【進撃の巨人】ネタバレ27話最新「エルヴィン・スミス」<あらすじ感想と考察>28話画バレ

進撃の巨人ネタバレ27話

『進撃の巨人』第7巻 ネタバレ27話
タイトル「エルヴィン・スミス」

別冊少年マガジン2011年12月号(2011年11月9日発売)掲載のあらすじ感想と考察です。。
未読の方はネタバレ回避してください(ง ˘ω˘ )ว

スポンサーリンク

『進撃の巨人』ネタバレ第27話「エルヴィン・スミス」のあらすじ

1017
             
パキ パキ パキ

クリスタ「…っ!」

巨人「うん… うん…」
パキパキと幹を掴んで登ろうとしている巨人

クリスタ「あの…登ってきましたが…」

ナナバ
「そうだね ここまで登ってこれたら私がどいてあげようかな でも 多分あと少ししたら…」

クリスタ「?」

ナナバ「撤退命令が出ると思うけどね」

クリスタ
「それは…さっきから森の奥で鳴ってる爆発音と関係があるんですか?」

ドオオォオオォォォ ドオオオォオォォォオ

広大な森に、爆発音が何度も地鳴りのように響いています-

――別の場所の樹上

1019

ミカサ「……」
森の奥の様子を伺うミカサ

サシャ
「ミカサ… この音 何だと思いますか?森の中で大砲でも撃ってるんでしょうか?」

ライナー
『向こうで何やってんだ? 大砲を持って来たようには見えなかったぞ…』
別場所のライナー

ドオオォオォォォ

さらに離れた樹上にはコニー、ベルトルト、ユミルがいます-

ユミル
「さっきから後ろがうるせぇな なぁ?ベルトルさん クリスタがどの辺に行ったか知らない?」

ベルトルト「ごめん…知らない」

オオオォォォォ

コニー
『もうワケがわからん 今 何の為に何してるんだ …早く帰りたい』
うんざりした表情のコニー

ドオオォォォオォ


別の樹上のアルミンとジャン-
爆発音が響く中、ジャンが立体起動装置に手を掛けます

ジャン「少し移動するぞアルミン!」
アルミン「うん!」

1012

おかっぱ巨人が木を登って来ています

ジャン
「野郎…コツを掴んできたみてぇだ… 木登りが段々上手くなってきてるぞ」
ヒュン・・・移動を開始する二人

アルミン
「学習能力があるってことだ…怖いことにそれも個体差があるだろうけど」

スタッ
アルミンとジャンは別の木の枝に着地します

ジャン
「なぁアルミン 今森の奥で何かやってるみてぇだが…」

アルミン「!」

ジャン
「何となく察しがついてきたぞ あの女型巨人を捕獲するためにここまで誘いこんだんだな?」

アルミン「……」

1015

ジャン
「そんな大作戦を一部の兵にしか教えなかった理由もこれしか考えられねぇ 人為的に 壁を壊そうとする奴らが兵団の中にいるってことだろ?」

巨人がギシギシと木を降りていきます

アルミン
「うん…僕もいると思う 多分…団長はそう確信している」

「エレンの存在は巨人が人為的に操作されている可能性を示唆するものだから 壁を壊そうとした巨人は人間であり…彼らは壁の内側にいると想定される…ならば真っ先に今やるべきことはその人間を特定してこれ以上壁が壊されるのを防ぐことだ それ以上に…彼らを捕まえることができれば調査兵団の悲願である情報が…この世界の信相そのものが手に入ると期待できる」

ジャン
「あの音はそいつが罠にかかった音で エレンはそのエサか…しかし…どうして団長はエレンが壁を出たら巨人が追ってくると確信できた?」

アルミン
「それは…今回の襲撃で彼らが壁を完全に壊さなかったからだと思う」

ジャン「は?」

アルミン
「彼らはなぜだか攻撃を途中でやめてしまったんだ ウォール・ローゼを塞ぐ内扉まで破壊しなければ彼らの目的は達成できないはずなのに… 中止する理由があったんだ せっかく壊した扉が塞がれてしまう時もほっといた 恐らくそれどころではなくなったってことじゃないだろうか…」 

1011

アルミン
「もし彼らが壁の破壊よりも重視する何かがあの時に起こったのだとしたら それはエレンが巨人になって暴れ回ったこと以外には考えにくい…」

ジャン
「…ってことは えーっとつまり?エレンの巨人化をあの時に知った奴の中に諜報員のようなのがいるってことだな?… …あの時 あの場所で 見てた奴らの 誰かが…」

