【進撃の巨人】ネタバレ113話最新「暴悪」<あらすじ感想と考察>114話

進撃の巨人ネタバレ113話

『進撃の巨人』第28巻 ネタバレ113話最新
タイトル「暴悪」

別冊少年マガジン2月号(2019年1月9日発売)のあらすじ感想と考察です。
未読の方はネタバレ回避してください。

スポンサーリンク

『進撃の巨人』ネタバレ113話「暴悪」<あらすじ感想と考察>

リヴァイが巨人に囲まれる

前回までのあらすじ

政権内部にばら撒いていたワインには、ジークの脊髄液が盛られていたことを知るハンジたち

一騒動が落ち着くや否や、レストランにはイェーガー派の部隊によって占拠され、ハンジらとブラウス一家は拘束

別室では幼馴染の対話が実現しますが、エレンは辛辣な物言いで二人を突き放し、三人は決別することとなります

一方ピクシスの策略を知り、ジークの器を移そうと決断するリヴァイでしたが、事態を把握したジークが兵士らを巨人化-

仲間達が巨人肉弾となり リヴァイに降り注ぎます…!

『進撃の巨人』ネタバレ第113話「暴悪」のあらすじ

進撃の巨人113話の冒頭
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

ガチャン

ティーカップが落下し割れていく描写-
ピクシス司令の足元に粉々となった破片が散らばっています

その周りで何らかの波動を感じとり、驚きの表情を浮かべ騒めく兵士たち

兵士
「な…!?」
「何だ今!?」

「一瞬 体が痺れて…」
「俺も!!」
「俺もだ…」

(アンカ副官)「え…?私は何とも」

ピクシス「……」
ピクシス司令も驚愕した表情を浮かべています



同刻-
街中にいるナイル、ローグ達 憲兵もジークの波動を感じた様子

波動を感じたファルコ

ビッ

ファルコ「うぅ!?」

ハンジ「どうしたの?」
ファルコ「体中に電気が流れたような…」

ニコロにワイン瓶で打たれ、気絶していたファルコも反応し目を覚まします

ハンジ「…まさか」

ピクシス「やりおったな… ジーク…」


巨大樹の森を走るジーク
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

 場面は変わり、巨大樹の森

ドドオォォォォ・・・

拘留地を走り去るジーク

ジーク「お別れだ 兵長」



オォオオオオォ・・・

ジーク
「部下思いのあんたのことだ 多少大きくなったくらいで何にも悪くない部下を 切り殺したりなんかしないよな?」



リヴァイの苦悩
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

一方、巨人化した仲間達に囲まれるリヴァイの描写
大きく口を開いた巨人がリヴァイへ向かってきます

パシュ・・ドォ!

立体機動で瞬時に上空へ避けるリヴァイ
口を開いたまま 巨人は樹に激突します

巨人らを見据えるリヴァイ


●リヴァイの回想

▼ ワインの持ち込みについて話し合うリヴァイと兵士達の描写-

リヴァイ
『ワインだと…? どうして任務中に酒がいる?』

兵士
『兵長!これは憲兵の連中しか飲めなかった マーレ産の希少なやつなんですよ!』

『調査兵の若いのが がんばって仕入れてくれたのに!ここに置いていくっていうんですか!?少しくらい楽しみがないと…』

リヴァイ『紅茶があるだろ』
兵士『兵長おおぉ』

リヴァイ『めんどくせぇな… いいだろう 持っていけ…』


リヴァイ「クッ……ソ……!!」

樹上に移動したリヴァイに向かって 続々と幹を掴んで登り来る巨人の群れ

リヴァイ
『ジークの脊髄液がワインに…!?いつから仕込まれていやがった… 体が硬直するって予兆は無かった…嘘だったから?』

高い位置まで勢いよく木登りする巨人たち

リヴァイ
『クソッ!!速えぇ… 動きが普通じゃねぇ これもジークの仕業か!?』

リヴァイ「ッ!!」

ガォ

リヴァイを喰らおうと、巨人が隣の樹に体当たりしてきます

咄嗟に避けたリヴァイの背後から手を伸ばす別の巨人

シャ・・ビシャ!
リヴァイは剣を抜き、巨人の指を刃で切り裂きます



その巨人の顔を見て 一兵士の顔が浮かぶリヴァイ

リヴァイ「!!ッ--バリス…!!」

大きく口を開きバクッと空食いするバリス巨人
リヴァイはそのうなじを捉えながらも躊躇します

仲間に囲まれるリヴァイ
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

リヴァイ
『まだ… そこに いるのか…?』

『お前ら…』



覚悟を決める様子
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

巨人にされた仲間達に囲まれながら 覚悟を決めるリヴァイ


 一方、ジークは逃走用に3体の巨人を待機させています

ドドドドドドドド・・・

ジーク
「俺だってなぁ…こんなことはやりたくなかった… でも悲しいよ…これは戦いや争いじゃない」

ジーク「熱ッ」
パシリ・・wと巨人の掌に乗り込みます

ジーク
「…決別だ お互いを信じることができなかった だがそれも無理はない あんた達とはあまりにも見てきた世界が違いすぎたんだ」

「レべリオの奇襲に成功して勘違いさせてしまったようだが 全世界の戦力がもう直この島に集結してしまう それがどういうことか わかっていない」

パラディ島へ向かっているであろう夥しい数の軍艦 上陸して進軍する兵士たちの描写

ジーク
「自分達には力がある 時間がある 選択肢がある そう勘違いしてしまったことが…」

「リヴァイ… お前の過ちだ」

「…まぁ 俺の真意を話したところで… わかりっこないだろうがな… あんた達には」

「なぁエレン… 俺達にしか… わからないよな」

「この森を抜ければ すぐにお前の元だ しかしちゃんと場所と時間 覚えているんだろうなエレン」


ジーク「ん?」

ヒュ・・オォォオォオ

とその時-
ジークの背後を走る巨人の肩を切り裂くと同時に ワイヤーが伸びていきます-

気迫のリヴァイ
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

オォオオオ・・・

ジークが振り向くすれ違いざまに 正面に回り込むリヴァイ
雷槍を装備しています

ジーク
「ッッッッ!!」

「行けえぇ!!」

ゴォ・・ ザ!

ジークの命令に飛び出す巨人でしたが、リヴァイに回転斬りにされ、瞬時に腕やうなじを削がれます
と同時にジークを乗せた巨人にアンカーを突き刺すリヴァイ 強い!

ジーク
「…ッ!!」
「何だよぉおもおおお またかよぉおぉぉおおおお」



カッ

追い込まれたジークはガリィと手を噛み、巨人化します-

バシュ・・
その様子を伺いながら、リヴァイが上空へ移動していきます

巨人を肉弾にするジーク
これは酷い…

バキ ブチッ ブチッ・・・

獣の巨人と化したジーク
移動に用いた巨人の頭部を掴み、投擲武器として身体を細かく引きちぎっていきます

ジーク
『どこに行った!?リヴァイ!』

ビキビキとうなじを硬化しながら、リヴァイを挑発し反撃の糸口を探る獣の巨人ジーク

ヒュ・・
立体機動で移動するリヴァイの姿を捉えます

ジーク
『ッ!! そこか…!!』

ブチュと巨人の頭部を握り潰しブン投げるジーク

ドドドドドドドド

肉片が飛散し広範囲にバラ撒かれる中 樹影に避けるリヴァイ

ジーク
”クソッ…他の巨人はどうした…!?”

『お前の可愛い部下達はどうした!?まさか殺したのか!?可哀想に!!』

巨人となった兵士たちの亡骸が横たわる描写
ブチコロと巨人を引きちぎり肉弾を作りながら言い放つジーク

ジーク『ッ!!』

背後の物陰に気づき肉片を投げつけます
命中したその物陰はリヴァイではなく、ただの木片

ジーク『枝…!? …!?』

リヴァイは巨大樹の幹をスパスパと斬り落とし、気配を分散させています

リヴァイ
「必死だな…髭面野郎 お前は大人しく読書する以外なかったのに 何で勘違いしちまったんだ 俺から逃げられるって…」

「部下を巨人にしたからって 俺が仲間を殺せないと思ったのか?」

「俺達がどれだけ仲間を殺してきたか 知らねぇだろうに」

落下する木片に潜み、降下するリヴァイ

ジーク『ウオォ!!』

ドドドド・・
獣の巨人のうなじに雷槍がブチ込まれます!

雷槍が起爆する
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

ジーク「うぁあぁ」

ドドドドドド・・!

獣の巨人のうなじの中で 雷槍が起爆!

オォォオォォオ・・・

被爆し皮膚が爛れた姿でうなじから放り出されるジーク

ジークを引き摺っていくリヴァイ
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

リヴァイ
「よぉ髭面 てめぇ…臭ぇし汚ねぇし不細工じゃねぇかクソが」
「まぁ…殺しやしねぇから安心しろよ すぐにはな」

ズズリィ。。
ジークの頭部を掴み、引き摺り歩いていきます

意味深な描写
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

シュウゥウウウウ・・・
蒸発していく獣の巨人
その隣に横たわる巨人が”ピクッ”と不穏な動きを見せています

指導者

 場面は変わり、シガンシナ区

訓練生らの前に立つキース

キース
「知っての通り…ザックレー総統が殺害された今 兵団内やこの壁内の情勢は不安定な状況にある だが貴様ら訓練兵には関係の無いことだ」
「109期訓練兵団は予定通り 巨人襲撃時のシガンシナ区防衛訓練を行う」

無気力な表情の訓練兵たち

キース「わかったのか?」
訓練兵「は はい!!」

キースがズィイと、一人の訓練兵に近寄り恫喝します

その後方で不満をもらす訓練兵たち

訓練兵
「…今更 剣で巨人のうなじを斬りつける練習なんてな…」
「もう巨人なんて襲ってこねぇだろ」
「敵は壁外の人間なんだぞ」
「それよか もっと銃火器の訓練して『エルディア軍』を作らなきゃいけないって親父も言ってた」

「時代は とっくに変わったってのに もう…古いんだよ シャーディス教官は」

スルマ(訓練兵)
「エルディアに希望があるとしたら イェーガー派が国の実権を握ることだ」

訓練兵「な…!スルマ…聞こえるぞ」

スルマ
「でもみんな そう思っているだろ?」

「みんなエレン・イェーガーにエルディアを導いてもらいたいはずだ 非情な決断をも下せるような 強い指導者に」

キースの耳にもその声は届いているも、視線を伏せます



連行されるハンジ
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

ギイイィ・・

キース「…な!? ハンジ!?」

扉が開き、訓練地に立ち入るフロックらイェーガー派、ハンジも連行されています

フロック
「お久しぶりです 教官殿」
「突然ですが この兵団支部は我々が占拠しました イェーガー派?とか言われている我々が」

「これより我々の指示に従い動いてもらいます」

ザワワ・・・
キースと訓練兵に銃口を向けるイェーガー派

スルマ「イェーガー派…」

キース
「身のほどをよく弁えているようだな フロック… 銃口でも向けない限り 貴様らのような小便小僧など誰も相手にしないと考えているのなら それは確かだ」

ドォ・・ギョン!

キース「ッ-!!」

キースの足元に銃弾を撃ち付けるフロック

ハンジ「フロック!?」

フロック
「外した… とりあえず足でも撃って 話を早くしようと思ったんですが…」

キース「話は何だ」

フロック
「イヤあなたには関係ありません 頭の固さしか取り柄の無い老人なんて不要なんですよ」

フロックの演説
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

フロック
「これからは 訓練兵諸君!!君達の時代だ!!」

「我々イェーガー派は 現在滅亡の危機にあるエルディアを救うために心臓を捧げると誓った!! それはこの古い兵団組織のためではなく この島に住む民のためにだ!! このまま時代遅れの兵団に従属していては 為す術もなく外の世界の敵に蹂躙されるのみだ!!」

「今 君達に問う!!君達は何者だ!?我らエルディアの指導者エレン・イェーガーと共に未来を生きる者か!? それとも ここにいるキース・シャーディスと共に古い慣習と心中する者か!?」

フロックの演説に反応した スルマら三人の訓練兵が集います

スルマ
「エルディアの未来のため 心臓を捧げます!!」

ババァ(擬音…w)と、敬礼するスルマたち

フロック
「よし!君達の覚悟を見せてもらおう! シャーディス教官を足腰立たなくなるまで痛めつけろ!!」

スルマ「…え」

フロック
「これこそが 我々が淘汰すべき悪習そのものだ!! 粛正してみせよ!!」
キースの胸板をドンと掲げるフロック

フロック
「それができない者は牢屋に入ってもらう!!」

訓練兵たち「なッ…!?」

ワザワ・・
ざわめく訓練兵たち

ハンジ
「いいかげんにしろフロック!!バカなマネはよせ!!」

キース
「ハンジ ヒヨッコ共が何人かかってきたところで 相手にならん」
反論するハンジを制止します



フルボッコされたキース
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

キース「うぅ…」
訓練兵達にフルボッコされ、地面に横たわるキース

フロック
「よくやった 君達を全員歓迎しよう」

「じゃあ…案内してもらいましょうか ジークの拘留地まで …ハンジ団長」

フロックの言葉に反応せず キースの前に立ち尽くすハンジ

フロック「オイ…行くぞ」


-牢に拘束されているミカサ、アルミン、ジャン、コニー、ブラウス一家
窓台に腰掛け、外を眺めているエレンの描写



 場面は変わり、リヴァイに捕らえられたジーク

ジーク「うッ…うぅ…」

ぼんやりと目覚めるジーク 目前にはリヴァイの姿

リヴァイ「目が覚めたか?」

ジーク「ぐ…!!」

リヴァイ「オイ 待て 動くんじゃない」

ジーク捕らえられる
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

リヴァイ
「雷槍の信管を繋ぐワイヤーをお前の首にくくってある ヘタに動いたらお前は腹から爆発して 少なくとも二つになるだろう」

自身の腹に刺さる雷槍を見て慄くジーク

ジーク「…… ウゥゴッ ゴホッ オゴ…」
驚愕した表情のジーク ズキッと痛みが走り嘔吐します

リヴァイ
「こうなると 死なねぇってのも難儀だな… 同情なんかしねぇが…」

「お前は俺の部下の命を踏みにじった お前の計画通り ゲロクソまみれで泣きわめくのもすべて計画通りか?」

ガスバクハツ
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

バス ガスバクハツ(今月の擬音〆w)

剣を抜き、ジークの足先からミンチに切り刻んでいくリヴァイ

「うああああああああああああ」
ジークが悲鳴をあげます

リヴァイ
「うるせぇな こうやって切っておかねぇてめぇが巨人になっちまうだろうが」

ジーク
「おッ…俺の…眼鏡は…どこ…だ?」

リヴァイ
「あ?知るかよ もうお前は眼鏡なんか必要ねぇよ」

ジークの意識が遠のく中、微かに浮かぶ”いつかの記憶”


●ジークの回想

クサヴァー
『いいぞジーク いい球を投げるようになったな』

幼少期のジーク、眼鏡をかけた男性と楽しそうにキャッチボールをしています

クサヴァーおじさん
出典:諫山創/「進撃の巨人」第28巻113話

クサヴァー
『将来は野球選手になるか?』


ジーク
「…だめだよ クサヴァーさん 僕には… 使命が…あるから」



”わかり合えない者にも 命を懸ける理由がある…”

-『進撃の巨人』ネタバレ114話へ続く-

今月の一問一答
今月号の一問一答

Q:ミカサは、なぜ髪を切りましたか?
A:「その前は少し伸びていてポニーテールでした。
不慮の事故で結び目が切り落とされました。」

関連記事

進撃の巨人ネタバレ漫画全巻
『進撃の巨人』ネタバレのあらすじ感想や考察を、第1巻から最新話まで、全ての話数を一覧でまとめています。 ▼「進撃の巨人」ネタバレ全巻もくじ 第1巻~第5巻...
進撃の巨人の最終回の結末
2009年より連載開始され、爆発的な勢いで大ヒット漫画となった『進撃の巨人』が、ついに終わりを迎える- 2018年11月18日放送の「情熱大陸」では、最終章へ突入した...
『進撃の巨人』年表・時系列まとめでは、『進撃の巨人』の世界において現在判明している事実と出来事を、分かりやすく時系列にまとめています。 「進撃の巨人」最新話までのネタ...
進撃の巨人考察 壁の外のまとめ
『進撃の巨人』86話にてエレンたちが辿り着いた地下室では、グリシャの手記の内容から「壁の外の世界」が一気に解明しましたね。 古代大国マーレ、エルディア帝国など、これま...
九つの巨人
『進撃の巨人』に登場する巨人とは、何のために生まれたのでしょうか? 巨人の種類や特徴、知性巨人「九つの巨人」の正体(継承者)と能力、さらには巨人化するプロセスや液体な...
進撃の巨人アニメ全シリーズまとめ
こちらの一覧では、2019年4月よりNHK総合にて放送スタートするアニメ『進撃の巨人Season3』第2クールのネタバレ予想から、2015年10月放送の『進撃!巨人中学校』...
スポンサーリンク

347コメント【進撃の巨人】ネタバレ113話最新「暴悪」<あらすじ感想と考察>114話

  1. カニカマ より:

    こちらの記事は、別冊少年マガジン2月号(2029年1月9日発売)発売後に更新を予定しています。

    _人人人人人人人_
    > 2029年 <
     ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄

    67+
  2. 進撃の兵士 より:

    東京オリンピック終わってるがな。

    93+
  3. 進撃の兵士 より:

    進撃の最終回も終わってそうだな
    しかしこれだけ展開して2~3巻で収束できるんかね
    間違いなく30巻はオーバーしそう

    254+
    • 停滞の小人 より:

      35巻ぐらいまではいくでしょうね
      最初の頃は25巻前後だったような
      去年は、今年中に終わるのかと期待してたのに
      終わる終わる詐欺かな
      モチベ下がったなぁ~

      243+
  4. 進撃の兵士 より:

    今日はリヴァイの誕生日だぁー!

