進撃の巨人ネタバレ124話のあらすじ感想と考察

「進撃の巨人」第31巻 ネタバレ124話
タイトル「氷解」

こちらの記事は、別冊少年マガジン2020年1月号(2019年12月9日発売)発売以降に更新を予定しています。

スポンサーリンク

「進撃の巨人」ネタバレ124話のあらすじ感想と考察

エレンの真意はパラディ島以外の世界駆逐

前回までのあらすじ

フリッツの呪縛から始祖ユミルを解き放ち、地鳴らしを発動させたエレン

それらを目撃したミカサは、かつてエレンと訣別する前の、マーレ潜入調査の記憶を思い返します

壁の外の世界に興奮する一行を余所に、一つ一つ記憶と現実を擦り合わせていたエレン

『エレンは最初から何も変わってなかった あの時、別の答えを選んでいたら-』

ミカサは受け入れ難い現状から目を背けます

そして巨大な骨格形態へと異形したエレンは「島の悪魔」となり、パラディ島の外にあるすべてを踏み鳴らすと宣戦布告しますが…

最新話はこちらをご覧ください