1014

ジャン
「だとしても釈然としねぇ どこに諜報員がいるかわからないって状況にしても もう少しぐらい多くの兵に作戦を教えても良かったんじゃないか?」


――森の中 リヴァイ班、エレンらが立体機動で樹上に立っています

エレン
「相手が知性のある巨人だと知っていれば死なずに済んだ兵もいたんじゃ…」

1009

オオオォオォオォォオ

エレン
「オレ達のような新兵ならともかく 長く調査兵団をやってる先輩達にも知らされないなんて…」

オルオ「うるせーな…」

ペトラ
「私達が団長や兵長に信用されてないって言いたいの!?」

エレン
「い…いや…でも そーいうことになっちゃいますよ!?」

ぺトラ「クッ…」

オルオ
「ペトラ!そいつの歯を抜いてやれ!前歯と奥歯を差し替えてやれ!」

2003

エルド
「しかしそれなりの人数が事前に関わっていないとあの罠は成功しえないはずだ 計画を知らされた兵は恐らく… 5年前から生き残ってる兵員に限るだろう イヤ…そう思いたい」

オルオ
「なるほどそういうことか そうに違いないな わかったかエレン?そういうことだ」

ぺトラ
「うん!そういうことなら仕方ない」
「諜報員は5年前 壁を壊すと同時に壁内に発生したと想定されているから 団長は容疑者をそこで線引きしたんだよ」

エレン
「…5年前 本当に諜報員が…」

エルド
「ソニーとビーンを殺したヤツとも同一犯なのか?」

ぺトラ
「あ…私…あの時 団長にそれを質問されたんだ」

-回想-
2004

エルヴィン
「君には何が見える? 敵は何だと思う?」

エレン「オレもです あの質問は…そうか」

エルド
「あの質問に答えられていたら 本作戦に参加できてたのかもしれないな… そんな者がいたとは思えんが」

オルオ
「俺はわかっていたぜ?でもな…そこはあえて答えなかった お前らにはそれがなぜだかわかるか?」

ペトラ「…なんで?」

エレン「…」

オルオ
「はぁ…なんだ?わからないのか? まぁお前ら程度じゃわからないだろうな なぜお前らにはわからないと思う? それはお前らが俺の域に達していないからだ」

ぺトラ
「ねぇ…また兵長のマネしてるつもり? リヴァイ兵長はそんなこと言わない」

エレン
『これが成功すればすごいことになる でも…そのためだとしても 人が死にすぎた』

―――場面は変わり、ジャンとアルミンのいる樹上

ドシーン・・
木を登っていたおかっぱ巨人が、尻から落ちます

ジャン
「あの巨人の存在を知っていたらよ… 対応も違ってたはずだ お前の所の班長達だって…」

アルミン「…!」

2001

『俺がお前らの班長のネスだ! そして俺の愛馬のシャレットだ!よろしくな!』

ネス班長を思い出すアルミン

アルミン
「いや…間違ってないよ」

ジャン
「は? 何が間違ってないって? 兵士がどれだけ余計に死んだと思ってんだ?」

アルミン
「ジャン 結果を知った後で選択をするのは誰でもできる 後で『こうすべきだった』って言うことは簡単だ」 

「でも…!選択する前に結果を知ることはできないだろ? あの巨人の正体は誰か?何人いるのか?何ができるのか?何を知ってるのか?何を知られてるのか?」
「わからないよ!いつだってわからないことだらけだ!でも時間って流れるし止まったりしてくれない! 結果がわからにのに選択の時間は必ず来る」

「結果責任って言葉も知ってる 便利で正しい言葉だと思う どれだけの成果をあげようと…兵士を無駄死にさせた結果がなくなるわけじゃない 確かに団長は非情で悪い人かもしれない…けど僕は…それでいいと思う」