    191+
  5. 進撃の兵士 より:

    リヴァイ強すぎる。ジークが弱いのか?
    ジーク人質にしてエレンと交渉とかありえそう。いやでも112話でジークを食わせるって言ってるしやっぱヒストリア以外の誰かに食わせるのかなあ

    209+
  6. 進撃の兵士 より:

    ジークさん…何故巨人30体程度で勝てると思ったのか。。

    254+
    • 進撃の兵士 より:

      ほんま。前回は平地で討伐したのにねw

      211+
    • 進撃の兵士 より:

      巨人化させたのが仲間の兵士だから躊躇すると思ったんじゃない?
      結局怒らせただけだったけど

      143+
  7. 珍劇の巨人 より:

    今回はバレ早いね。千切れたジークの回想に出てきた丸眼鏡って先代の猿巨人なのかな?腹に雷槍刺したままとかリバイは、エグいな。

    188+
  8. 進撃の兵士 より:

    ジークよ、あれだけリヴァイにズッタズタにされたのになぜ足止めして逃げなかったんだ…
    巨人化させた意味ないよね

    224+
  9. イェーガー派のテオ・マガト より:

    「ジーク お前は これをどう見る?」
    「リヴァイに制圧こそされましたが 彼の作戦は上手くいかないでしょう パラディ島勢力が保持する巨人化薬は 全て私の脊髄液ですから 無垢の巨人は私の命令を聞きます このままエレンを待つべきです」
    「ダメだ カードの切り所を間違えれば負けだ」
    「…⁉︎」
    (マガト隊長 !「奴」が現れました!)
    「奴とは?」
    「エルディア国の新巨人 アルミンだ」
    「‼︎」
    「奴は勝利のためならレイスに喰われる覚悟ができてしまう 「九つの巨人」の所有者といえどな」
    「まさか…」
    「では… 使命を果たし 始祖と共に… 帰ってこい」

    226+
  10. 進撃の兵士 より:

    もし、リヴァイがジークをどっかに連れて行った後に、イェーガー派に脅されたハンジが森に到着したら、ハンジに順番がまわってきてしまうような…

    208+
  11. 日本の兵士 より:

    子供ジークが名前言ってる丸眼鏡って、日系ぽいね草場?かな?

    194+
    • 進撃の兵士 より:

      Xaver(クサヴァー)
      っていうドイツ男性名があるらしい。
      ドイツ語読みに近い、日本で馴染みの音は、ザビエル

      255+
  12. 進撃の兵士 より:

    イェーガー物語の始まりか

    206+
  13. 進撃の巨人 より:

    ユーチューブにネタバレあがって一瞬だけみたが、ジーク可哀想やな…
    夢よりも使命を優先せなあかんなんて悲しすぎるわい
    因みに漫画は、ちゃんと買っています

    214+
    • 進撃の兵士 より:

      クサヴァーは顔つき東洋人っぽいから、アズマビトでキヨミの関係者なんだろうな

      129+
  14. 進撃の小人 より:

    ネット見てもリヴァイ死亡説があがってるからもう嫌なんですけど

    203+
  15. 進撃の兵士 より:

    ジークって臭いし汚いし不細工らしいぞww

    155+
  16. 進撃の兵士 より:

    諫山創先生結婚おめでとうございます。
    幸せなご家庭を築いてください。

    128+
  17. 進撃の兵士 より:

    なんでユーチューブに113の一部出てるんですか?

    68+
  18. 進撃の兵士 より:

    リヴァイさんもう刃残ってないやん…

    161+
  19. 停滞の小人 より:

    今更ですが、
    敵国に放った巨人の後始末はどうやったんだろう
    「九つの巨人」が一匹ずつ倒したのか?

    そして、平成最後の あけおめ(^^)/

    184+
  20. 進撃の兵士 より:

    あけおめ~
    諫山先生の年末結婚報告、平成最後にビックリしたわ
    非リア充として負のエネルギーを糧に進撃の巨人描いてるって言ってたから、終わってから結婚すると思ってた
    「僕が非リア充じゃなかったら、誰が非リア充なんですか!」って激昂してのにな…いい出会いがあったんだろうな

    170+
    • 進撃の兵士 より:

      まあ、急に方向転換するってのは大抵デキ婚だろ
      ヒストリアの懐妊も影響してたら嫌だな

      161+
      • 進撃の兵士 より:

        いやじゃないよー。重なるね。

        諌山先生、おめでとうごさいます。美味しいもの作ってもらって、も少し太ってください。ライナーはもっと太マッチョがイメージに近いです。

        71+
  21. 新入りの巨人 より:

    ジークさん、一か八かで自ら雷装発動。下半身喪失するも死亡せず。爆破の余波でリバイ死亡。

    189+
  22. 進撃の兵士 より:

    ピンチの場面で回想とかアニのデジャブや()

    157+
  23. 進撃の兵士長 より:

    リヴァイには存在意義がまだあるし、死亡した後の後始末、ファンの悲鳴のことも考えるとまだ生きるかなぁ(小並感)
    存在意義の無くなりかけているのはナイルとかだからなぁ

    178+
  24. 進撃の兵士 より:

    「進撃の巨人」2019年も 注意深く
     読まないと、

    『ボーッと 読んでんじゃねーよ!!!』
    と、イサちゃんに叱られる

    56+
  25. 進撃の兵士 より:

    ホントに刃が残って無かったらイェーガー派に殺されるかもしれないのか
    自分達が命懸けで守ってきた相手に殺されるとか進撃じゃありうるしなあ…

    178+
  26. 進撃の兵士 より:

    さすがに万一のために武器は多めに搬入してると思うけどなあ

    156+
  27. 進撃の兵士 より:

    韓国語読めないけど軍艦の場面はこれからパラディに攻めてくるってことなのか、普通に今まで攻めてきた軍艦なのか。。

    135+
  28. 進撃の兵士 より:

    なんでキースおじさんボコボコにされてんの…

    137+
    • 進撃の兵士 より:

      「犠牲或いはイェーガ派の生贄になるのは自分だけでいい」みたいな?

      148+
    • 進撃の兵士 より:

      フロックが巨人と戦う術なんてもう教わる必要はない自分に賛同する奴はキースをボコれって命じて結果賛同者にボコられた

      137+
  29. 進撃の兵士 より:

    リヴァイ強い!あの異常な強さが健在なのは嬉しい。
    アッカーマンの宿主関係の話なんてなんのその。あそこまで
    強いと逆にどうやったら死ぬのか?どこかでリヴァイをが死ぬとしたらどういうシチュエーションなるのか想像つかない。
    そして今回のリヴァイは残酷。部下や仲間をことごとく巨人にされた深い悲しみと怒りを考えたら当然だけど。

    214+
  30. 進撃の兵士 より:

    [悲報]ジーク、三度目の正直ならす

    165+
  31. 進撃の兵士 より:

    ピクシス、ジークの特性ワインを摂取してしまった説

    180+
    • 進撃の兵士 より:

      ナイルとファルコもビビっときてる描写あるね
      ジークの叫びは声が届かなければ巨人化しないが、波動は伝わるってことか
      マーレ軍も島に上陸してるっぽいし、まじパラディ内紛してる場合じゃないのに…

      199+
  32. 進撃の兵士 より:

    いっそのこと、壁内人類皆巨人化展開を希望

    160+
  33. 進撃の兵士 より:

    実はリヴァイもビビッと来てましたね、112話で。巨人科学の副産物アッカーマンは既に巨人であると考えれば、ジークの叫びであらためて巨人化する事は無いのかも。

    187+
  34. 進撃の兵士 より:

    「もう巨人は攻めてこない」ってまさにそうだし、訓練兵がまず巨人を斬る訓練させられる意味がわからんのは共感できる。駐屯兵団の偉い人も「老いぼれと高給取りはいらん」と言って前線出てたし。

    それにしてもイェーガー派の情報戦の上手さが光るな。新聞社記者の若いほうもたぶんイェーガー派だよね。ザックレー爆破後に「心臓を捧げよ」と言い出したのは彼なのでは?

    この先、巨大樹の森に案内されたフロックがジークいないのを確認してすぐにハンジを銃撃しそうな予感…

    206+
  35. 進撃の兵士 より:

    潜入してたピークもビビッとなって、「パラディに寝返ったはずのジークがなんで?」ってなりそう。またリヴァイからジークを救うかも。

    167+
  36. 進撃の兵士 より:

    ちょっとでも動いたら即爆発するものがすぐ近くにあるのに
    危ないだろリヴァイ…

    181+
  37. 進撃の兵士 より:

    獣の横にある無垢の顎がピクッってなってるな
    まだ死んでないのかな?

    174+
  38. 進撃の兵士 より:

    ふと思ったが、アッカーマンて巨人化を止める抗体になるんでは。

    180+
  39. 進撃の兵士 より:

    バス!ガスバクハツ!

    134+
  40. 進撃の兵士 より:

    次回、本土決戦

    141+
  41. 進撃の兵士 より:

    ついにマーレ軍上陸してきたよ……
    宣戦布告までの件もそうだけど、何も手を打たない壁首脳部が、マジで、マジで、無能すぎる。
    今回も限界まで待って動いた、イェーガー派とジークの行動も当然と思う。

    166+
  42. 進撃の兵士 より:

    軍はまだじゃない??そのコマは
    the war potential ~ will soon gather upon this island.
    だからもうすぐってことかな。

    慎重になりすぎて崩壊した感じ。109期にイェーガー派入りたいならキースぼこせも怖いし、パラディ島が良い未来に進んでいるとは思えないなあ。ジークが使命果たすのと、リヴァイがエルヴィンとの約束を果たすのは両立できないし、どっちになることやら。

    217+
  43. 進撃の兵士 より:

    ピーク「私の出番はまだ?」

    160+
  44. 進撃の兵士 より:

    自分も、世界の軍隊が大挙して押し寄せてくるシーンは、ジークの予想する近い未来だと理解しました。時間や選択肢があると思ったら大間違い。もうすぐこうなるよみたいな。
    ジークの「真の意図」は今回も明らかにならなかったですね。
    言ったところで多分誰も理解しないだろう。理解しているのはエレンと自分だけみたいに語っている。
    それにしてもリヴァイはカッコ良いですね。
    かっての部下が巨人化してしまい彼らを殺すことなんて出来ないだろうと踏んだジークの予想を見事に裏切り、今まで何人の仲間を殺してきたと思ってんだ?みたいな、まるでエルヴィンにも劣らない悪魔っぷり。おまけに鮮やかな太刀裁きでジークを削いでいく様もほれぼれするくらいかっこいい!

    230+
  45. 進撃の兵士 より:

    リヴァイ兵長は流石でした。
    キース長官が可哀想すぎる。
    エレンにはもうこのまま暴れてほしい。
    ライナーくんはいつ来るんでしょうか?

    173+
  46. 進撃の兵士 より:

    ジークが目覚める直前のリヴァイ像、私服?服装が違くないか(襟元の形がマントのフード部分じゃない)?エレンのモノローグか?

    155+
  47. 進撃の兵士 より:

    リヴァイが死ぬとしたら
    リヴァイvsエレン一派の時に、追い詰めたところで、ミカサがエレン救いに来て、隙をつかれてアッサリとかありそう

    134+
  48. 進撃の兵士 より:

    なんか余計にリヴァイの死亡フラグが濃厚になったような気がするのは俺だけか?
    何気に刃も使いきってるし

    173+
  49. 進撃の兵士 より:

    ブレードって補充できるのかと思ってたけど。
    森にも補充品はあっただろうし。部下が巨人化したときに
    木の上においてあった雷装を取りに行って装備してたり。

    168+
  50. 進撃の兵士 より:

    ハンジさんをどうするつもりだ フロック…

    162+
  51. 進撃の兵士 より:

    ピクシスがボコられたと書いてるネタバレサイトがあったけどキースやんけ
    同じハゲだけど

    164+
  52. 進撃の兵士 より:

    キース再登場との、嬉しいコメントがちらほら。
    キースのモデルは、あの 江田島平八に違いないので、

    『わしが 元調査兵団団長 キース・シャーディスである!!!』
    と、大復活するであろう!

    136+
  53. 進撃の兵士 より:

    あの丸眼鏡のおっさん、やっと出てきたか
    ジークがグリシャとダイナをマーレ当局に告発した回想で如何にも重要キャラみたいな感じで登場した割には名前含めて今まで一切掘り下げられなかった謎キャラではあった

    191+
  54. 進撃の兵士 より:

    ひとまずリバァイの勝ち、あんまり長生きできそうなキャラクターじゃなさそうだけど、ケニーの時みたいにアッカーマン同士で何らかの話を託すまでは生きていく気がします
    つまりはミカサと合流した辺りが死に時

    174+
  55. 進撃の兵士 より:

    ナンバー2のミケさんでも数時間かけて数体倒せるかぐらいなのに
    リヴァイ兵長は30+戦士長勤めるジークまでフルボッコとか強すぎて笑うわ
    心配したのがアホらしい

    187+
    • 進撃の兵士 より:

      ミケの場合平地だったっていうのもでかいと思う。リヴァイが強すぎるのは同意だけど

      172+
  56. 進撃の兵士 より:

    ワイン飲んだ幹部の中にジークが叫んでも巨人化しない奴がいそう、そいっつが壁の黒幕だったりィ

    125+
  57. 進撃の兵士 より:

    ガス バス 爆 発 バス 爆 ガス 発 ガス 爆 バス 発 
    バス ガス バス 発 ガス バス 爆 バス う~ん…

    115+
  58. ジャニー より:

    ジークプラン何時まで引っ張るんだよ、理解されなくて良いからyou話しちゃいなよ。

    139+
  59. 進撃の兵士 より:

    ジークはお約束の日時までに約束場所に行けそうにないですね。
    エレン待ちぼうけ?
    きっとシガンシナなんだろうけど。
    初めてジークとエレンがあった場所かな?

    148+
    • 進撃の兵士 より:

      エレン「ジークおっそ!」
      イェーガー派「もしかして道迷ってんじゃね?」
      リヴァイ「よう、エレ~ン(ジークを引きずりながら)」
      エレン&イェーガー派「!?!?!?」

      エレン達が何したいかわからんが土下座しながら計画話して協力してくれるように頼んだほうがいいわ
      知性巨人すら雷槍できてからジャン達でも倒せるレベルまで差縮まったのに調査兵団フル戦力相手に勝つとか無理だろこれ
      だからワイン作戦やったんかな?ジーク汁普及しすぎな気もするが

      168+
  60. 進撃の兵士 より:

    突如部下がいっせいに巨人化するという状況に戸惑い彼らの攻撃をかわし続けていたリヴァイだけど、そんなこと続けていられるわけもなく彼らを皆殺しにする選択をする。その時の悲しみを湛えたリバイの目。リヴァイの心が泣いているようで胸をしめつけられました。

    200+
  61. 進撃の兵士 より:

    今回の感想
    リヴァイとジークの流れがもはやコントにしか見えなかった

    今後の予想
    距離は不明だが、ジークの叫びに体が反応してる兵士が多かった
    恐らく叫び声の練習?をして練度を上げている
    ジークプランは未だに不明だが、真の目的はパラディ島のエルディア人を巨人化させてマーレと戦わして共倒れを狙っている
    ここでお互いの戦力が弱まった所でアズマビト家が仲裁に入り良いとこ取り
    マーレとパラディ島はアズマビトの支配下になり、パラディ島の物資提供を条件にエルディア人が解放されると思う

    189+
  62. 進撃の兵士 より:

    あの丸メガネのおじさんは腕章の色からするとやはりマーレの戦士、獣の巨人の前任者なんだろうね。ジークは巨人とメガネを引き継いだんだね。
    いかにして今のジークになりえたか。今のところグリシャの記憶くらいしか過去のジークを知る術がないけど今後描かれそうだね。あのメガネにどんな意味があるのか?お涙頂戴のエピソードがあるのかな。
    ジークは、エルディア復権のために多くの同じユミルの民をためらいなく殺しているように見えるところは、エレンクルーガーに似てますね。ジークも思いを遂げずに誰かに託して使命を終えるのかな。

    198+
  63. 進撃の兵士 より:

    血まみれのリヴァイ怖すぎる
    一瞬、暴悪ってリヴァイのことなんじゃ…と思ってしまったよ

    ジークに頭千切られた巨人生きてそうで不安だな

    165+
    • 進撃の兵士 より:

      シガンシナ区の時も血まみれだったよね

      あの巨人が生きてても別に平気じゃね?

      176+
    • 進撃の兵士 より:

      引きちぎられててもうなじが残ってれば再生できるんだよね。
      ハンジやフロックたちが森にいったところを襲われるのかも。

      173+
    • 進撃の兵士 より:

      ジークは叫びで無垢巨人にしてるが、命令は道を通じて意思だけで出来るのかもね
      ピクッの巨人はリヴァイ&ジークの元に行くのか、イェーガー派&ハンジを襲うのか…
      どう使うか楽しみだが、立体機動訓練を時代遅れと罵ったスルマ君を襲ってほしいわ

      109+
  64. 進撃の兵士 より:

    いつか見れるであろう、ヒストリアの獣の巨人姿が楽しみ

    140+
  65. 進撃の兵士 より:

    キースは、フルボッコにされても 立ち上がるのです!
    そして、「おっと、大事なことを言い忘れておった。」
    『わしが 元調査兵団団長 キース・シャーディスである!!!』

    この大絶叫で、ガラス窓が何枚も割れ、飛んでいた鳥が墜落するー
    キースの叫びは、ジークの叫びを 凌駕するのである!

    133+
  66. 進撃の兵士 より:

    キースかわいそうwwwww

    121+
  67. 進撃の兵士 より:

    あの生き残ったっぽい無垢の巨人がジークを食べるんかな

    130+
    • 進撃の兵士 より:

      ご主人様を食べることはないんじゃないか?
      むしろ、ジークの脊髄液じゃない巨人化薬をどうやって兵団が入手するのか気になる。

      148+
  68. 進撃の兵士 より:

    リヴァイ強すぎ
    切り替えの速さが尋常じゃない
    卓越した運動能力にくわえて瞬間的な判断能力にまで優れていたらもう手のつけようがない

    倒すには立体物の無い平地に追い込んで近代兵器で囲んでからの集中砲火しかないだろ

    154+
  69. 進撃の兵士 より:

    ミカサの髪型変更の回答が不慮の事故で髪が切り落とされたってらんまのあかねみたいな髪型の変わり方だね
    スクールカーストの髪型が好きだな

    164+
  70. 進撃の兵士 より:

    アンカがワイン飲んでないんだね
    元仲間巨人に囲まれてアンカ補食とかやだなあ

    155+
    • 進撃の兵士 より:

      アンカは書類を落としていない。しっかり持っているからワインは飲んでなかったんだとおもっました。もう一人男性兵士で書類をきちんと持ってる人がいるので彼も飲んでなかった模様。

      186+
      • 進撃の兵士 より:

        他のみなさん、どんだけアル中!?

