ入団)

身長:170cm
体重:68kg

所属:調査兵団
出身地:シガンシナ区近郊(後にシガンシナ区へ移住)

声優 CV:石川由依
公式人気投票:第1回:3位・第2回:7位


初登場
原作:第1巻1話「二千年後の君へ」
アニメ1期:#01「二千年後の君へ―シガンシナ陥落 (1)―」


特徴とセリフ:
「戦わなければ勝てない」
「仕方無いでしょ?世界は残酷なんだから」

「進撃の巨人」ヒロインであるミカサ・アッカーマンは
幼い頃に両親を亡くし、イェーガー家に引き取られた少女。

黒い瞳と美しい黒髪の容姿は、今は絶滅したとみられる東洋人の血を継いでいます。

性格は常に冷静で直情的、兵士としての戦闘能力は非常に高く、

第104期「訓練兵団」を首席で卒業、対人格闘成績も1位の成績で、
上官からは「並の兵士100人に等価」などリヴァイも一目置く逸材と見られています。

そんな兵士としての強さと、何事をも厭わない強い意思を持つミカサですが、

掛け替えのない家族であるエレンを守ることがミカサの生きる理由そのもので、
エレンの危機には我を忘れるほど無謀な行為に走ることもあります。

ミカサのマフラー

エレンにもらったマフラー

ミカサのマフラーは、幼い頃、悪漢達に両親の命を奪われ身寄りをなくし震えるミカサに、エレンが巻いてプレゼントした大切なマフラーです。

ミカサにとっては、エレンの優しさや家族の温かみを象徴する宝物であり、肌身離さず身に着けています。

東洋の末裔

東洋の一族の印

ミカサの母はその昔に「東洋」と呼ばれる地から壁の中に逃げてきた一族の末裔であり、
ミカサの家に押し入った悪漢達によれば、他の東洋人は絶滅していてミカサは一族最後の末裔のようです。

そしてミカサは母から「一族に代々伝わる印」を受け継いでおり、

原作では、母の手によって彫られた「印」
アニメ版では、刺繍を教わったという描写に変えられています。

ミカサの名前の由来

09

作者・諫山創先生曰く、ミカサの名前は旧日本海軍の戦艦「三笠」から名付けたとのことで、
『新世紀エヴァンゲリオン』の綾波レイや、『涼宮ハルヒの憂鬱』に登場する長門有希(戦艦『長門』)など、女性キャラの名前を戦艦からとると人気が出るという伝説に倣ったものだそうです。

そしてミカサが東洋人なのは、元となったモデルの女性が日本人(諫山先生がアルバイト時代に出会ったお客様)だったからと「月刊フィギュア/スペシャルインタビュー」にて語られています。



以下、ネタバレとなります(ง ˘ω˘ )ว

ミカサの謎とアッカーマン一族

ミカサの頭痛

ミカサは唯一の東洋人の末裔であることや、一族に代々伝わる「印」
「…あぁ。また、これか」と頻繁に起きる頭痛、

そして第1話「二千年後の君へ」での「いってらっしゃい-エレン」など、時間軸を混乱させるような描写もあることから、数々の謎を秘めています。

▼▼▼
アッカーマン家の秘密

アッカーマン家の謎については、【進撃の巨人第65話】にてケニーの叔父から語られています。

王は理想”壁の中の人類が一糸乱れぬ平和を実現する”を実現するため「大多数の民族」の記憶を改竄していること

記憶を改竄出来るのは「大多数の民族」であり、アッカーマン家や東洋の一族など「少数派の血族」は記憶の改竄を受けない血族であること

アッカーマン家はかつて王側近の武家でしたが、
アッカーマン家と東洋の一族のみ王に異議を唱え逆らったため、王に恐れられ根絶やしにされたことなどが明らかとなっています。

ツイッターでの「#ミカサ・アッカーマン生誕祭2017」の様子

公式サイト「みん撃」からもお祝いのツイートがあがっています♪*\(^o^)/*

▼▼▼

2月12日(日)まで三重・ナガスパで開催されている『進撃の巨人展WALL NAGASHIMA』からもお祝いのツイートがあげられています♪

▼▼▼

▼▼▼▼▼

エレンを一途に想う強くて美しいミカサをこれからも応援しています*\(^o^)/*

いつか皆と平和に暮らせる世界で、幸せになりますように♪

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