「あらゆる展開を想定した結果 仲間の命が危うくなっても 選ばなきゃいけない 100人の仲間の命と 壁の中の人類の命を」

1013

「団長は選んだ 100人の仲間の命を切り捨てることを選んだ」


-リヴァイ班

1008

エルド
「エレン…お前はまだ知らないだけだが それも今にわかるだろう エルヴィン・スミスに人類の希望である調査兵団が託されている理由がな」

ペトラ
「リヴァイ兵長があれほど信頼してるくらいだからね」

オルオ
「それまでてめぇが生きていればの話だがな…」

――

アルミン
「大して長くも生きてないけど 確信してることがあるんだ…何かを変えることのできる人間がいるとすれば その人は きっと…」

「大事なものを捨てることができる人だ」

「化け物をも凌ぐ必要に迫られたのなら 人間性をも捨て去ることができる人のことだ」

1003

「何も捨てることができない人には 何も変えることはできないだろう」

断末魔

1001

-女型の巨人の捕獲場所

ハンジ「ふん!!」

ドォ ・・ドスドス

足で「対特定目標拘束兵器」を発射するハンジ
新たな矢じりが女型の巨人の尻付近に突き刺さり、もはや身じろぎ一つ出来ない状態です

2002

ハンジ
「これでどう?もうかゆいとこあっても掻けないよ?身じろぎ一つできないよ 多分一生 傷を塞げば塞ぐほど 関節はより強固に固まっていく仕組みだ」

ギシギシ ギシギシ

ハンジ
「…しっかし肝心の中身さんはまだ出せないのか? 何やってんだよリヴァイとミケは…」

1010

ヒュ ヒュ ゴオオオォォオオォ

リヴァイやミケが立体起動でスピードをつけ女型の巨人の首筋に刃を打ち付けています

ピクッ ビキキビキビキ ビキ

しかし、うなじをガードした女型の巨人の両手は硬化して刃を跳ね返します

1016

ガキン ガキン ・・刃が折れる

ギュイイイイイィィィイ ビキビキ

ミケが肩を竦めて見せています

1018

エルヴィン
『体の一部の表面を硬質な皮膚で覆うことができる能力…話に聞く「鎧の巨人」と似通った性質…』

女型の硬化した指がボロボロと崩れていきます

『「鎧の巨人」とは違って硬度を維持することはできないらしいが… 立体起動の白刃攻撃をこのまま続ければ弱っていくのか? 試してる時間は無い ならば…』

エルヴィンが手を上げると、兵士が歩み寄ってきます

兵士「はい」
トン

エルヴィン
「発破の用意 目標の手を吹き飛ばせ」

グイッと兵士の肩に手を置くエルヴィン

兵士
「はい …しかし常備してる物の威力では中見事吹き飛ばしてしまう可能性があります」

エルヴィン
「ならば手首を切断するように仕掛けてみよう 合図を送ったら一斉に仕掛ける 最短で起爆せよ」

兵士「了解!」

5001

ヒュ・・
一方で女型の巨人の頭の上に立つリヴァイ

リヴァイ
「オイ…いい加減出てきてくれないか? こっちはそんなに暇じゃないんだが」

「なぁ?お前はこれからどうなると思う?お前はこの状況から抜け出すことができると思うのか? こっちの迷惑も少し考えてほしいもんだ お前を引きずり出す方法を考えては試しを繰り返すんだぞ」

「お前は確か…色々なやり方で俺の部下を殺していたが…あれは楽しかったりするのか? 俺は今楽しいぞ なぁ……?お前もそうだろ?お前なら俺を理解してくれるだろ?」

「…! そうだ…一つ聞きたいことがあった お前の手足は切断しても大丈夫か?また生えてくるんだろ? お前自身の本体の方だ 死なれたら困るからな」

とその時、女型の巨人の口が薄く開き スウウゥゥゥと空気を吸い込むのに気付くリヴァイ

リヴァイ「!」

1026

「きぃやああああああぁぁああぁぁああああぁぁぁあああああ」

次の瞬間-凄まじい叫び声が放たれ
その場にいた兵士たちが皆耳を塞ぎ 巨大樹の森を震撼させます!

1028

オオオォオオォォ

ハンジ「……」
モブリット「断末魔…ってヤツですか?迷惑な…」

リヴァイ「……てめぇ…びっくりしたじゃねぇか…」

驚愕で見つめているハンジやリヴァイたち
樹上から女型を見下ろすエルヴィン

ミケ「……」
”スンスン ヒクッ”

エルヴィン
“感情的な発声か?だとするとこうピタリとやめるものだろうか? 何かの意図が?”