        一般の日常でほ考えられぬ。

        111+
        • 犬死の兵士 より:

          酒が唯一の娯楽かもしれないけど、オニャンコポンを見張ってた兵士も飲んでたし、勤務中に飲酒とかホントどうかと思うw
          そりゃマーキングされますわ

          104+
        • 進撃の兵士 より:

          日本じゃ考えられないけど、欧州では昼でもワン飲んでる人多い。ワインはアルコール感覚ないかも。?

          93+
  71. 進撃の兵士 より:

    リヴァイを勝たせたってことはジークは二重スパイではなく
    完全にエルディア側か
    ある意味また内乱編でライナーたちが突っ込んできて最終決戦かな

    138+
    • 進撃の兵士 より:

      ジークは決してマーレ側の人間ではないでしょ。
      自分こそ真のエルディア復権派。ただ両親のようなやり方ではとうていエルディアの復権なぞなしえない、と考えている。
      エルディアを復権させたい気持ちは同じはずなのに、そこに至る手段についてはパラディの人たちとはわかりえない方法を考えているんだと思う。

      182+
  72. 進撃の兵士 より:

    今回はリヴァイ名場面の一つですね。是非アニメ化を!

    162+
  73. 進撃の兵士 より:

    最終決戦は敵味方入り乱れて複雑で混沌とした状況になりそう。

    ライナーたちマーレの戦士も自分たちの置かれた状況が危ういものだとわかってる。巨人兵器としての存在価値がなくなれば皆殺しにされるかもしれない。自分たちの未来は暗闇・・・マーレに従っていても自分たちに安寧の時が約束されるわけではない。今のライナーは決してパラディ島の敵ではないと思う。
    早くになくなったマルセルは巨人の継承を単純に名誉とはとらえておらず、弟は継承できないように工作している。弟はせめて救ってやりたいとの気持ちで。その弟の代わりに鎧を継承したライナーにずっと申し訳ないという気持ちがあったから、ユミル巨人に食べられそうになった時何のためらいもなく身代わりになった。ライナーへの贖罪の気持ちから。
    ベルトルトも「そんな夢があるのに巨人を継承しても良いの?」とライナーに問うている。
    アニも「マーレもエルディアもみんな自分勝手で嘘つきでくそっ!」と言っている。
    そしてマガト隊長・・彼はマーレ人でありながら、自分たちがエルディア人にたいして行っている仕打ちを不当で酷いものと考えていそう。「エルディア人は悪魔の末裔だろう?」というヴィリー・タイヴァーに対して「そう。我々は悪魔だ」と自分たちも悪魔であると語っている。ニコロもエルディア人の女性を愛した。
    そしてガビとファルコ。

    これだけ見ても誰がどういう行動にでるかなんて予想できない。どういう旗のもとに誰が集いどういう手段に出るのか?

    198+
  74. 進撃の兵士 より:

    刃もガスもない→キャンプ地に戻って補給しよう→道中生き残っていた巨人に襲われる→ジークのラジコン巨人vs素手リヴァイ

    164+
    • 進撃の兵士 より:

      多分、ジークに刺した雷槍で ピクっ と巨人を倒すけど、ジークに逃げられる。

      120+
  75. 進撃の兵士 より:

    野球で夢ってプロリーグがあるのか 

    139+
  76. 進撃の兵士 より:

    フロックがあの生きてるっぽい巨人に喰われたりし
    ジークの命令がなければ普通の無垢の巨人と変わんないだろうしな

    150+
  77. 進撃の兵士 より:

    イエーガー派のフロック他はジークの居場所を探してるけど、エレンがそれを知る必要はなかったことが以下のセリフで判明。

    「この森を抜ければすぐにお前の元だ」
    「しかし時間と場所、覚えているんだろうなエレン」

    つまりエレンはイエーガー派にも本当の狙いを話していないから、まだ一波乱ありそう。少なくとも他の全員がジークとエレンの手のひらの上にいるのは間違いない。

    208+
  78. 進撃の兵士 より:

    なんだかエレンにもエレンなりの考えがありそうだな。

    167+
  79. のの より:

    兵長、最高です‼早くジーク危ないから、とどめを指しちゃってください‼

    157+
    • 進撃の兵士 より:

      その通りです。ジークさえいなくなれば、壁内人類はジークの脊髄液ワインの脅威から解放されます。兵長お!

      99+
  80. 進撃の兵士 より:

    壁の巨人は外に行くのか中に行くのか

    167+
    • 進撃の兵士 より:

      (ピクシス)それは由々しき問題じゃ
      してエレンよ、方向転換は可能じゃろうな?

      117+
    • 進撃の兵士 より:

      それ、気になる!
      昔の書物に描かれてる絵はたしか外側向いて立ってたけど、崩れた壁からチラ見えした巨人は内側向いてたもんね
      くるっと方向転換すんのかな?
      なんか不自然~

      97+
  81. 進撃の兵士 より:

    なんだろう…フロックが訓練兵達を勧誘した時の発言内容「これからは訓練兵諸君の時代だ~エルディアの未来の為に心臓を捧げます」の部分にすげー共感してしまう。
    日本も閉鎖的で時代遅れの常識と偏見に凝り固まったアホな老人共に支配されているからだろうか?

    202+
    • 進撃の兵士 より:

      仲間になるならキースをボコれって、
      ちょっと気分悪いな。方向性は違っても
      同じ島に住む同じ種族だろ。

      137+
      • 進撃の兵士 より:

        逆に、違う場所に住む異なる民族ならボコって、同じ場所に住む同じ民族ならボコらないというのも違和感ある。ユミルの民だって、諸外国の軍事同盟だって、一枚岩じゃない。

        122+
  82. 進撃の小人 より:

    リヴァイの強さが尋常じゃなさ過ぎて感動した
    フロックの変わりようがすごい
    フロックこそ洗脳されてるんじゃない?

    186+
  83. 進撃の兵士 より:

    しつこくてごめん
    ぼんやりとしたリヴァイのコマ、
    首と襟元の形からして私服っぽく見えるんだけど

    気のせい?

    152+
  84. 進撃の兵士 より:

    巨大樹平気で登ってあのスピードで動けるってジーク産の無知性巨人はかなり強いように感じた
    あの状況じゃミケとミカサでも良くて1~5、最悪1体も倒せずいやだぁ、やめて~ぐらいにしか思えない
    それで無傷でジークまで討伐とか困惑したわ

    175+
    • 進撃の兵士 より:

      何の軍事訓練も受けていない「単なる民間のエルディア人」と、極度に肉体を酷使する立体機動兵器を使いこなす為に命を懸けて「超人的な肉体と技術を身に着けた兵士」とでは、同じ巨人になるのでも仕上がりは違うのかもしれない。
      いわゆる基礎スペックの決定的な差。

      そう考えると、パラディ島の各兵団の兵士から巨人候補を多数集めて髄液ワインを振る舞って、世界各国の軍がパラディに攻撃仕掛けたらジークにワーッと吠えて貰って、驚異的な運動能力を持つ巨人軍団をぶつけるという戦術も考えられそうだけど、ストーリー的には無いのかな。

      ところで、何となく疑問に思ったんだけど、ジークは自分が作った巨人を元の人間に戻す事はできないのかな?
      マーレが中東連合の要衝を攻撃した時(ガビが丸腰でトーチカに近づいて列車兵器みたいなの破壊した戦争)、空から多数のエルディア人を巨人兵器として巨人化して投入してたけど、あの巨人達を元に戻す描写はなかったよね。
      使い捨てじゃなければ、ジークはまだ隠し玉がたくさん残ってそう。

      233+
  85. 進撃の兵士 より:

    生き残った無垢が向かうのはシガンシナ区?
    門は閉じてる?

    162+
  86. 進撃の兵士 より:

    つーか巨人討伐の訓練をまだやってたことに驚愕だわ
    キースも頭が固いわけじゃないからやってることが無意味なことくらい分かりそうなもんだが上層部の指示で教官やらされてんのかな?

    172+
    • 進撃の兵士 より:

      エルディア人(ユミルの民)が居る限り、巨人出現の
      恐怖は去らない。
      その事を、キースはグリシャから聞いて知っていた。
      ので、巨人討伐の訓練を続けていたと考えられます。
      他にも、キースは 重要な事を知っていると思います。
      ただの「傍観者」ではありません。

      『わしが 元調査兵団団長 キース・シャーディスである!!!』

      163+
  87. 進撃の兵士 より:

    潔癖症、ドS、ドチビ、めちゃめちゃ強い、巨人と戦ってるような兵士がビクビクするほどおっかない
    リヴァイと付き合えるまんさんってハンジさんぐらいしかおらんわ

    180+
  88. 進撃の兵士 より:

    ライナー、ピーク、アゴの残り物は調査兵団に始末してもらって
    軍隊にはジークの岩投球をメインに減らしつつエレンとアルミンまで投入できるとか
    なんか地ならし使わなくてもいけそうな気がする

    172+
  89. 進撃の兵士 より:

    地ならしまだー?

    131+
  90. 進撃の兵士 より:

    読んだ読んだー
    うーん、リヴァイやっぱ最強だな~!男から見てもカッコいいわ
    それに引き換え、フロックの小者っぷりがすごいねw
    過信しすぎてロクな死に方しなさそうだ

    177+
  91. 進撃の兵士 より:

    先が全く読めない。

    147+
  92. 進撃の兵士 より:

    マーレが攻めて来た時に壁内の人々を巨人に変えて戦わせる展開はありそうだな

    147+
  93. 進撃の兵士 より:

    エレンとジークはこうなることを予想して、以前から待ち合わせしてたなら、フロック達とジークの居場所を探ってるのって矛盾してるんじゃないかな?
    イェーガー派の誰も気付いてなさそうだしなんか違和感があるなぁ・・・

    170+
  94. 進撃の兵士 より:

    エレンは本当に待ち合わせ場所と時間を覚えてるのかな?
    ジークが兄貴ぶって言ってるだけならいいけど、マジで忘れて居場所聞きまわってたら笑える
    まあさすがにないだろうが

    143+
    • 進撃の兵士 より:

      エレンとジークは待ち合わせ場所は決めてるけど、リヴァイに監視されてるジークが来れない場合を想定して特定すると言ったものだと思ってた
      ジークはリヴァイが仲間を殺せないと思ってたようだが、エレンは仲間を犠牲にしてきたのを知ってるからな

      122+
  95. 進撃の兵士 より:

    クサヴァ―さんは、まだ生きているのだろうか?
    もし 亡くなっていたなら、草葉の陰からジークを
    見守っているのだろう。
    と、10人中 9.9人が思ったに違いない。

    196+
    • 進撃の兵士 より:

      クサヴァーさんは名誉マーレ人、つまりマーレの戦士。
      9つの巨人のどれかを継承した人だけど、その巨人すべてに別の所有者がいるということはすでに亡くなってる。多分ジークの前の獣の所有者。

      228+
  96. 進撃の兵士 より:

    ピクシスは口では反応してないって言ってるけど手が震えてカップ落としてる
    ハンジはジークの脊髄液をファルコが含んでるからジークが叫んだ事に気が付いた
    でもピクシスの場合、普通なら叫びの症状もワインの件も知らないはずなのにジークの叫びだとすぐに察した
    酒好きのピクシスがワインを飲んだ可能性もあるけど、ジークの叫びだと察したのが引っ掛かる
    過去にエレンが叫んだ時にユミル達が反応したように脊髄液関係なく知性巨人は反応する仕組みだとすると、やっぱりピクシスも巨人能力者ではないか?
    既に9つの巨人が明白で、残りの巨人と言えば大地の悪魔くらいしかいない
    その大地の悪魔がピクシスで、ジークとエレンの本当の目的が大地の悪魔を誘い出す事だとすると、ここまでの犠牲を出してまで作戦を実行する理由が分かる
    ピクシスが大地の悪魔だったら、間違いなくエレンは衝撃を受ける
    何故なら初めて見た巨人化したエレンを見ても恐れず、大砲を止めて命を救ったあのピクシスだから
    その衝撃が強すぎて冒頭でエレンが見た夢に登場してるハゲ巨人こそがピクシスではないかと予想
    背景は森、恐らく兵士が無垢の巨人になった場所
    その現場にピクシスが行き、怒りで巨人化してる場面かもしれない
    周囲の木のサイズと頭のサイズは明らかに一致しないので、本にも描かれてた2~3頭身の大地の悪魔に違いない
    そうなるとジークとエレンが気にしてる時間とは、大地の悪魔を殺れるタイムリミット?
    二人しか知り得ない情報も、同じ父親のグリシャが秘かに調べていた大地の悪魔の存在や居場所だろうか
    だとすると市民ではなく兵士や上官達にだけワインを飲ませたのも辻褄が合う
    今度はパラディ島で巨人大戦(ピクシスをリンチ)が始まりそうだ

    195+
    • 進撃の兵士 より:

      追記
      ピクシスが巨人能力者である可能性が高い伏線は数多く存在する
      その中でも一番分かりやすいのがOVAの料理対決

      ピクシスがサシャの肉を食べたシーン
      冗談混じりの大げさな演出ではあるが、今見返すとありえそうなヒントが多い
      地割れ←地ならし
      オーラ←エレンも叫びの時に出していた(アニメ2期)
      目に影がかかる←エレンの夢に出てた巨人の表情そのまま
      目が光る←目に何かしらの能力
      巨大化←巨人化の能力
      酒←己の暴走を抑える精神安定剤の役目

      その他の演出も興味深い
      ミカサ、ジャン、アルミン、コニー、ヒストリアがピクシスを止めようとする
      この場にサシャが居ないのは死亡、エレンが居ないのはもう仲間ではないという意味
      そしてヒストリアが唯一ピクシスに対抗できた、これは王家の力の演出かもしれない
      最後に進撃の巨人で唯一宇宙を映した場面、これが全ての答えだと考えている
      始まりは地球外生命体が何らかの原因で地球に降り立ち、最初の寄生対象がユミルフリッツ
      その後マーベルコミックにいるヴェノムのような展開で巨人が誕生したと予想
      実際、体を負傷しても再生できたり、脊髄液により巨人を増やせれるし、補食が本能である所、本体の性格や外見で姿が変わる
      巨人化するギミックも魔法ではなく細胞レベルまで考えられていてヴェノムとよく似ている

      書き出したらきりが無い…
      まあ要するにピクシスはこの物語に置いてかなり重要な人物にはかわりないと言う事

      192+
  97. 進撃の兵士 より:

    先を見るのが恐ろしいや…取り敢えずフロックお前は氏ね

    133+
  98. 進撃の兵士 より:

    ジークは下手すると分身まで作れるとか?そういう伏線?

    152+
  99. 進撃の兵士 より:

    キースがフロックに対して最後まで自分の考えを押し通したことに影響されて、ハンジさんがジークの居場所を教えなかったら拷問されちまうよ。ヤバいぞ‥

    165+
  100. 進撃の兵士 より:

    ジークが巨人をちぎるときの擬音がブチコロスになってたww

    144+
  101. 進撃の兵士 より:

    次回は多分ジークの回想シーン?
    いろいろ回収できそうで期待大!

    しかしここでジークは死ぬのだろうか?
    対世界線を考えるといた方が頼りになるキャラだが。
    でもまたピークちゃんに助けられたらつまんないなー。

    アルミンミカサ達は、エレンが考えうる最も安全な場所(牢屋)で逆に守られているんだと思った。

    188+
  102. 進撃の兵士 より:

    ジークの表面上明るいややおちゃらけた部分はクサヴァーの性格を受け継いでいて、本来は読書好きな虚無主義な性格なんだと思う。

    162+
  103. 進撃の兵士 より:

    ジークの「レベリオの奇襲の成功で勘違いさせてしまった」、これはフロックだろうな。やっとわかった、フロックがズレている理由。他は誰も考えちゃいない。情報を全部知っている軍部は「ジークを信用できるか」それだけだった。

    理由は、軍部は「壁内人類の存続に心臓を捧げる」とは言っても、ジークに心臓を捧げるとは誰も誓っていない。エレンならありかも。ならば計画を全部知っているフロックはエレン支持者として頭をとりたきゃ、率先してワインを飲むべきだった。フロックは自分の手は汚さない。ここは今後何かありそうだな。「ピクッ」で再生した巨人に翻弄されるとか。

    ハンジさんがキース教官をみてなかなか動かなかったのは、サネスの「順番」を想像したか。でも、ジークを見張っている調査兵団はリヴァイを残してみんな巨人になってしまった。元は訓練兵だからか巨人化しても強いのに無敵のリヴァイ、感動した。特に仲間思いの彼が、殺すことを決意したシーンはジーンときた。さすがエルヴィンに「死んでくれ」というだけのことはある。諫早先生感動をありがとう。

    とにかくリヴァイが死ななくて本当に良かった。あとは生きるために、地下街でゴロツキだった、イエーガー派をビビらせるほどの「暴悪」ぶりをもっとみせて欲しいかな、今後。切り裂きケニーに教わった生き抜く方法。カッコよすぎる。

    一方で、ジークはレベリオでも育ちがいいというか、周囲に大事に愛されてきたんだろう。森をガビやファルコに見せたいといったり、リヴァイがまさか部下を倒すとは想像もしなかったり、クサヴァーさんのメガネを肌身離さず持っていたり…優しいと思うぞ。エレンなら理解しあえる…と思ったり。

    ジークの言い分は間違ってはいない。パラディは港すら知らなかった。軍艦も分からないだろう。島の全方位を軍艦で囲まれたらいくら超大型でも対応できない(動きがノロい)。弾よけのために土壕や防空壕もいる。そういう意味で世界を相手に戦えるだけの人口、武器、戦術が圧倒的に足りない。火炎銃が何かわからないが、人を打つ練習こそ意味がない、世界の大規模な戦力を前にしては。壁を砦(要塞)にするしか今の技術ではできない。そしてそれをコントロールできる人材が必要。でなければ、壁内は一歩も壁内から出られなくなるし、全滅は同じ。

    ジークは実験台に過ぎない(それこそ壁内が生き残るための手駒であるのみ)。成功すれば抑止力になる。キヨミ様も力を貸してくれるだろう。ただの実験に、エルディア王国のたった一人の生き残りの女王ヒストリアを危険に晒すことはできないんだとリヴァイに伝わるといいが…。計画が全部仇であるジークのいいなりなのがムカつくのはわかる。

    エレンはワインのことを知っているのだろうか、「悪魔になってくれ」と願う。そしてフロックのような二ワカではなく、エルヴィンのときはわかった「多くの屍の上に立つ者の重み」、リヴァイはエレンの最期を見届けてくれ。リヴァイは最終回まで。あんなにズタボロなのにメガネを気にするジークもかわいそうじゃねーか。「使命のために野球選手を諦めたのか?」そういうジークも寿命尽きていずれいなくなる。

    エルヴィンは「エレンは人類の希望」と思っていた。リヴァイ、それを忘れるなよ。そして死ぬなよ。エレンもエレンで「プリンセスかよ」くらい、囚われてはパラディの多くの兵士が命懸けで助けてきた、思い出してくれ。パラディの兵士の力がなければ、とっくにマーレで器を取り換えられていたかも知れないんだぞ。エレンVSリヴァイだけはやめてくれ。結果は漫画の性質上自明だからだ。

    210+
  104. 進撃の兵士 より:

    ジークはエレンを信頼しているけど、エレンがジークを信頼してる描写がない
    巨人の秘密や過去の事実、今後の展望はジークと共有しているだろうに、共闘するというよりは、最後は利用して裏切りそうな気がする

    201+
  105. 進撃の兵士 より:

    恩人、恩師を殺傷して(殺傷することを良しとして)それでもエレンが守りたいものってなんだろうな。
    恐らく今でもなんだかんだミカサやアルミンは特別だろうけど、壁内人類みんなを救えるとは思ってなさそう。
    以前ファルコに「長生きして欲しい」と言っていたのが本心であれば、「いずれ死ぬけど、人より多少長く生き延びて欲しい」という意味がこもってる気がする。
    大量殺りくをしても尚、大事なこと、それが不明のままでモヤモヤする。

    184+
  106. 進撃の兵士 より:

    ミカサやアルミンを守ることはエレンにとって基本中の基本。
    その思いは道を通って過去のクルーガーに届くほどの強い思いのはず。ヒストリアを犠牲にしたくないという思いもかわっていないと思う。だからジークの残された寿命1年の間にかたをつけようとエレンも焦ってるんだと思う。
    ただ世界の大軍がパラディ島を攻撃してくるのはそう仕向けたジークたちの作戦があってのこと。世界の敵をこの島に集結させて何しようとしてるのか?最初に一芝居うったタイバー一族もジークの同志だったかも。エレンとタイバー巨人の戦いを見ていたマガトは「そもそもタイバーは始祖を食べる気はなさそうだ」と言っている。知性巨人をこの世から消し去る最初の一歩が戦槌の巨人をエレンに吸収させてしまうことだったのかも。このプランの全容をしっているのは、ジーク、エレン、そしてアズマビト家とタイバー家なのかもしれない。

    206+
  107. 停滞の小人 より:

    王家の人間がみんな、ジークみたいに完璧に操れるなら
    昔の争いは、こうやって戦ってのかな

    ピクッてした巨人に、リヴァイかジークが食われそう
    ジークは操れるから、リヴァイか!
    巨人出現で油断してるところを、
    雷槍を態と爆発させて負傷したところをパクッと

    ミケと同じパターンかな?
    ミケは油断して自分の馬を投げられて
    リヴァイは自分の仕掛けた雷槍って感じ?
    この漫画、油断が多いし

    181+
    • 進撃の兵士 より:

      ジークもリヴァイも森をあとにしたからその可能性はないんじゃ。それよりイエーガー派の兵士が食われそう。ジークのところに向かいそうだし。自分たちがしかけたワインのせいで自分たちの仲間が食われるという皮肉めいたブーメランな展開になりそう。ハンジが案内すればだけど。
      ジークのいいなりの巨人がジークを食べるとは考えにくいし、リヴァイもそこで食べられるくらいなら今回の神がかった活躍は最初からないだろうと思う。
      リヴァイはそんな死に方はしないと思う。

      200+
      • 進撃の兵士 より:

        ジークにとっての誤算はやはりガビとファルコだと思う。この後接触したファルコが脊髄液を摂取した事をしり自分を食わせることになるんでわないかな。

        112+
  108. 進撃の兵士 より:

    フロックは絶対にロクな死に方しない、惨たらしく死んでいってほしいと思ったけど、進撃世界でマシな死に方してる人全然いないんだよなぁ…

    182+
  109. 進撃の兵士 より:

    エレンは「守りたい」のではなくて、「守らざるを得ない」のではないか。恩人、恩師の件はフロックたちがやったことであって、エレンには関係ない。レベリオ襲撃は、ジークの計画であって、エレンはギリギリまで「壁の中も外も同じなんだ」ってそれまでライナーと話していたのに、ファルコに訴えるように言ってたし。

    95話だったと思う。ピークが今更何をやっても、悪魔の末裔というエルディア人に対する世界の評価が変わるとは思えない(地位向上にはつながらない)、というのにジークが「大事なのはストーリーだ」と、いかにパラディ島が脅威であるかを知らしめることをタイバー家がやってくれる、じゃなかったか。エレンの目的というよりも、ジークの目的「エルディア復権」だろう。これからわかることもあるだろうけれど。

    グリシャがキースに助けられて「この島は貧富の差こそあれ幸せなんだな」と言っていたように、マーレやウドが引っ越す前の所はエルディア人に対する差別が酷い(人間扱いはされない)。記憶のないパラディの人々には「復権」の意味はわからないんだろうけれど(ただ世界と仲良くしたい、巨人は敵という意味では同じだし)。

    鎧を貫くほどの兵器を開発されてしまった以上、エルディア人は存亡の危機。「地ならし」実験が成功すれば、「世界にいるエルディア人をいじめると地ならしをするぞ」と宣言することも可能になるでしょう。ボヤーっとそんな感じをイメージしているんだけど。フリッツ王の血筋のジークにとっては「巨人は脅威である」ことで、エルディア人の存在価値を残したいのかなと。革命編のときに、新聞記者が「我々はこれからどうなるのでしょう。我々が巨人をこの世から消えてなくなれと願ったように、世界の人々が我々にそう望んでいるとしたら…」と、ティーカップをカタカタ振るわせながら言ったセリフが印象に残る。

    208+
  110. 進撃の兵士 より:

    あなたの「世界の軍が攻撃してきたら壁内から一歩も出られなくなる」について、もう一個疑問に思った事がある。

    アニが結晶化した時、壁にぶら下がってたミカサの近くの壁が壊れて、中から巨人の顔が現れて目玉をギョロっとさせた時に、後に中央憲兵に暗殺されたウォール教の司祭が「早く日光を遮れ」と言ってたよね。

    また、世界の軍隊がパラディ島を総攻撃する場合、空戦能力は世界的にまだ技術水準が高くないと思われる事から、おそらく陸戦が主となる戦争になると思う。つまり、壁内人類を攻撃するのに壁は避けて通れない遮蔽物になるだろう事になる。
    また、上陸から王都に向けて侵攻する時間帯についても、いくら世界的に見れば甚だしく時代遅れの技術力のパラディ島といえども、「遠近両方において立体機動兵器で縦横無尽に飛び回れて、且つ組織的に高い水準でそれが出来る兵団が存在する」というのは、レベリオ奇襲の戦闘データから考えても無視できない認めざるを得ない事実であり、世界はまだ目視で照準を合わせる時代である事からも、いくら技術力も物量も勝る世界の軍とはいえ「通常の軍隊で攻め込む」以上は、必然的に夜間攻めは得策ではないと考えるであろうと思われる。

    また、いくら正式な連合国のような、いわば同じ目的を有する同盟状態下とはいえ、氷瀑石のような貴重な資源の争奪戦の意味合いも含まれるであろう事からも、他国より早く標的を攻略して資源採掘ポイントを確保したい気持ちも有しているだろう事から、パラディ侵攻に費やす軍事力は各国とも半端にはならないと思われる。

    これらのポイントを踏まえ、もし世界の軍隊がパラディ島侵攻パターンを推測してみると、まず侵攻するのは自分たちに不利な夜間よりも明るい時間帯に仕掛け、物量はパラディと他国に後れを取った場合に横槍を入れかねないマーレ、この二か国が有する巨人が突然同盟状態にある他国に介入してきたとしても形勢を維持できるほど、多くの国がパラディ勢の何倍もの物量で以て徹底した物量戦を展開する事が考えられる。

    となると、落下傘である程度壁の向こうに送れるにしても、「順番に三つの壁を攻略する」という流れが変わらないのであれば、当然、三枚の壁の存在は彼らにとって非常に邪魔な障害物となり、中途半端に狭い穴を作って「桶狭間」にならないようにする為にも、ある程度破壊工作を試みる事もあるかもしれない。

    ところが、中には日光を浴びるだけでも目玉をギョロっと動かす超大型巨人がズラーッと並ぶ壁である事から、著しく壁が破壊された際にアニの時と同じ事が起きたとしても、苛烈な戦闘中に日光を遮る作業は誰も出来ないだろう事から、中の巨人は覚醒する可能性があり、一体が覚醒する時は壁が壊れて連鎖的にそれが繰り返される懸念がある。

    長くなったけど、要点は一つ。
    壁の中の超大型巨人が「無知性巨人」である場合、地ならし戦術の発動は「必ずしも王家の血筋の者の命令が必要」というわけではない可能性があり(要は、パラディ島のスケールがそのまま惑星単位まで拡大するという事)、但し、その場合は指揮者不在でただ超大型巨人が無邪気に歩き回るだけの、つまりまさに世界が一番懸念している大破壊状態に陥るんじゃないかと思うんだよね。

    次回、ジークが何を考えているのか出て来るかもしれないから、その辺についても何かヒントらしいものが出てくればいいなぁ…。

    215+
  111. 進撃の兵士 より:

    兵長(とジーク)の馬車は何処へ向かっているんだろう?夕陽を左手に見る進行方向に進んでいたから、北東へ?と言いたいところだけど、この世界では東に陽が沈むらしいから、南西に進んでいる?ということは、ウォールマリア南東の巨大樹の森から南西=シガンシナ区に向かっている?

    ちょうど、シガンシナ区から巨大樹の森へと出発するっぽいフロック達と鉢合わせするかも?と、思ったんだけど、若者達のため自らを犠牲にしたキース元団長の姿を見たハンジさんのあの表情。何かを決意しているように見えた、から…どうなるんだろうと。

    そもそも、エレンとジークは待ち合わせ場所と時間まで決めているのに、フロック達がジークの拘留地をこれから探すというのも、変な話。巨大樹の森にはお猿の残骸と丸眼鏡が落ちているだけだよ。あと、泣いていた巨人の子。

    221+
  112. 進撃の兵士 より:

    □SELECT UNIT!

    ▶リヴァイ (森 AGI+255 DEX+255)
    ジーク (平地 ATK+150 RANGE+50)

    180+
  113. エレンが主人公ですからね より:

    エレンはミカサやアルミン、ジャン、コニー達を特別で大事だと言っていた。

    だから地下牢に入れたのでは?

    地下ならば地ならしや世界の戦力が攻め込んできた時に、比較的安全ではないかと…

    さらにエレンは自分の事を、オレは自由だ、と言っているので、最終話のコマはグリシャがエレン赤ちゃんに、お前は自由だといっていると推察されますが…

    このオレは自由だという発言は、誰にも縛られない、つまりグリシャの言うことも最終的には守らないつもりではないかと思います。

    209+
  114. 進撃の兵士 より:

    フロックのイキり方が学生運動っぽい
    これからの時代は~とかまさにそれ

    188+
    • 進撃の兵士 より:

      当時の空気、知ってるの?

      ま、確かに暴力で公権力に歯向かった人たちがいたことは聞いたけど。

      フロックの上ずりっぷりはどちらかというと、○イ・エ○を思い出させられる。

      110+
  115. 進撃の兵士 より:

    ザックレーの芸術状態の巨人を発見!

    ザックレーの美的センスを、リヴァイが受け継いだのか!?

    これは危ない…

    163+
  116. 進撃の兵士 より:

    リヴァイが「あの死闘の果てがこの茶番だと?冗談じゃねえぞ。」
    って112話で言ってる。つまり、どのような結末になるのかを見届ける役割がリヴァイにはあると思うから、死なんだろ。

    182+
  117. なってほしくない予想 より:

    リヴァイはフロックと鉢合わせる。イェーガー派を殲滅しようかと思ったが、既に世界が大軍で攻めてきているとの情報で交渉され、ジークを監視できる状態での実験を認める。

    シガンシナ区での地ならしは成功し、敵は撤退。壁内に平穏が戻るが、同時にジークにより記憶改竄が行われており、ユミルの民は誰もリヴァイのことを知らなくなっていた。
    戻ってきたリヴァイに銃口を向けるピクシスに対してミカサが説明しようとするが、リヴァイはそれを制止して地下街へ消えてゆくのだった。

    202+
    • 進撃の兵士 より:

      改竄のメリットがないのでは?

      185+
    • 進撃の兵士 より:

      記憶や歴史を奪われる悲劇をジークは人一倍わかっている。
      いくらリヴァイ憎しでも決してその方法はとらないんじゃないかな。そもそもジークはリヴァイのことをやっかいな相手とは思ってそうだけど憎んではいないように思う。リヴァイはジークのこと憎んでそうだけど。

      181+
    • 進撃の兵士 より:

      エレンとジークには記憶の改竄はできないと思う
      フリッツ→座標
      レイス→記憶の改竄
      別なのではないか

      148+
  118. OPの唄はそうじゃない より:

    ①仮にエレンが、進撃と始祖を継承してから13年となった時はどうなる? 戦鎚の分の13年縛りは無視か?
    ②タイバーの妹は水晶体の中で意識があった。 アニが仮死状態でいる事と、それが水晶体の中である事は無関係?
    ③水晶体を外力で壊せるのは顎の力だけ? エレンは中の人間も潰しちゃったけど、中にいるアニ自身の意思でないと、水晶体のみを壊せないなら、どうやって外からアニを起こす?

    213+
  119. 進撃の兵士 より:

    進撃の暗黙のルール
    (と言うか漫画の技法?)

    ・具体的に描かれた近い将来の想像図が提示されたら、その場面は実現しない!

    今回の例:パラディの港に世界中の戦艦、軍艦が集結する

    211+
  120. 進撃の兵士 より:

    もう巨人なんて襲ってこないだろって言ってる訓練兵
    残念ながらあれ完全なフラグだろ
    あいつ巨人に食われるんだろうな…

    208+
  121. 進撃の兵士 より:

    世界の目的はパラディ島そのものではなく(マーレを除いて)、「地ならし」を発動する可能性のある始祖簒奪者エレン・イエーガーなので、壁を壊すことは考えにくい。何が起こるかわからず怖いから。世界は今まで145代フリッツの「地を平らにならす」ことを恐れてパラディに近寄らなかった。タイバーはもう一つの「マーレがパラディを滅ぼすならそれを受け入れる」とは言わなかった。それを演説で暴露した。その過去の事実の混乱の中でエレンを悪者に仕立て上げた。だから「地ならしの脅威」は世界にとっては変わっていないのだ。

    うやむやになってしまったが、マーレはウオール教の秘密を知りたがったが、それもわからなかった。

    恐らくは、多くの軍艦で島を取り囲んで砂浜を進んで壁に近づきながら、壁内に入るとしたら門を壊すか、飛行船からのパラシュートだろう。いくら立体機動装置の扱いに優れていたとしても、物量差にはかなわない。作戦としてはたくさんのパラシュートに人間ではなく例えば石や人型の木などで陽動作戦もできる。立体起動装置の弱点は目視で敵を見ることしかできないところ。

    世界連合は壁内に入れば食料なども確保できるが(略奪)、パラディ側としては民衆を巻き込むことになるから、壁内に入れないような工夫をしなければならない。立体機動装置は平地で活かすには難しい。

    海とウオールマリアの間に何か。それが今まで巨人だった。ライナーの情報から巨人は南からやってくる、北の防衛は手薄だとわかっている(但し大きな軍艦を停泊できるような場所はない)、恐らくピークは島の北から侵入してきたと思われる。似たようなことは、他の国でもできるだろう(世界だから、海に潜って上陸する訓練を受けた兵隊を持つ国があっても不思議ではない)。そういう意味ですでに手遅れともいえる。言語が同じなのでマーレなどはパラディの民衆に紛れて内紛を起こすことも可能。とにかく島に上陸させない工夫に時間がない。

    ジークは、憲兵団を巨人化することで、それぞれの門に敵を近づけさせないようにするつもりだったんじゃないか、と。いいか悪いかは別。ただ、ファルコの誤算があるので今後何とも言えない。

    もちろん不慮の事故で壁が壊れて巨人が暴れだす可能性はある。壁の巨人自体を動かすのには壁が剥がれて日光があれば充分。ただ、これは、パラディにとっても世界連合にとっても大変な危険を伴うので、世界連合とパラディがやるとは思えない。世界は「エレンが壁の巨人を動かす」と思っているから、矛先が自分らに向く危険は起こさないと思う。

    やるとしたら、命令が可能な始祖持ちエレンと王家の血を持つ(不戦の契りに縛られない)ジークだけ。これをやろうとしているんだと思うが。

    この実験が成功すれば、アズマビトの氷瀑石を使った飛行艇をもってパトロールできるから、パラディに近づいたら超大型が敵を爆破できるようになり、エレンもジークも敵を不意打ちで撃退できる(潜れれば、軍艦同士をアンカーでつないで一斉にぶつければ全部爆破する、知性巨人ならでこる)。また、ヒイズル国にも敵はいるだろう。他国に抜きん出て戦闘機の開発ができるようになる。