ミケ「エルヴィン!」
スタッ・・ エルヴィンの横へミケが降り立ちます

ミケ「匂うぞ!」
エルヴィン「方角は?」

ミケ「全方位から多数!同時に!」

――巨大樹の森 入口
1025

アルミン「え!?」

ジャン
「なんだ!?…こいつら 一斉に森の中に!?」

ドドドドドドドドド

アルミン達のいる木を素通りして、巨人たちが一斉に森の中へ走っていきます

コニー
「……何で急に俺らを無視すんだ!? こいつら全員奇行種だったのかよ!?」

どんどん森の奥へ走っていく巨人達

上官
「何でもいい!!ここを通すな!! 戦闘開始!!」

ドオォオオオォオ



3001

ミカサ「…突然 何?」
森へ入っていく巨人の群れに、樹上で剣を抜くミカサを引き留めるサシャ

サシャ
「待って! 聞いて下さいミカサ! さっきの悲鳴聴いたことがあります!」

ミカサ「!」

サシャ「私がいた森の中で」
ミカサ「サシャの故郷で?」

4001

サシャ
「アレと同じなんです…追いつめられた生き物がすべてをなげうつ時の声…狩りの最後ほど注意が必要だって教えられたんです!」
危機迫る様子のサシャ

ミカサ「…? だから…注意しろと?」

サシャ
「いつもより百倍して下さい!森なめたら死にますよあなた!!」

ミカサ「私も山育ちなんだけど…」

サシャ「野菜作ってた子にはわからないですよ!」

ミカサ「…そう」

『いや…確かにサシャの勘は結構当たる… それも主に悪い予感の時だけ…』
森の奥の方を見ているミカサ

サシャ「グルルルル」

ミカサ「……」

『アルミンは中列後方にエレンがいそうだって言ってたっけ…』

――

1007

エルヴィン「発破用意を急げ!」

ミケ
「エルヴィン!先に東から来る すぐそこだ!」

エルヴィン「荷馬車護衛班 迎え撃て!!」

1006

ドオオォオオォ
アーベルら兵士達数人が、一斉に立体機動で群れへ向かいます

「!?」
しかし、巨人達は彼らを素通りしていきます

アーベル「無視だと!?奇行種なのか!?」

兵士「3体突破します!!」

ドドドドド
次々と姿を見せる巨人達

1023

リヴァイ
「オイ…てめぇ… さっき何かしやがったな」

ゴンッ
ブーツの踵で女型の巨人の頭をゴツゴツ蹴るリヴァイ

ドドドドドドドドド
リヴァイに迫る2体の巨人

「リヴァイ兵長!!」

パシュ ギュイイイイイイィイイィィィイイ

素早く立体機動を作動させ、宙を飛ぶようにして瞬く間に巨人を2体仕留めます

エルヴィン「!?」

仕留め損ねた一体の巨人が、女型の巨人の脛にかじりつきます

1022

ガブ

エルヴィン
『女型の巨人を狙っているのか!! まさか!』

女型の巨人は齧られても動じません
ドドドドドドド

兵士「全方位から巨人出現!!」

数えられないほど大勢の巨人達が四方から現れます

1027

エルヴィン
「全員戦闘開始!!女型の巨人を死守せよ!!」
バッ

「!?」

巨人の群れに飛び込んでいくリヴァイたち
精鋭陣が群れに飛び込んで剣を振るっても、巨人達は女型の巨人を食うことに集中してリヴァイ達には目もくれません

無抵抗に食われ続ける女型の巨人を見つめるエルヴィン
一瞬目を閉じた後-

1029

エルヴィン「全員 一時退避!!」
ゴオオォォォオオォォ

瞬時に反応して女型の巨人近くから離脱するリヴァイ達

リヴァイ「オイ…エルヴィン」

ヒュン スタッ

エルヴィン「やられたよ」

リヴァイ
「……何って面だてめぇ…そりゃあ」

1020

エルヴィン
「敵にはすべてを捨て去る覚悟があったということだ まさか…自分ごと巨人に食わせて情報を抹消させてしまうとは…」

ブチッ ブチッ グチャ グチャ ・・



-『進撃の巨人』ネタバレ第28話「選択と結果」へ続く-

現在公開可能な情報

1

▶▶現在公開可能な情報
「対 特定目標拘束兵器」

関連記事

進撃の巨人ネタバレ漫画全巻
『進撃の巨人』ネタバレのあらすじ感想や考察を、第1巻から最新話まで、全ての話数を一覧でまとめています。 ▼「進撃の巨人」全巻もくじ 第1巻~第5巻 ...
『進撃の巨人』年表・時系列まとめでは、『進撃の巨人』の世界において現在判明している事実と出来事を、分かりやすく時系列にまとめています。 「進撃の巨人」最新話までのネタ...
進撃の巨人考察 壁の外のまとめ
『進撃の巨人』86話にてエレンたちが辿り着いた地下室では、グリシャの手記の内容から「壁の外の世界」が一気に解明しましたね。 古代大国マーレ、エルディア帝国など、これま...
九つの巨人
『進撃の巨人』に登場する巨人とは、何のために生まれたのでしょうか? 巨人の種類や特徴、知性巨人「九つの巨人」の正体(継承者)と能力、さらには巨人化するプロセスや液体な...
進撃の巨人の最終回の結末
2009年より連載開始され、爆発的な勢いで大ヒット漫画となった『進撃の巨人』が、ついに終わりを迎える- 2018年11月18日放送の「情熱大陸」では、最終章へ突入した...
進撃の巨人アニメ全シリーズまとめ
こちらの一覧では、2019年4月よりNHK総合にて放送スタートするアニメ『進撃の巨人Season3』第2クールのネタバレ予想から、2015年10月放送の『進撃!巨人中学校』...
スポンサーリンク

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