    問題は圧倒的な軍事力を目の当たりにして(パラディはまだ見たことがない)、「エレン(始祖)を出せ、そうすれば攻撃はしない」と威嚇されたときに、フロックがビビッてエレンを捕縛して献上しそうな気がするところかな(ふらふらし過ぎ)。「エレンさえいなければ…」と、寝返りそう。ハンジとリヴァイは始祖の価値を充分知っているはず。

    あとは人心、何故ジークはラガコ村の人々を犠牲にして、ウオールマリア奪還の時にあれだけ残虐な戦いをしたか。これがパラディの人々に伝わるか…だろう。エルディア人は安価な殺戮集団、これを是とするジークを支持するか(2000年前から今までそうしてきたのだろう)、戦いを放棄したカール・フリッツの子孫ヒストリアを支持するか(いずれ世界は滅びると悟って、つかの間の楽園を享受したかった)。

    234+
  122. 進撃の兵士 より:

    二期のエンディングの巨人が海から上がってくるやつ、今の世界連合軍とかぶる気がしてきた。座標というのがユミルの民に適用されるのか今の座標がユミルの民に合わせられているのかで意味が変わってくるのでは?パラディとうに向かってる人間達が巨人化したら・・・と妄想してみた

    247+
    • 進撃の兵士 より:

      今の座標がユミルの民に合わせられている、に一票です。ただ、移動先は人間じゃなくて…
      契約により今はユミルの民に一部合わせてある座標を惑星という大きな生命体に還して終わるのではないかなあと…。巨人の力はなくならないが、座標の対象が人間ではなくなったために、それが巨人として現れることはなくなる。つまり、今、我々がいる地球と同じ世界が始まる。道は森羅万象につながっている。と妄想中ですw

      2期EDのもぐもぐしている巨人がコニーでその右側の引きちぎっている巨人がジャンだったら、似てるしどうしよう…、さらにその後ろに見える超大型が彼等をコントロールしているアルミンだったら鬼畜すぎる…と勝手に戦慄してたのは内緒ですw
      左に見える街はどこの街なのか。DVD付録のストーリーボード集の文字が◼️◼️◼️の住民などと伏せ字になっているのでさっぱりわからない…。

      141+
      • 進撃の兵士 より:

        この世界で今まで人間以外で巨大になっているものといえば巨大樹の森。ジークによるとパラディ島にしかないものということですが。パラディ島という土地自体に何か秘密があるのでしょうか。そうなると、1話でシャーディス団長率いる調査兵団が壁外の巨大樹の森の中で戦ったあの謎の巨人も気になってきます。なぜ一体だけあそこにいたのか。

        129+
        • 進撃の兵士 より:

          24話『巨大樹の森』の現在公開可能な情報によると、“壁内、壁外に点在する巨木群。ある地区を境に局所的に自生し、樹高は80mを超える。なぜこれほど巨大な木が存在し得るのかはわかっていないが、地質に原因があると唱える者もいる”とありました。
          ある地区とは…?シガンシナ区一帯?パラディ島上空から飛空挺で鳥瞰すると大地に何かが見えるとか?

          123+
    • 進撃の兵士 より:

      (あれから考えたんですけど)
      これから起ころうとしていることが、地鳴らしではなく、座標の転換だとしたら面白いですね!例えば、世界中の民族が巨人族になる座標…。かなり大変なことになりそうですがw でも、世界連合へのこの上ない抑止力になりそうですよね。叫ぶとみんな巨人になっちゃうけどいい?みたいなw ユミルの民を差別してきたのだろうけど、誰もが悪魔になりうる状況にしてみましたよ?的な。今まで、恨みを買ってまで世界連合軍をパラディに集結させるメリットがさっぱりわからなかったのですが、そういうこと、だったのかなあ…?

      141+
  123. 進撃の兵士 より:

    「ヒヨッコどもが何人かかってきたところで相手にならん」とか息巻いた一コマ後にボコられてるキースさんは今回のギャグパートと考えていいんですよね?

    160+
    • 進撃の兵士 より:

      きっと訓練生全員にボコられたんだろ
      親のありがたみや厳しくも優しい先生とかピンとこない若い年代の子達からすればうぜえハゲにしか見えないだろうし

      137+
    • 進撃の兵士 より:

      排斥される古い慣習の象徴として、心臓を捧げる覚悟を示したセリフだと思ったけどなぁ。そもそも団員に向けてじゃなくて、ハンジに向けて言ったセリフでは?
      ハンジは昔キース団長に憧れてたけど、エレンの件の時に失望してキースに暴言を吐きまくった。人類より個を優先していると。今回は逆に個を殺して壁内人類を先に進ませる姿勢をキースがハンジに見せつけた名場面だと思う。

      189+
      • 進撃の兵士 より:

        キースのことを あれこれ言っているが、

        『わしが 元調査兵団団長 キース・シャーディスである!!!』
        以上。

        65+
    • 進撃の兵士 より:

      ちがいますよ
      出来なければ牢に入れると脅されてる訓練兵たちが躊躇なく自分に攻撃するように煽ったんですよ

      147+
  124. 進撃の兵士 より:

    エレンが本気で待ち合わせ場所を間違えているパターン。とすると、ふたりは世界最狂のウッカリ兄弟ということにww でもそれ、ありえそうですごく楽しい。

    ジーク遅刻しそうだし。

    そもそも待ち合わせ場所って本当にシガンシナ区なのかな?巨大樹の森を抜けてすぐというようなことをジークが言ってたけど、そんなに近くだったかなあシガンシナ区って。

    エレンは、待ち合わせ場所然として腰を落ち着けているみたいだけどw

    一方で、前のシガンシナ区決戦でのライナーの台詞から、完全な座標を使うことが出来るのは、シガンシナ区でなければならない理由がありそうな気配もするし…。

    そして、ウッカリ兄弟の穴埋めをしてあげるかのような兵長の親切な馬車の経路。ワインを飲んだのが拘留地の30名だけではないと、兵長なら気づいていそうだけど…、街中にジークを持っていくのは危険すぎる。イェレナの巨人化薬が仮に本物だとして、どの街に保管されてるものなのだろ。駐屯兵団本部?

    207+
  125. 進撃の兵士 より:

    思い起こせば、巨大樹の森を抜けてすぐのところって、エレンが初めて座標の発動をした場所かも?(考えすぎかw)

    195+
    • 進撃の兵士 より:

      そして、ジークの母親が亡くなった場所でもある。お墓参り?

      今のエレンは、始祖の練度を高め、すでに完全な座標を手に入れていると思う。準備万端。

      194+
      • 進撃の兵士 より:

        あっ、そうだ。ダイナって、ジークのお母さんだったんだ。

        ジークの両親への思いって、軽蔑だけなのだろうか。

        127+
        • 進撃の兵士 より:

          次の話でジークの子供時代が語られそうだから、その辺りも描かれるといいね。楽しみ!

          134+
  126. 進撃兵士 より:

    歴戦の強者のハンジが冷静なのが不気味です。怒ったら超恐そう。女妖怪人間ベラとかぶってます。

    168+
  127. 進撃の兵士 より:

    ジークのわかりあえないってただ単にオメーのぐう畜行為が極悪で信用されてないだけだろうがって感じよな
    案の定ワイン仕込んでたしこんな臭くて汚くて不細工なクソはマーレだろうがパラディだろうがわかりあえないわ
    というか騒動起きるまでパラディってわりとお人好し揃いでマーレ人歓迎かなり優遇してたろ
    ジークの能力そのままのオコポニャンとかだったらパラディも肩くんでマーレ軍撃退チームとか組んでたんじゃないか?

    210+
  128. 進撃の兵士 より:

    オニャンコポンはどうなった?

    159+
    • 進撃の兵士 より:

      ミカサ達と同じ牢屋にいるか、ガビとファルコとニコロ(はどうだろ?)らと同じマーレ人の別牢に分けているのかも?
      ブラウス家とガビが同じ牢だと危険だろうしな

      139+
  129. 進撃の兵士 より:

    フロックほんとにむかつくな。教官ボコらせるとか、やることがガキだしゲスい。

    174+
    • 進撃の兵士 より:

      流されやすい性格というか流されに行く性格というか

      駐屯兵団出身で風向きが変わった途端調査兵団に入って
      あの絶望的な作戦であっさり闇落ち
      そして現在「エルディア帝国の復活」とか寝言ほざいてる
      エレンも「利用しやすい奴」だとは思ってもそれどまりだろうね

      132+
    • 進撃の兵士 より:

      フロッグは壁内にいる有象無象の象徴なんだろうな

      94+
  130. 進撃の小人 より:

    イェレナの話を早くききたい

    180+
    • 進撃の兵士 より:

      今考えたらリヴァイとミケとリヴァイ班(旧)を相手に戦ったアニってよく持ちこたえたなあ

      186+
      • 進撃の兵士 より:

        たしかに
        アニは戦闘能力も高いし叫びで巨人を呼び寄せたり一部を硬化する能力もあったから、あの当時は調査兵団も敵わなかったけど、今は雷槍があるし、リヴァイもより強くなってるから厳しいかもね
        アニは今水晶から出てきても茨の道だから、眠ったままのほうがいい気がするな

        122+
        • 進撃の兵士 より:

          思ったけど、水晶体の時は13年の縛りはないのかな?
          あったとしたら、その時期を迎えたらどうなるんだろう?

          91+
  131. 進撃の兵士 より:

    一つ突っ込みたいのが、全世界の戦力が集結するシナリオやらせたのはジーク&ヴィリーだろうに
    ジークの使命のためなら人命を利用する残忍さは、本当にエルディア復権のためなのか疑問
    次回、ジークの回想でお涙頂戴な過去とか使命が分かっても猿の利己的な印象は変わらないな

    176+
  132. 進撃の兵士 より:

    エレーンのお母さんて黒髪だったけど東洋人ですか?
    あ、エレーンも黒髪だしハンジさんもだ。

    145+
  133. 肉弾の兵士 より:

    リヴァイはジークをどこに連れて行こうとしてるんだろ
    汁ワインの脅威が明らかになったことは把握してるから、住民がいる拠点には連れてけないし
    ていうか、足よりジークの口も塞いだ方がいいぞ

    182+
    • 進撃の兵士 より:

      リヴァイが向かうところ

      ①ピクシス司令のとこ
      ②ヒストリアの隠れ家
      ③シガンシナ区
      のどれか?
      メタ的にはピクシスのとこっぽいが、背景がヒストリアん家のとこに似てるんだよね
      まぁとにかくジークを誰かに食わせるつもりなんだろうな

      188+
  134. 心臓を捧げたサシャ より:

    大丈夫ですよ
    壁外を地ならしすればまた…
    牛も羊も増えますから

    138+
  135. 進撃の兵士 より:

    エルヴィンも壁内人類の未来のために多くの犠牲を払った。アニを捕まえるために、罠を仕掛けて敢えて壁内中央の一般民衆をも多く犠牲にしたし、ジークとの戦いでは特攻を仕掛けた。目標のためとはいえ、いつも奇抜で非常に冷酷な作戦。まあ、そこが面白かったんだけど。リヴァイの行動を知らなかったから(奇襲)、無意味な特攻に岩を砂にするほど憤ったジーク。そしてエルヴィンは、本当は自分の疑問を明らかにしたいという私的な目的のために、兵士に嘘をついて鼓舞するという自覚と苦しみもあった。ジークは「王としての使命?」、エルヴィンは「個人的な夢を叶えるため(夢が叶ったあとのことはわからない。叶えてみないことには)」。ジークは悪くてエルヴィンなら許されるってことにはならないと思うけど。

    冷静に計画を練るジークと強いリヴァイは、「敵の敵は味方」でいいコンビになると思うけどなあ。

    205+
  136. 進撃の兵士 より:

    「キース教官、109期訓練生は これからどうなるの
     でしょうか?
     そもそも ザックレー総統亡き後の軍部も どうなって
     いくのか?
     調査兵団についても、問題山積のはずです。
     キース教官、どうお考えですか! お聞かせ下さい!」

    「……」

    『わしが 元調査兵団団長 キース・シャーディスである!!!』
    以上。
    鼓膜がキ――――ン

    69+
  137. 進撃の兵士 より:

    エレンを他のやつに食わすぐらいならジークをヒストリアに食ってもらうとリヴァイは考えての今回だけど

    ひょっとしたらヒストリアが巨人になっても
    地ならしは発動しないんじゃないか
    フリッツとレイスってイコールじゃないんじゃないかって思ってるんだけど考えすぎかな
    そうなるとジークにはまだ生きててもらわなきゃ困るわけで

    エレンもヒストリアを巨人にするのは阻止するだろうから、やっぱりエレンvsリヴァイになってしまうのかな…
    でも、リヴァイは多分生き残らないと思うけどエレンに殺されるのではないことは信じたい
    クルーガーが言ってた「ミカサやアルミン、みんなを救いたいなら」のみんなにリヴァイは入ってると思うから

    あと、ファルコがジーク液を飲んでることをジークが知ったらどうなるかな
    それを脅しに使ってピクシス達は巨人にならないで済むかも知れない
    ジークって根が優しいんだと思う
    だからエレンとも解り合ってると一方的に信じてる
    そう考えると何だかかわいそうになってくる

    仲間をさんざん失って守ってきたエレンとぶつかるリヴァイもかわいそう

    進撃の世界、残酷すぎる
    でもそれに夢中になってる自分笑

    209+
    • 進撃の兵士 より:

      エレンが望んで命令すれば、ヒストリア巨人とでも地ならし発動なると思う。

      それぞれに情状酌量の余地があり、どの立場で見るかで悪い印象かいい印象か変わる。

      誰を指示すべきか・・・。とりあえず、ミカサ。

      146+
  138. 進撃の兵士 より:

    輪切りのジーク……

    149+
    • 進撃の兵士 より:

      ボンレスハムみたくスパスパ斬ってたなw
      さすがに気の毒に思えたわ

      111+
  139. 進撃の小人 より:

    エルヴィンがこの状況を見たらどう思うだろうか…

    196+
    • 名も無き兵士 より:

      ほんと、エルヴィンが生きてたら…って思うよ
      政兵権が変化を恐れてイェーガー派に出し抜かれる形になった事態も、上手く収拾できただろうし
      今のパラディには、エルヴィンのような政治的に強いカリスマ性のある存在が不可欠
      まあそれ故に、あの時死なせたんだろうけど

      172+
  140. 進撃の小人 より:

    訓練兵にフルボッコにされてたキース可哀想
    あと個人的にクサヴァーさんがよくわからない

    160+
  141. 進撃の兵士 より:

    思い出したんだけど
    ピクシスってイェレナと話してたよね。
    そこでイェレナにジーク汁の話を聞いたんじゃない❓
    嘘は本当の事混ざると…うんたらかんたら言ってたし
    そこも伏線なんじゃ…
    あとリヴァイ死にそう

    157+
  142. 進撃の兵士 より:

    先月号でリヴァイが伝令に走らせた兵士2人ってそういえばどうなったんだろう?

    138+
    • 進撃の兵士 より:

      そのうちのひとりが、バリスで、たぶん、一緒に巨人になってしまったと思う。

      140+
  143. 進撃の兵士 より:

    ビビッときちゃった人達を、早くどこかの城塞都市にまとめて隔離しないとー!ピクシス司令ー!

    147+
    • 進撃の兵士 より:

      あ、よく考えたら、壁外に出した方が連合軍が来た時とかに役に立つかかも。

      155+
      • 進撃の兵士 より:

        「むうぅ、それは名案である。
         ユミルの民に 名誉の死に場所を与える。
         それが、ジークらの真意やもしれぬ。

         わしが 元調査兵団団長… おっと しつこいので
         やめておこう。」

        86+
  144. 進撃の兵士 より:

    いいえ、ピクシス司令。

    ジークを誰かにまず喰わして、とりあえず脊髄液ワインの危機を回避するのが先かと。

    129+
  145. 進撃の兵士 より:

    ミカサはまだマフラーしてるっぽいよね?

    130+
  146. 進撃の兵士 より:

    104期のみんなは、ビビッときてるシーンが出てこなかったから、ちょっとだけ安心。
    危険をかえりみず、ファルコを丸洗いしてあげてたので心配してた。
    ハンジさんは確実に飲んでないみたいよね。

    身内だけ助かれば安心という考えもどうかとも思うけど。

    アルミンをワイン棚の方に平気で殴り倒してみたり、フロックが内緒の指を立てたりしてたので、エレンがワインのことを知らない可能性があるかもと心配してた。

    あと、ニコロが一番最初にイェレナと共にふるまった海鮮料理に仕込まれていたらどうしよう。とも思ってたんだけど、レストランでの地位が安定してきた頃にワインが持ち込まれたとニコロが言ってたので、それはないかなと。

    たぶん、サシャがみんなを救ったんだ。サシャの食い意地と無防備なあの笑顔が。

    211+
  147. 進撃の兵士 より:

    エルヴィンが生きていたら…賭け事と根回しが上手い。更に用心深い。だから、多分密偵をマーレに送ったと思うしイェレナにはよく警戒する…?

    あれ、ジークとキャラかぶるな。エルヴィンとジークの駆け引きだと巨人は要らなくなるな。エルヴィンならマーレを調べて、真っ先に巨人科学研究所を壊滅させるだろう。これ以上巨人を生産させないため。これをやられると、レベリオ収容区のエルディア人がマーレ軍に全滅させられる可能性があるが、
    エルヴィンは気にしないと思う。壁内人類の方が大事だもの。

    ユミルがヒストリアに送った手紙の「結婚」の意味は、パラディとレベリオの和解のことではないだろうか。

    209+
  148. 進撃の兵士 より:

    キースがフロックに虚勢張ったのは、訓練兵たちを守るためだったんだね
    集団リンチはムナくそ悪かったけど、キースが傍観者で終わらず男を見せてくれてよかったわ
    しかしハンジはジークが叫んだことを察知してるだろうから、危険を承知で森に案内するのか、それとも…
    来月はジークの回想編に突入しそうだが、ハンジの行く末が気になる

    189+
    • 進撃の兵士 より:

      「ぬうううう!! これしきの事、
       蚊が刺したほどにも無いわい!
       ヒヨッコ共よ 見ておけ。」
      『わしが 元調査兵団団長 キース・シャーディスである!!!』

      キースのこの 男気に打たれたハンジは、男になる決意をし、
      ハンジローと名乗ることとなる。
      ハンジロー団長の誕生であり、その猛烈な男気によって
      兵団を引っ張っていくのである。

      118+
  149. 進撃の兵士 より:

    ファルコはバスタブに置き去りとか言われてたけど、ちゃんと連れてきたみたいだし、とりあえず目覚めてくれてよかった
    タオル巻きじゃなくて服くらい着せてあげてくれって感じだがw
    しかしファルコがジーク汁摂取したことで、ジークが叫べなくなるのか、それとも巨人になって鎧を継承するのか…
    どんな展開にせよ、大きな誤算になりそうだな

    205+
    • 進撃の兵士 より:

      ジークの何も悪くない部下を殺したりしないよなって言うのが、ファルコがワイン摂取したと知って叫べなくなる伏線だと思うのだが

      199+
    • 進撃の兵士 より:

      ファルコ、あの状況だと脳出血で瀕死と思った。さすがは戦士候補生、受け身も訓練していたのかもしれない。

      ファルコには長生きして欲しい。

      188+
    • 進撃の兵士 より:

      リヴァイが「ジークの「獣」を他の奴に移す。イェーガー派とかいうのを一人捕まえてジークを食わせてやれ」と言っていたので、そこで出会えばファルコ二食わせるのかと思う。

      175+
    • 進撃の兵士 より:

      根拠はないが、ファルコとガビは巨人にならないような気がするな
      託される側というか
      ただファルコはこんだけ身体張ってガビを庇ってたら、いつか命を落としそうで心配

      162+
  150. 進撃の兵士 より:

    エレンはあれ、もう待ち合わせの場所にいるってことなの?
    そして窓から見てるのはキースがボコられてるとこなの?
    もしそうだとしたらエレンの指示だよね
    死なない程度に痛めつける→戦線離脱させて104期同様隔離…キースを守ってる?
    フロックの独断なら普通に撃ってるでしょ
    でもハンジは?これから拷問される雰囲気だけど手を出さないように指示してるのかな?
    エレンがどの辺の人まで守ろうとしてるのかが分からない

    もともとエレンは思いやりのある人間としては描かれてないからね
    根っからの進撃体質って感じで
    その点ジークはリヴァイが仲間を殺せないと思うあたり気が優しいんだろうね
    ファルコがワイン飲んでること知ったらジークは間違いなく躊躇するだろうけどエレンはどうだろう?「君はいい奴だから長生きしてほしいよ」って言ったけどそれはこうならなかった上でのことで自分の目的を完遂するためには仕方ないってなるんだろうか
    仕方ないのか…地ならししかないんだから
    とにかく先が読めない…

    207+
  151. 進撃の兵士 より:

    フロック達はエレンも同伴せずジークを連れて帰れるとでも考えているのだろうか。ハンジさんを人質に兵長と交渉するつもり?
    「そもそも、あの時、あなたがエルヴィンを選んでいたら、こんなことにはならなかったんですよ。兵長」。とか憎々しい顔で言いそうw 兵長怒らしたら怖いのになあ。

    まあ、エレンも一緒に拘留地に向かうのかもしれないんだけど。でも「はじまりの地シガンシナ区へ」とか言って腰を落ち着けている感じもするし。

    フロックはレストランで時間を気にしているようなそぶりを見せていたから、イェーガー派とエレンとジークの三者間で、何かしらの取り決めをしている可能性はあるんだけど…、この三者、得ている情報がどうもバラバラなような気がしてならない。

    ジークが捕まって既に拘留地にいないことはまだ誰も知らないだろうし。あ、でも、もしかしたら、ハンジさんは、気づいているかも。ジークの叫び以降の兵長の行動を予測するかも。

    219+
    • 進撃の兵士 より:

      あ、フロックらは、叫びがジーク脱出成功の合図だと思っているのかも。そうするとつながる気がするけど、何でわざわざ出迎えに…?待ち合わせ自体を知らないか時間の取り決めはあっても場所だけを知らないとしか思えない。あ、まさかとは思うけどジークの護衛のため?奪った新兵全員を犠牲にして対抗するつもりなのだろうか。「エルヴィン団長なら俺のことを理解してくれると思いますよ兵長」とか言いながらねw なんというか…安い悪魔w 「ハンジさん達なら大丈夫。ここから移動してもらっただけだ」と言っていたエレンとしては、安全な場所へ移動させること自体に意味があるのかもしれないのだけど。

      172+
  152. 進撃の兵士 より:

    世界中の戦力の大半をパラディ島に集めたところで、地ならし発動させれば、共倒れになったりするのかなぁ?

    207+
  153. 進撃の兵士 より:

    親ポイー&岩野球で調査兵団壊滅&ラカゴ村事件&話し合いもせず勝手にワイン仕込むの見たらジークってキングオブクソ野郎としか思ってないので
    ファルコなんかのために計画中止にするような良心なんかジークにはないっしょ
    というかファルコごときのためにジークが躊躇すると思っている人に驚く
    とにかく自分の計画を実行するためなら他人なんかどうなろうと気にせずやっちまう進撃最凶のクズがジーク

    243+
    • 進撃の兵士 より:

      罵倒の言葉みごと、A級。

      176+
      • 進撃の兵士 より:

        ジークはファルコがワイン飲んだと知って叫べなくなる

        おまえら頭がお花畑のベルミンになっちまったのか?
        昔のおまえらはそんなあまっちょろい考察をするような奴らじゃなかった

        184+
  154. 進撃の小人 より:

    フロックよ、おまえが指揮ってる感あるけど
    仮にもこの世界握ってるのはエレンとジークなんだぞ

    231+
  155. 進撃の兵士 より:

    どなたか上の方に書いておられると思うが、クサヴァーって、ドイツ語読みでザビエルなんでしょう。つまり、フランシスコ・ザビエル。で、諫早先生って大分の方なんでしょう?

    ならば、ジークは大友宗麟だと思う。親殺しというか、家督相続でヤバい立場になっちゃって(殺されそうになる)勝ったというか助けられた人。商売・外交としてもセンスがあった。そうあって欲しいな。フランシスコ・ザビエルに出会ってからキリシタンになりたかった。武将というよりも文化人、時代は戦国時代だから戦いも多かったけど、大友宗麟がモデルだったらいいなあ。来月が楽しみ。ジークの生い立ちはもうどうでもいいかなって思っていたんだけど。来月号も買おう。

    219+
  156. 進撃の兵士 より:

    ジークの脊髄液ワイン飲んでたとしても、ジークが死ぬなりなんなりで二度と叫ぶことさえなければ、巨人化することはないんだよね。ジークが死ねばあのワインの件はなかったことと同じことになる。そうなるんじゃないかな。
    ガビとファルコは新世界の幕開けを見る存在になると予想してる。だから死ぬことも巨人を継承することもないと思ってる。

    209+
  157. 進撃の兵士 より:

    156
    俺もそう思う。

    136+
    • 進撃の兵士 より:

      シガンシナ戦のときジークライナーベルトルトは自分たちで終わりにしたいと言ってたからジークは誰にも継承させる気はないだろう
      一方エレンは1年前の時点で104期には継がせないけど他の誰かには継がせるつもりな話をしてた
      その後ジークと話して同じ気持ちに変わってるのなら、ガビもファルコも継承しないと思う

      が、エレンとジークの最終的に目指すところが一致してない可能性が大きい気がする
      そうなると勘だけどガビが進撃を継承する気がする
      子供時代のエレンと被るキャラクター、あと髪型も何か意図がありそうな

      194+
  158. 停滞の小人 より:

    どうやったら兵長を殺せるの?
    死にそうな気配がしない。

    196+
    • 進撃の兵士 より:

      巨人数十体+ジークは余裕で始末できるがケニー部隊はミカサ達に協力を頼んだあたり
      普通の人間には巨人のほうが数十倍強いだろうけどリヴァイは逆にケニーみたいな達人数人に囲まれたほうがきついだろう
      ということで重火器フル装備した複数人で一気に襲いかかればワンチャン
      さすがのリヴァイも銃弾より速く動くことは無理だと思うし

      227+
  159. 進撃の兵士 より:

    何となく2016年発行のANSWERSをパラパラ読み返していたら諌山さんのインタビューに、
    “以前に「主人公の前に立ちはだかるライバルは、主人公がなってはいけなかった姿であるとか、超えなければいけない兄のような存在であるべき」 というのを聞いたことがあって、ジークはそういう立ち位置のキャラクターにしようと思ってるんですよ”
    とあり、なーるほどなーと思った。

    211+
  160. 進撃の兵士 より:

    クサヴァー? 
    ナチス親衛隊のフランツ クサヴァーか。

    239+
  161. 進撃の兵士 より:

    リヴァイが次に宿主と認識するのはヒストリアかな
    生きていればだけど

    197+
    • 進撃の兵士 より:

      リヴァイの宿主は、約束果たすまではエルヴィンだと思うがな
      まあ結局情報元はジークか巨人学会だろうから信じようがないが

      185+
  162. 進撃の兵士 より:

    リヴァイに関してはどうしても宿主説がピンと来ない。
    あの強さは別次元すぎてそんなもの関係ないんじゃって思えてしまう。
    もし今リヴァイに力を与えている存在があるとすれば、それは
    人ではなく「エルヴィンとの約束」だと思う。
    あそこまで強いとどういう死に方ならリヴァイらしい説得力のある読者も納得の死に方になるのか見当もつかない。
    案外最後まで生き残って平和な世の中を見るっていうのも似合うかも。

    213+
  163. 進撃の小人 より:

    もう何がしたいのかわからない…
    地鳴らしがしたいのかそれともまた別のことをしたいのか…

    200+
  164. 進撃の兵士 より:

    今の兵団にはリヴァイの力は絶対必要だけど、この後マーレ戦士&兵団vsエレン&ジークの展開になった場合、リヴァイって必要なくなると思うんだよね
    なのでリヴァイはもうすぐ退場かな~ヤダけど…
    ケニーが死に際リヴァイに血を浴びせた(って程じゃないけど)みたいにリヴァイはミカサに血を浴びせて死ぬみたいなのを想像してる
    アッカーマンの力を託すみたいな
    だから今回の周りに誰もいない状況では絶対死なないよ、いやもう死なんで

    232+
  165. 進撃の兵士 より:

    最近の諫山はガビからフロックとかキャラヘイトの作りが上手い
    これだけヘイト集めてエレンとジーク肯定に持ってけるのかが腕の見せどころだな

    213+
    • 進撃の兵士 より:

      ガビとフロックはヘイト増量でもはやどんな死に方するか楽しむためのキャラになりつつある
      まあこの2人は単なる度が過ぎた過激派だけど、ジークはいつまでたってもいけ好かない野郎だわ

      205+
  166. 進撃の兵士 より:

    地ならしが世界への驚異になるっていうのがよく分からない
    そもそも壁巨人達はパラディ島の外に出られるのか?
    大陸に移動出来なければ、ただパラディ島内のみが被害を受けるだけでは?
    50メートルの巨人数千体に海洋を歩かせたり、海路を船で運搬したり、飛行船で空輸したり出来なければほかの国の土地にとって驚異になるはずもない

    185+
    • 進撃の兵士 より:

      地ならしはあくまでパラディが諸外国に追いつくまでの抑止力であって壁の巨人たちが海を渡って世界を攻撃するとかではないよ
      「巨人が暴れちゃうから近づかないでね」みたいな
      それ以上の効力はなくて、でも今のパラディにはそれしかなくてって感じじゃないかな
      地ならしを発動させるところまではエレンとジークの考えは一致してるけどその先はパラディ存続と滅亡で別々の思想なのでは
      どっちがエレンでジークなのかはまだ分からないけど

      240+
    • 進撃の兵士 より:

      驚異
      じゃなくて
      脅威
      ですね

      思い出したんですけどマーレの上官がジークのことを
      驚異の子
      と言ってるのが気になったんですよね
      マーレからしたら驚異ではなく脅威なんだと思うんですが
      読者へのヒントなのかななんて深読みしてしまいました

      224+
  167. 進撃の兵士 より:

    親を売ってまで、マーレに忠誠を示したという事で、
    驚異の子でいいのでは。

    222+
    • 進撃の兵士 より:

      あのマーレの上官はエルディア人だと思うぞ。
      根拠はヴィリーとマガトの会話で「無能な幹部などくれてやればいい」の次に「その大半はエルディア人だ!」というセリフ
      しかも言った後、言っちまったみたいな顔してた。
      マーレの上層部がエルディア人でエルディアの上層部がマーレ人というおかしな構図になってる。

      237+
      • 進撃の兵士 より:

        ジークの脊髄液を注射されたユミルの民はジークの叫びで無垢の巨人になり、ジークの意のままに動き、月が出ていれば夜でも活動できる。
        ジークが驚異の子と言われるのはこういうことが出来るから。それまでは獣の巨人はちょっと大きいというだけで殊更能力の高い巨人ではなかった。ジークがこんなことができるのは母親がフリッツ王家の血を引く王家の末裔だったからなんだけど、マーレもエルディア人たちもそれを知らないから、どうしてジークにはこんなことができるんだろうと思っている。

        211+
  168. 進撃の兵士 より:

    全ての知性巨人を補食→全ユミルの民に自殺を命令→赤子継承するユミルの民がいなくなった後自殺で全ユミルの民および知性巨人をこの世から消すっていうのがジークのやろうとしてることなんじゃないか
    これは104期も全員死ぬしアルミンも喰われるってことだからエレンが納得する訳ないけどな
    よって最終的にエレンvsジーク

    312+
  169. 進撃の兵士 より:

    最終回まで生き残る人予想
    エレン
    ミカサ
    アルミン
    リヴァイ
    ヒストリア
    ジャン
    コニー

    異論は認める

    312+
    • 進撃の兵士 より:

      ミカサ=ヒィズル代表
      ヒストリア=エルディア代表

      エレンとアルミンは13年縛りだし、ミカサとヒストリア以外は退場しそう

      286+
  170. リヴァイ より:

    ジャン
    は、死ぬと思う

    234+
  171. 進撃の兵士 より:

    超大型は9つの巨人に含まれない別種の知性巨人。
    アルミンはユミルの呪いに縛られない。
    アルミン長生き♪平和になったエルディアの未来を担っていく。
    と無茶な妄想をしているので、アルミンは死なないと思います♪

    314+
    • 進撃の兵士 より:

      私もアルミンは絶対残ると思う
      アニメでは語り部やってるし

      283+
    • 進撃の兵士 より:

      副産物とは何かをつくろうとして二次的にできた産物だとしたらアッカーマンはあくまでおまけで本命はやはり人工知性巨人ということなのかな?そうだったら巨人はまだ一体は新たに出てくるんではないかなというかそいつが黒幕だったりして。

      179+
    • 進撃の兵士 より:

      仮に超大型だけが記憶改竄されないとしたら壁の中の巨人はすべて超大型の脊髄液で作られた巨人で未来に記憶を残す為のコールドスリープだとかしない?壁は壁の中の人類ではなく壁そのものを守るために存在していたという、ウォール教が壁を崇めてたのもそういうことだとかかんとか!

      126+
  172. 進撃の兵士 より:

    エレン
    ミカサ
    アルミン
    ヒストリアで

    ジャンは作中で1番普通の人間らしいから生き残って欲しいけどなぁ
    コニーは母ちゃん巨人のままだから何とかしてやって欲しいしなぁ

    303+
    • 進撃の兵士 より:

      ジャンはリーダーに向いている。ジャンは普通の人だから、弱い人の気持ちがわかるんだ。そういう人間から出される指示は的確で、なんたらかんたら・・・ってマルコが言ってました。彼の遺言のようになってしまったけど。
      私もジャンは生き残って、ファルコやガビ、そしてカヤと共に次の時代を築く人材になるんじゃないかと思う。マルコの言った通り。
      この作品はキャラクターのセリフがすごく意味をもって先を示唆していることが多いから、そうなる気がします。
      そうなるとハンジさんが心配だけど・・・
      案外、エルヴィンやハンジ、ミケ・・・古参兵がみな亡くなり
      リヴァイ一人生き残るっていうのもあるかも。

      215+
  173. 進撃の兵士 より:

    フロックら森に到着
    そこにピクッと巨人現れる!
    フロック、スルマと次々に食べられハンジに手が伸びたその時!
    車力の巨人登場、ハンジ救出!!
    ここからマーレと調査兵団共同作戦開始!
    なーんてww

    関係ないけどハンジとピークってちょっと似てる?実は親戚だったりしてww

    238+
  174. 進撃の兵士 より:

    ピクシス司令も脊髄液ワインを飲んでいた。
    ワインがごく初期から仕込まれていたとしたら、策がうまくいくよう、
    ジークは最初から思う通りに兵団幹部を操っているはずだよね?
    てことは、ジークの意志が介入出来るのは叫んだ後の無垢巨人だけで、
    座標が組み込まれただけの人間のままのユミルの民は操れない。
    ということになる?

    あ!巨大樹のホテルにいて単純に街と距離が離れていたから
    操れなかっただけ…?(く、破綻)

    逆に、近場に来たバリス(座標組み込み済)の記憶は見れたから、
    身の危険が迫っていることをすぐに知ることが出来たのかも。

    でもちょっと待って。ユミルの道は、時空関係なしに繋がるのでは?
    …と、2周目が始まりかけたところで、
    兵長がずっと睨んでいたから変な真似が出来なかった。
    という、当たり前すぎるオチがきて終了w

    233+
  175. 進撃の兵士 より:

    ピクってなっている巨人は、リヴァイの死亡フラグじゃなくて、ジークが逃げ出せるキッカケになるんじゃないかな?

    今だとジーク側からしたら絶望しかないけど、ピクっとした巨人が生きて近づいてくれれば、ジークがあの状態でもコントロール出来るしね。

    233+
  176. 進撃の兵士 より:

    エレンは112話でアルミンに「必ず正解に導く決断力をもっていいたのに」って言ってたよね。だから、エレン自身今のやり方が正しいとは思っていないのでは?「仕方がない」でズルズルいってるだけで…。

    もう決別しちゃったから元には戻らないかもしれないが、アルミンが本当の力を発揮するには、残念だけど、ハンジが団長の座を退くか…しかないかも知れない。個人的にはハンジは大好きなキャラなんだけど、発明家には向いていても(好奇心も強い、パラディの文明発達には欠かせないキャラ)、「調査兵団団長」には向いていない。

    フロックは長生きすると思う。漫画だからわからないけど。戦時下においては、ああいう臆病で戦局を見据えて有利な立場にコロコロ寝返るタイプの方がいいんだよ。裏切者、用済みなら殺されることも多いが。世界連合の軍服を着てでも生き残っていそう。マルロとかスルマ(後は巨人の力のないエレン)のようなタイプはすぐ死ぬ。

    ジークは、ファルコを巨人にはできないと思う。自分が親を告発しなければブラウス家があんなめにあうことはなかった。コルトに「それが兄貴ってもんだろ」って言ってたし。

    ただ、エレンがジークを兄と思っているかは難しい。作者の意図はどうあれ、エレンが乗り越えるものはジークではなくてリヴァイだと思うけど。

    244+
  177. 進撃の兵士 より:

    フロックはイェーガー教の信者だよ
    「エレンは示した」とか言うあたりエレンを神化してる
    シガンシナでの経験で強さという悪魔に取り憑かれてしまった
    だから自分が有利とかどうとかは考えてないと思うなぁ

    ハンジがどういう道を選ぶのか
    黙秘して拷問にあうのか、もしかしたら兵士が巨人になってることを予測した上でフロック達を森へ連れて行き自分も巨人に喰われる覚悟なのかもしれない
    私もアルミンの力をさせるにはハンジが何らかの形で退場するんじゃないかと思うよ
    私もハンジ大好きだから辛いけどなぁ

    この掲示板、本当に進撃好きの人ばっかりで
    クソ熱っっついぜえぇぇ!! 笑

    230+
  178. 進撃の兵士 より:

    お月様のかがやく夜、巨人の子ピクッとは泣きながら森をさまよい歩いておりました。おなかがへったのでフロックというおやつをそれはおいしそうに食べました。笑顔になったピクッとはおつかいの約束を思い出しジークおじさんに大切なめがねを届けにいくのでした。めでたしめでたしw

    211+
    • まだ駐屯兵 より:

      おつかいの途中で、お母さんが動けなくなって泣いている男の子・コニーと仲良くなるエピソードも入れたいですねw

      195+
    • おやつの兵士 より:

      一見微笑ましい物語かと思いきや、おやつがフロックってとこがシュール
      名前が「ピクッと」とかセンス良すぎw電車ん中で吹いたわww

      155+
  179. 進撃の兵士 より:

    マーレ勢がアニ結晶の存在を知ったら女型を取り戻しにくると思う
    シガンシナ潜伏時のライベルとライナーのやり取りを見てもアニ救出の優先度を決める決闘をしてたし
    最優先ではないにしても…
    アニの父との回想も長い間放置だしそろそろ動きが見たい

    222+
  180. 進撃の兵士 より:


    ✕ライベルとライナー
    〇ライベルとジーク

    47+
  181. 進撃の兵士 より:

    やばい時ほど正解を当てられるアルミンに、そろそろ覚醒してほしい。かなり、やばいよ。いや、まだまだなのか?!

    205+
  182. 進撃の兵士 より:

    訓練兵たちが キースに襲いかかるが、
    「何じゃ、このこそばゆい拳は!
     蚊でもさしたか! これが拳だー!!」
    「蹴りも まるでなっとらん! これが蹴りだー!!」
    『わしが 元調査兵団団長 キース・シャーディスである!!!』

    しかし、大声過ぎて アゴが外れ、不覚をとる事となる…

    116+
  183. 進撃の兵士 より:

    ジークは巨人になった部下がリヴァイにころされてかわいそうにと思ったが、巨人を元に戻す治療法もない状態で人質になるわけがない
    リヴァイがジークの下半身を輪切りにして動きを封じ巨人化できないほどに弱らせている様子からかなり怒っているのがわかる(何度も逃がしすぎてるからね)
    部下が見捨てられてかわいそうにと思ったジークはファルコが巨人になった時に見捨てる事ができるのかね

    フロッグが教官を拷問させている時に人質のハンジは動けなかったけどエレンに拷問されてもおかしくないからね
    (巨人の実験の趣向返しフラグがある)
    アルミンはお花畑ベルミン化してエレンが指摘した通り脳死してる

    216+
  184. 進撃の兵士 より:

    壁の秘密を早く知りたくてわくわくしてる。

    壁は100年前初代王がもつ始祖の巨人の力により造られた。
    船で渡った新天地には元々壁が用意されていた。
    この矛盾にどんなストーリーが隠されているのか。

    壁の秘密=ウォール教に関することを(ちょっとは)知っていそうなのは…、
    教祖をさせられていた104期ユミルの記憶を引き継いだポルコ
    壁の中の巨人と同じ超大型の記憶を引き継いだアルミン
    壁の王達の記憶を引き継いだエレン
    フリーダの記憶を思い出したヒストリア
    壁の中の巨人の中の人
    あとは、打倒された王政の中にいたウォール教幹部の生き残り?

    ピクシス司令とハンジさんも昔の歴史を知っていそうだけど…
    ウトガルド城時代あたりの古い文献㊙︎から
    うっすら何かをつかんでいるだけなのかもしれない。
    そうじゃなきゃ、ピクシス司令はともかく、
    ハンジさんにニック司祭があんなにこっぴどく怒られることはなかっただろうしなあ。

    209+
  185. 進撃の兵士 より:

    よくわからなくなっちゃったんで誰か教えてください。

    兵団は何をしたいのか?
    偵察機を用意したりしてるから地鳴らしの実験はするつもりなんですよね?
    エレンから始祖を他に移そうとしてるけど、そんなことしたらジークが実験に協力しないですよね?
    それとも実験自体させないつもりなんでしょうか?
    104期たちもエレンに何を求めてるのかイマイチ分かりません。

    207+
    • 進撃の兵士 より:

      ほんとにね。
      みんな正確な情報がないから、実情の判断のしようがないんでしょう。

      兵団は、エレンを兵団に忠実な人物に、ジークを誰かを経由した後ヒストリアに巨人継承させようとしてるんだと思う。

      104期は、まだエレンが自分たちの味方か確かめ中だったけど、102話であんなことになっちゃったから。コニーじゃないけど「こいつは信用できない」と見切りをつけたら打開策が浮かぶかも。

      204+
      • 進撃の兵士 より:

        両方の巨人を移し替えてから地鳴らし実験しようとしてるんですね。
        ジークはともかく、「われらの巨人」と呼んだエレンを殺しに行くあたりかなり非情ですよね。苦笑
        パラディの為には仕方ないことなんでしょうが。
        でもリヴァイは断固阻止してきますよね。
        どうなって行くのかハラハラしてます。

        エレンは最後まで憎まれ役で行くんでしょうか…。
        このままだとエレンを憎んだままジャンとコニーが死にそうで怖いです。

        ご回答ありがとうございます(^-^)

        202+
  186. 進撃の兵士 より:

    あれ?写真変わった?ジークが雷槍にやられる場面の。

    84+
  187. リヴァイ より:

    最後って結局のところエレンは、またもどるんですか?後、前に情熱大陸って番組で諫山先生でてたじゃないですか、最後にエレンが抱っこしていた赤ちゃんは、誰との間にできた子供なのでしょうか? 教えてください。

    218+
    • 進撃の兵士 より:

      それはまだ謎です。諸説あるけど、誰にもわからない。

      214+
    • 進撃の兵士 より:

      赤ちゃんを抱っこしてたのは、エレンじゃないと思うよ。

      191+
    • 進撃の兵士 より:

      赤ん坊が誰なのか?
      赤子を抱き「お前は自由だ」と語りかけている後ろ姿の人間は誰なのか?
      どちらも明らかになってません。

      自分はグリシャとエレンかなと思ってるけど、ループしてそこに話が戻るのではなく、エレンが父親の記憶を見ている、あるいは道につながって過去を見ているのかなと思ってる。
      その時エレンがどういう状況か?使命を果たして死に行く中で見ているのか、生きて呪いから解放されてみているのか?までは想像すらできないけど。

      227+
      • 進撃の兵士 より:

        赤ん坊は(巨人があるべき場所に帰って)自由になれたユミル・フリッツじゃないかなと。

        173+
  188. 進撃の兵士 より:

    地ならしの実験はやると思う。ぶっつけ本番になるかも知れないけど。

    問題はエレンの単独行動。レベリオで奇襲をかけたこと。エレンはそんなつもりはなかったかも知れないけど、自分が始祖を持つ限り、みんなが協力せざるを得ないとわかっていて(パラディ存続の鍵だから)やった、と、ハンジが怒った。

    パラディ島を更に危険に晒すようなことをやってしまった経緯を知りたかった。ジークの計画だったから。

    ウオールマリア奪還では、ラガコ村の住民を巨人にしたし、エレンをマーレに連れていけば、パラディは全滅しても構わないような戦いぶりだった。そういうジークの計画を簡単に信用できるはずがない。エレンがジークに取り込まれているようなら、地ならし発動はパラディの住民に危険が及ぶかも知れないと警戒したんじゃないか?

    結局「やりおったな…」で、ワインに脊髄液をしこまれてしまった。ジークの真意はわからないけど、パラディからすれば、軍を乗っ取られたことになる。

    104期はエレンを信じたかった。あの奇襲、何の理由もなく、何の罪もない一般民衆を犠牲にするような人ではない、と。結局コニーの言う通り「あれはエレンじゃない」のか…。今までどれだけの犠牲を払ってでもエレンを助けるためにみんな全力だった。あの計画は、明らかにそれを利用した計画だった。

    235+
    • 進撃の兵士 より:

      確かに今パラディは乗っ取られた状態ですよね。
      地鳴らしどころじゃなくなってますよね。
      ジークは目的の為には多少、というかかなり被害が出ても仕方ないと思ってますよね。
      エレンもレベリオではマーレの上層部の席に向かって飛び込んでますが、ライナーと話した建物の上にいる住民は殺すつもりで巨人化しましたよね。だからエレンも多少の犠牲は仕方ないと思ってる。
      これはエレンの元々の思想なのか、それともジークやイェレナの影響なのか。
      ただ、ワインの工作についてはエレンはもしかしたら知らないのかもと思います。

      ご回答ありがとうございます!
      185より

      224+
  189. 進撃の兵士 より:

    今月号よーく考えてみると、弟の方はマーレ襲撃でもイェレナには「期待以上」だし、仲間との決別もキッチリ素直にやっているのに、兄ちゃんのジークはリヴァイと決別したくてもできない、よえー。この観点だと抱腹絶倒。先月はリヴァイは大丈夫だろうか…ばっかり考えていたので。

    何をもって「戦い」「戦争」というかは難しいが、ジーク、イェレナ、フロックは「テロ」「ゲリラ戦」という非対称戦争なんだよね。エレンがやったことも。だから、賛否割れるんだろう。時間と場所をエレンとジークは打ち合わせている。まさにテロ。

    結局エルディア人というのは歴史からずっと殲滅戦だったのだろう。パラディ島にとっては、「兵士が」巨人と戦ってきたから、民間人を巻き込むことに慣れていないし、受け入れられない。このスタンスが反イエーガー派なのだろう。「人が武器化される」ことについても。自爆テロのようなもの。

    マーレのマガトが「これは戦争ではありません」「人が大勢死にます」を?と思って読んでいた。中東連合との戦争では、一般の(多分)エルディア人を大勢飛行船から落として、ジークの叫びで巨人化させたでしょう。あれはいいのか?と。

    日本人として日本で生まれ育って、学生運動とか戦争を知らないのでピンとこなかった。逆をいうと、ジークはそのような環境で育ち、同志エルディア人を駒にすること、普通のことになってしまったのだろう。

    数年前シリアにいる日本人女性ジャーナリストが撃たれて即死だった。あの頃、7歳のシリア人の男の子が兵士だったことにも驚いたのを思い出した。これはただの独り言です。悲劇だと思った。長銃を抱えた男の子の写真があった。中東って「石油」ってイメージしかないから。

    今、パラディ島は内乱(イェレナと義勇兵は距離がある。あと、マーレ捕虜。イエーガー派、反イエーガー派)状態。非情なことをやってのけられる人材は、エルヴィンに「夢を諦めて死んでくれ」と言えたリヴァイだと思う。エレンはまだリヴァイには叶わない。そうあって欲しい、お願いです。

    あと、キヨミ様は意味不明な行動が多い。アズマビトの末裔のミカサが拘束されているのに日和見?ヒイズルは何かありそうですね。仕事が終わるとリヴァイのことしか考えられない、自分はアホだと思う。でも、声優さんが神谷さんなので、どうしてもダメなのです。滑舌がいい(聞きやすい)。

    224+
  190. 進撃の兵士 より:

    ↑自分はあまりしゃべるのが好きではないので仕事は経理です。声がきれいな人は羨ましい。

    97+
  191. 進撃の兵士 より:

    この後リヴァイから逃れられないと悟ったジークは真相を告白。
    リヴァイはエレンから始阻を他に移すことを阻止しようとしてるのはイェーガー派と同じだし時間がないって思ってるのはジークと同じだから納得できればエレンとジークに協力すると思う。
    フロックはピクッ巨人に食われる。
    ハンジはジークの叫びで森にやって来たピークに助けられる。
    っていうのが自分の予想。

    189+
  192. 進撃の森 より:

    はぁぁあ!!なんだかよくわからないけどすごいことになってる。みんな歳とってしまったからなんか切ない…。ミカサとエレンとアルミンが3人でまた仲良くできるような画はもうこの先見れないのでしょうか…どう展開していくのか楽しみでもあり、複雑でもある…。

    184+
  193. 進撃の兵士 より:

    希望的な予想
    サネスが言った役割は「クーデターの際に出る旧体制側の生け贄」であり、ハンジを制してキースが生け贄になったことでハンジに順番は来ない。

    キースを見てハンジはそれを察し、外部勢力に対抗するために新体制に協力する。ジークの下に案内するがそこにはリヴァイ班の巨人がいてフロック死亡。新兵は巨人の恐怖を知るも引き返す選択肢はなく戦力に組み込まれる。

    ジークの逃走から事態が想定以上に切迫していると考えハンジはエレンに接触。エレンと共にリヴァイが向かうであろうヒストリアの下へ。ハンジがリヴァイを説得し地ならしの実験に進む。

    178+
    • 進撃の兵士 より:

      やや露骨な長期的なフラグだったから読者にはバイアスがかかったんだと思う、それが作者の狙いだとしたらハンジはフラグ回避して成長すると思った

      126+
  194. 進撃の兵士 より:

    じゃあ、自分も。
    リヴァイは絶対にジークを許せないんだが、人類最強唯一頭があがらないのがヒストリア。残酷なことを…と怒られて、ジークとヒストリアは血縁なので、ヒストリアの介抱のなかで、ジークとヒストリアはお互いの過酷な記憶を読みあう。それで、ヒストリアの命によって、ジークとリヴァイは和解。
    ピクッとちゃん巨人は、パラディに潜入したピーク、ポルコのどちらかを食って人間になる。

    176+
  195. 進撃の兵士 より:

    フロックはあんだけ強烈なキャラだからまだ死なないと思う
    そんで普通に巨人に食われるとかじゃなくてもっとなんか悲惨な死に方しそうな気がする

    170+
  196. 進撃の兵士 より:

    自分も希望的妄想。
    レストランの円卓での出来事から、今のエレンはアッカーマンを制御出来る可能性がある。なので、兵長にはさくっと勝つ。そんな気がして非常に悔しい。妄想で勝手に悔しいw 兵長には眠っていてもらうだけ。で、地鳴らしか何かが起こった時には、逆に戦鎚の力で兵長を守る。これは何故だか嬉しい。親鳥のようにエレンを守って来た兵長が今度は救われる側になる。なにこのこそばゆい感動。

    172+
  197. 進撃の兵士 より:

    ベルトルトが穿ったシガンシナ区のあの大穴。あそこから何かが湧いて出て来そうで怖いw 坑夫の話では地下にも硬質化した壁があるらしいし。

    あと、よく考えたら、戦鎚というどこでもドアを持ってるんだから、エレンは待ち合わせの場所がどこであろうとすぐ行けそうw というか、ジークもそこ通れそう。

    164+
  198. 進撃の兵士 より:

    キース教官、ボコボコにされたおかげで生存フラグ立ってそう(メタ視点で)

    139+
  199. 進撃の兵士 より:

    ニック司祭が守りたかったものは人類ではなくて壁そのものだったのかな。地ならしって破壊の後の再生に意味があるんでは。

    152+
    • 進撃の兵士 より:

      破壊の後の再生・・・北欧神話はまさにそんな話。
      神々と巨人族が戦って世界は一度滅びる。
      その最終戦争(ラグナロック)以前より天変地異が続いていて
      その時点で人類はほとんど滅んでいる。
      ラグナロック後、わずかに生き残った人々が新たな秩序を築いて世界を再生させていく。神様もわずかに生き残ったのや死んだのに復活したものがいた。
      だから新たな世界には人間と神様がいて今に至ってることになってる。巨人は全滅。

      だからこの物語も巨人は滅ぶんだろうなあと推測してるんだけど、滅ぶのは9つの知性巨人だけなのか巨人族ともいえるユミルの民全部なのか。どうなることやら・・・・

      180+
      • 進撃の兵士 より:

        へんな想像だけど地ならし後壁がもう一つ増えて4重になったりして

        153+
  200. 進撃の兵士 より:

    アルミンへ

    君がエレンのことを理解できないのは君が大人になったからだよ。日ごとにパラディ島は危機を迎えつつある。わからないか?自分たちを導いてくれる人を忘れてしまった。多くの犠牲者が出たことを振り返っても、その人たちを思ったところでかえってはこないから仕方がないし、長い間怯えて過ごした巨人ももういないから怯える必要もない。

    巨人との戦いは悪夢のようだったね。だからその脅威がなくなって、君は義勇兵がもたらしてくれる新しい文明を楽しいと思うだろう。エレンがリスクをとってでもやろうとすることを理解できない。エレンは海の向こうには新たな可能性が…と君に伝えたかったけど、記憶に縛られて、より過酷な現実しか見えないんだ。

    君にとって、過去のつらい記憶を思い出すのはつらいだろう。それでもエレンとリヴァイは壁の向こうにあるものの夢を君に託したんだよ。君が見たかったもの、海は実現したが、炎の水、砂の雪原?はもういいのか。忘れてしまったのか。もうどうでもよくなったのか。「アルミンの夢」こそが、エレンとリヴァイに希望を与えるのだ。エレンやリヴァイは英雄気取りなど何も考えちゃいない。君の夢を思い出して欲しい。それは同時に壁の中で生きる人生に縛られてつらい記憶もあるだろう。

    人は忘却することで、今の生活を享受できる。でも…君の夢は何だった?可能性は無限にあることをエレンは君に伝えたかった、でも、現実はより過酷なのだ。君が見るものは、ベルトルトの記憶ではなく、エルヴィンの継承者である記憶。エルヴィンは常に先を見る人。

    誰だって長生きしたい。それでも、ジーク、エレン、リヴァイはそれに向き合っている。君はエレンのような「死に急ぎやろう」ではないが、知恵がある。そして勇気もあるのだ。ジャンの命を救った。誰だって平和な世界で安穏と暮らしたい。長生きしたい。君らしく生きよ。

    強ければ、力があれば英雄ってことはない、知恵がなければ…。エレンとは別の道を、それでも、図鑑を抱えてエレンにみせて目を輝かせていた頃の自分を思い出せば、エレンは何も変わっちゃいない、少年のままであることを…。それを否定するのは構わないし、わかってやれとは言わないが、アルミン、君は君のやり方でできることがあるだろう。君も英雄、渋々でもね。君の力がどうしても必要。

    フロックは、嫌われっぷりがすごいが、あれが群衆心理であって、彼はあっけなく死ぬだろう。それが凡人らしい。自分がああいう過酷な環境だったら、「自分にも何かできる」とおもいながら無意味に命をおとすだろう。進撃の巨人は「後悔はするな」それがテーマだと思う。「決断は次の決断の材料になってこそ意味がある」、この意味は未だにわからないけど。エルヴィンはすごいし、流石にリヴァイがついていこうとした感覚はわかる。リヴァイにとって、アルミンがそうなればいいなあ。過去どれだけの人々が犠牲になったか、今の幸せはその礎であることを、アルミン、思い出して。それはとてもつらいことではあるけれど。君の知恵が必要。気乗りしない英雄であっても。君しかいない。エレンは自分が英雄だとは思っていない。君こそが英雄だった。でも悔しいからぶん殴ったんだよ。君の知性をいつも尊重して、君の戦略を一番期待してたと思うんだ。つらかった記憶を思い出して。エレンの声が聞こえるかも知れない。平穏でいたい今の君にはわからないかもしれないが。

    193+
    • 進撃の兵士 より:

      渾身の一筆。

      アルミン、君の覚醒を待ってるよ。

      147+
      • 進撃の兵士 より:

        ありがとうございます。たまたま「reluntant heros」を聴く機会があって、これはアルミンの歌じゃないかな…と。それに対する自分の意見を書いただけです。評価ありがとうございます。

        148+
        • 進撃の兵士 より:

          200さんの思ってる通り、The Reluctant Heroesの歌詞はアルミン視点のイメージで書いたと、作詞された方がどこかのインタビュー(澤野氏のパンフだったか)で言っていましたよ。
          兵長の戦闘シーンで使われてから「リヴァイのテーマ」と言われるようになったようですね。
          アルミンの活躍ターン、必ずあると思います!

          135+
    • 進撃の兵士 より:

      いやアルミンの覚醒/活躍は必ずあるだろう
      作者もアルミンのこと書きたいって言ってんだし大丈夫なはず

      ミカサ、ジャン、コニーなんか大して活躍出来ないまま終わる可能性だってあるんだからさ…キャラが本当勿体ないわ
      エレンと対立させる為にどんどん無能にさせられて可哀想だわ
      兵団側がていうか調査兵団が空白期間で何してきたかもう少し明白にして欲しかったな
      それならまだ納得出来たんだけど

      最近フロックばっかりだもんな
      104期の活躍シーン好きなのにがっかりだわ

      188+
      • 進撃の兵士 より:

        調査兵団の空白期間についても今後明らかになると思うよ

        -マーレ潜入調査はみんなで行ったのか
        -それとも一部の人間で行ったのか
        -そもそも行かなかったのか
        -みんなで潜入中にエレンは姿をくらましたのか
        -一旦パラディに帰ってきてから再び単独でマーレに行ったのか

        エレンが今に至る原因がこの間にあるはずだし、諫山先生が言ってたミカサの髪が不慮の事故で切れてしまったという話もこの辺にあるはず

        164+
  201. 進撃の兵士 より:

    『シンゲキガガガ』
    「大切な事は 全部「進撃の巨人」が教えてくれる」
    将来、本作はそう呼ばれるだろう。
    “進撃オタ” たちよ、誇りを持て!

    165+
  202. 進撃の小人 より:

    エレン!
    お母さんの仇はどうしたっ!

    152+
    • 進撃の兵士 より:

      お母さんの仇のダイナはもう死んだ
      なので仇というならたぶん元凶であるマーレとか外の国々になるのかね?

      122+
  203. 進撃の兵士 より:

    これからの展開、私の予想です。
    まずリヴァイがどこに向かってるのか?私はどこにも向かってないと思います。
    ヒストリアの所に今行っても出産はまだ先だし巨人薬もないと思います。
    そしてピクシスの所。これもないと思います。今のこの状況で壁内へ向かうのが危険なのをリヴァイは察してます。だから人気のない場所に居るのだと思います。そして馭者がいません。笑
    馬だけで目的地に向かうのは無理です。

    この場所に留まって起こると思われることはまずハンジを連れたフロックらイェーガー派が鉢合わせすることです。でも私はフロックらはリヴァイとは会わずジークの勾留地だった森に到着すると思います。そしてあのピクッと動いてた巨人に襲われると思います。(ここでフロックが死亡するかはわかりませんが。)
    でもここでハンジが巨人に襲われて死亡するというのはちょっと考えられないので誰かが助けに来るんじゃないかと思います。それを私は車力の巨人(ピーク)と予想します。
    ついでに言うと監禁されてる104期の逃亡の手助けはライナーがするんじゃないかと思います。
    ピークらマーレ戦士達はパラディの情勢から自分達がジークに裏切られたように調査兵団もエレンに裏切られてることを知り協力体勢に入ると思います。

    そしてリヴァイとジークの所に向かうのは…エレンだと思います。104期を監禁してるあたりエレンとジークの目的遂行はもう間近ということです。なので悠長に待ってる場合でもないしジークがいなければ実行できない。ジークが逃亡に失敗しリヴァイに捕らえられてるのもエレンの予測内だと思います。
    リヴァイもまた逃亡した方向からジークがシガンシナへ向かおうとしてたと予想しエレンが向かって来るであろう場所で待機してるのではないでしょうか。
    そしてエレン、ジーク、リヴァイの3人のなかで何らかの話し合いがあり調査兵団+マーレ戦士と対峙する展開になるんじゃないかと思います。

    長文失礼しました。

    200+
    • 進撃の兵士 より:

      凄いですね。細かいところまでよくみておられる。確かにリヴァイは動かないかも。

      ピクシスは全面降伏でイェレナを釈放するんじゃないか。そうするとフロックは用済み、イェレナに問答無用で殺される、と、予想。イェレナはエレンの女性名なので、何かありそう。彼女が自由になれば、104期の拘束も意味がなくなる(ピクシス司令官の命令、指揮権をイェレナに委譲)。イェ―ガー兄弟でなきゃいけない橋渡しの役目?彼女が出てくれば、マーレの車力、顎、鎧も味方につけやすい気がする。

      185+
    • 進撃の兵士 より:

      というかマーレから帰ってきて今に至るまでの間にエレンとリヴァイって何の接触もなかったのかね?ジークに関しちゃ全く信用してないようだが、エレンについては何も触れてないのがかえって不自然というか。エレンもリヴァイには本当のこと話してもいいと思うんだかな、何ったって巨人より強いんだし。エレンとリヴァイでジークを嵌めようとしてたりしたら嬉しい。違うだろうけど。それにしてもイェレナは何がしたいんだ?気になって眠れん。

      155+
  204. 進撃の兵士 より:

    いやー、今回もなんか話が深いですねー。それぞれ色んな目的とかありますもんね。
    とわってほしくない。

    84+
  205. 進撃の兵士 より:

    ポルコはイェレナに何かしら仕返しするんじゃない?「あの時はどうも」って

    113+
  206. 進撃の兵士 より:

    ジークの目的って、もしかしたら、壁の中の巨人(の中の人達)を救い出すことだとか?

    壁の中で眠っている人達というのは、そもそもどこの誰なんだろう?
    100年前、カール・フリッツが安寧を得るために、
    三重の壁となり犠牲になったパラディ島の先住民?
    (もしかしたらもっと古代から眠っているのかも?)
    つまり、彼等は、誉れ高き純血のエルディアの民。

    だとすると、ジークにとって壁内人類の存在は邪魔…どころかむしろ復讐すべき敵。

    163+
    • 進撃の兵士 より:

      壁の中の巨人、不思議ですよね。
      知性巨人はもともとユミルから生まれた9体だけなので、
      知性巨人ではありえず無垢の巨人なんだろうけど。
      無垢の巨人にしちゃえらく巨大だし(超大型なみにありそう)、硬質化できるというのも不思議。
      硬質化は知性巨人だけの能力かと思ってた。
      ヨロイブラウンみたいな注射薬使えば、無垢の巨人でも
      硬質化できちゃうのか?無垢巨人ベースに注射薬でいろんな特注オプション追加みたいな。
      それとも始祖の巨人が生み出す巨人はいろんな能力が備わるのか????

      129+
      • 進撃の兵士 より:

        本当に謎に包まれていますよね、壁の巨人。
        ウォール教の人をがくがく揺さぶってきいてみたい気分ですw

        入っている巨人の出自が詳しく描かれたことは、たぶん、今までない…ですよね?
        86話のダイナの会話中の古代絵を見ると、ひとりひとりの顔が違うので、
        その時生きていた人達から造られたのではとは思うのですが。
        いったいいつの時代に…?
        初代王が100年前造ったのでしょうけど…、
        単行本の裏表紙によると、もともと壁は用意されていたともあるので、
        初代王が島に着く前に、始祖と同じくらいの力をもった何者かが
        先住していた可能性さえもありますよね。
        年号元年は一重めの壁が初めて造られた時を示すのかなとか。

        全員100年以上眠り続けた知性巨人だったら?と無茶なことも考えてみたのですけど、
        作中では60年後に無垢から人に戻ったユミルの例しかなく、
        元の身体を13年以上長期保存出来るのは無垢しかないのかもしれません。

        そもそも、始祖が硬質化を使えるのなら、なぜ壁だけを造らずに、
        中に巨人を入れる必要があったのか?という疑問があるんですよね。
        壁内を巨人から守る以外の何かの目的があったのでは?
        地鳴らし要員以外では何が?というと、やはり
        記憶の伝承、ということになるのでしょうか。
        でも、初代王は民の記憶の改竄を望んだのですよね?
        教えたいのか教えたくないのかどちらなんでしょうねw
        壁が壊されるような終末が訪れた時に何かを示したいのでしょうか。
        巨人達に声帯があったらそのまましゃべれるかもなので
        人間に戻る予定はないのかもしれませんがw

        156+
        • 進撃の兵士 より:

          日光をあてないと動きが止まるのも今までユミルを含め無垢の例しかないですよね。
          地下のアニがもし水晶体の中であと2年、寿命の日以降も生きたら全て覆りますが…。
          そんなにゆっくり眠っていられそうな状況でもなくなりましたよねw

          112+
          • 進撃の兵士 より:

            よく考えると、楽園送りに使われていた高い壁は誰が造ったんでしょうね?
            普通に考えると、送る側の人間=大陸側の人間=マーレ?
            あ、そうか!タイバー?
            タイバー家は戦鎚を代々管理していたわけだから…。
            壁くらい造れそう。
            思えば60年前ユミルを壁から落としたのもタイバーっぽい制服だった。
            ということは、もともとパラディに三重の壁を造っていたのもタイバー…?

            戦鎚を食べてから黒エレンが加速したように思えるから、タイバーには何かありそう…。

            89+
            • 進撃の兵士 より:

              私も書いてしまおう。恐縮ですが。

              パラディ(パラダイス)ですから、「楽園」ではなくて、作者のネーミングセンス「墓場」だとずっと思っておりました。姥捨て山的な感じのものです、最初。ウトガルド城は墓守。

              エルディア帝国を築くのに、無垢の巨人は役に立ちますが、新しい都市や街を築くのには大きすぎてジャマになる。だから、どこかに隔離する場所が必要で、それがパラディ島だったのか、と。始祖なら自死を命ずることも可能だと思うのですが巨大すぎるし多すぎて街を壊す。ですから、パラディに大量に無垢の巨人がいたとしても、始祖を持つ王のいうことは聞くから、王の保養地を作ろうとしても特に問題ない。

              大きさのわりに質量が軽い、呼吸をしないことから、船で網でひいて搬送も可能。私の推測の弱点は、無垢の巨人は海を嫌うのか、内陸に向かって走ることですが、これも過去のユミルの民の記憶でなんとかなりますかね、ダメ?

              そうやってほったらかしにしていたら、どちらがどちらに影響を与えるかはわからないけど、あの巨大樹の森のように大きくなっちゃった。2000年近くあれば、大きくなってもおかしくはない。巨人って、水があんまり要らない植物に似ていると思うのです。それで145代がそれを使って矛と盾、壁を作った。

              119+
    • 進撃の兵士 より:

      妄想だけど。ジークは、たぶん、小さい頃から人の気持ちがわかってしまう感受性の強い子供だったんじゃないかな。普通の人間としてもそうだけど、王家の血が流れるユミルの民として、否応なく道がつながってしまう。ニコロによると10年も前から脊髄液攻撃を駆使していたらしいけど、道を覗く練度が早熟だったのでは?世界中のユミルの民の助けてという声がずっと聞こえていたのでは?

      97+
  207. 進撃の兵士 より:

    長文になっちゃった。ごめんなさい。

    イェレナは宇宙生命体と戦う「地球軍」みたいなことを考えているのでは?世界で争うのではなく、みんなでまとまりましょう、みたいな。もちろん敵はパラディ島。だから、パラディ島が強ければ強いほどいいんだよ。「地ならし」で脅威を与えている間にパラディ島へは文明を供与できるし(ヒイズル)、それがwin-winになる、と。ジークの心棒者だから、ワインはジークの計画にのらなかった時の保険。クーデターを起こしてでも、ジークがリーダーでないと困る。

    歴史でいうと、ナポレオンが出てきたときに欧州は危機に直面した。それまで兵隊というと傭兵(今のマーレ。これからイェレナは人々を解放してやりたい)。ナポレオンは徴兵制で(戦略が全然違う、国民の士気も高いから全面戦争を仕掛けられる)「フランス革命は正しいのだ」という大義名分を作って、ヨーロッパを侵略して皇帝になったんだよね。

    この辺りから、ヨーロッパでヤバいやつがでてきたときのために、少なくともドイツ語をしゃべる所は国としてまとまった方がいいんじゃね?になった。あんな感じ。

    オーストリアはドイツだったでしょう。モーツアルトも自分はドイツ人だって思ってたんだよね。たまたまヒトラーがオーストリア出身だったので、「いや、俺らはドイツ人じゃねーし」ってなったけど。

    マーレの感じから時代は植民地支配時代、資源獲得時代。それにしては、巨人の力に頼るばかりで新聞の見出しを読むだけで領土が拡がる無能っぷり。連合国は科学の発達、武器を強化しているのにも関わらず、だよ。

    ジークはどんどん開発される兵器で、兵士でも無意味な死に方をする人を救ってあげたいのでは。それは自分の個人的な願望だが。戦争は終わらない、が、前提。

    エレンは地ならし発動で、世界を滅ぼす危険性がある。そういう子だったじゃん。計算ができない。親友のアルミンに何かあったら自分の能力も顧みず、不良とケンカしてた、それを助けたのはいつもミカサだった。ただ、どんなに自分に不利になろうが屈服はしない子だった。

    リヴァイは地下街で「仕方がない」という絶望的な表情を見て育った。「まさかお前が…」と、エレンを諦められないだろう。そこがこれから面白そう。

    153+
  208. 講談社は堕天使 より:

    進撃の巨人は、これから日本を中心に地球全体で現実に起きる事である。
    AKIRAで水爆の予言があるように、その影響で周りの人間が巨大化してしまうのだ。
    これがウルトラマンのモデルでもあり、ギリシャ神話の巨人でもある。
    これを講談社に描かせているのは、電通のバックのフリーメイソンであることは、確実であろう。
    詳しいこの世の仕組みは、仏教のブッタの死に際に言ったとされる予言「鶏頭城」を見れば分かります。
    キルロイと言う人がコメント欄により詳しく大量に書き込んでいます!
    早く調べて!準備をするには、もう時間がありません!約束の地に一人でも多くいけますように!

    84+
    • 進撃の兵士 より:

      面白いね。君は若いのかな。日本人は倭人、本来凄く残虐、台湾もそう。

      66+
      • 進撃の兵士 より:

        ↑自分は日本人。首狩り族といって、スパっと切れる刀がものすごく怖かったんだ。そして、識字率は世界一を誇る。いいたくなし気を悪くしたら謝罪いたしますが、日本はマジで強かった。

        83+
  209. 進撃の兵士 より:

    エレンはジークとパラディ島そのものを地ならしで地図から消そうとしていると予想している。
    その後戦鎚のちからで舟を作ってジャンたちを新大陸へ逃がす。

    91+
  210. 進撃の兵士 より:

    早く続きを待って寝る

    67+
  211. 進撃のぽぽちゃん より:

    最後の方でジークが足切られて叫んでるの、あの不穏な動きをした巨人の肉片を呼んだのかなと思ったのですが、ありよりのありですか?

    14+

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