USJ【進撃の巨人クールジャパン攻略】アトラクションの<ネタバレと感想>

進撃の巨人・ザ・リアル

現在、USJユニバーサル・スタジオ・ジャパンにて
今年1月23日から期間限定で登場している、
『進撃の巨人・ザ・リアル』アトラクションを体験してきました!

好評につき、当初の5月10日までの予定を延長して
6月28日まで延長となることが発表されましたね!*\(^o^)/*

進撃の巨人ファンなら一度は訪れたい
『進撃の巨人・ザ・リアル』

ネットでは様々な酷評も流れる実態をレポしたいと思います♪

これから行かれる方は、ネタバレ内容を含みますので
回避してくださいね(ง ˘ω˘ )ว

スポンサーリンク

『進撃の巨人・ザ・リアル』アトラクションの内容

進撃の巨人・ザ・リアル

『進撃の巨人・ザ・リアル』アトラクション
「女型の巨人捕獲作戦」は歩きながら展示物を観る
ウォークスルーのアトラクションで、

調査兵団の一員となって
アルミン先導のもと、名シーンを回想しながら
「女型の巨人捕獲作戦」に参加する、という内容です。

そしてCMでも登場している話題のクロノイド
リアルな”リヴァイ兵長・ミカサ・アルミン”に会える!

という、ファンにはたまらないお楽しみがあります♪٩(ˊᗜˋ*)و

進撃の巨人ザ・リアル整理券

まずはこのアトラクション
「女型の巨人捕獲作戦」を見るためには、
整理券または有料のパスが必要です。

整理券は午前中には終了してしまう程の人気ですので、
入園してすぐにGETしましょう!
▼▼▼

「女型の巨人捕獲作戦」アトラクションのネタバレ内容

アトラクション入場

アトラクション中へ入場すると、
中は薄暗く、正面にはスクリーンがあります。

そしてその横には
”調査兵団の休憩所”が再現された展示が…!
調査兵団の休憩所

調査兵団の休憩所
立体機動や調査兵団のマントが置かれています。
(こちらのスペースでは、モニター映像以外は撮影OK/フラッシュは禁止)

▼▼
全員が中に入場すると、
モニターにてアルミンより今回の「女型巨人捕獲作戦」の説明を受け、

USJ調査兵団の衣装の兵団員(スタッフさん)の
「心臓を捧げよ!」
と全員で敬礼の後、アトラクションが始まります!

5つのステージへ突入!

4つの部屋

兵団員(スタッフ)の誘導に従い中に進むと
そこには縦長のスクリーンがあり、
4つの部屋にて映像と展示物を見ていくこととなります。

映像の内容は、
巨人の襲来からエレンの巨人化、
トロスト区奪還作戦に~女型の巨人捕獲作戦まで、

アニメ「進撃の巨人」の内容をダイジェスト版として
編集したものをアルミンの解説を交えながら鑑賞していきます。

グロテスクな演出にご注意を…!

”3~4つめの部屋”には、
体半分がもがれたエレンを始め、
負傷し傷口が剥き出しになっているマルコと、
リヴァイ班の亡骸をリアルに再現されたクロノイドが…!

こちらはかなりリアルに再現されていて、
グロテスクな演出になっていますので、お子様連れの方はご注意を…。

そして最後にクロノイド兵長とご対面!

最終ステージ

そして最終ステージ!

5つ目最後の部屋は、中央がステージになっていて、
こちらでリヴァイ兵長・ミカサ・アルミンのクロノイドに会えます!

最後の部屋では、全員がステージを囲み、
「心臓を捧げる」敬礼を全員でポーズして隊長の話を聞きます。

「いざ、女型巨人の捕獲作戦開始だ!」
と映像が流れたところで、アトラクションは終了です。

その後は「お写真をどうぞ」と
自由にクロノイドを撮影する時間がもらえるのですが、

やっぱりリヴァイ兵長は絶大な人気で
一斉にかこまれたアイドルの如く女子が群がりますのでw(*´艸`)

ミカサやアルミンも全員撮影したいという人も、
先にリヴァイ兵長から撮影した方が無難です!

▼それでは「お写真をどうぞ」w

▼▼リアルなクロノイド兵長♪
クロノイド兵長
へ…へいちょぉぉぉお~!

なんと麗しいお姿♡(இдஇ; )
いえ、もう、これだけで…管理人は満足です…

▼▼アルミンの見事な敬礼♪
クロノイドアルミン

▼▼ミカサ「わたしの特技は肉を削ぎ落とすことです」♪
クロノイドミカサ

撮影時間は3分ほどと短いですので
撮影だけで滾る時間はあまりないかも知れませんw(*´艸`)

▼▼▼▼▼

ちなみに最終ステージには
アトラクション外で巨人となってアニと戦っているからか(?)
主人公エレンのクロノイドはおりませんのでご注意を…(゚ ゚ )

『進撃の巨人・ザ・リアル』アトラクションの感想

sc15

”何時間も待ったのに”
”追加シーンやここだけの演出もない。まったく期待しない方がいい”
”全部見たことのある映像でアクションもなく物足りない”

とネットでは酷評もありますが、

その大きな理由としては
”アニメを編集した映像を見るだけで、体感的な要素が全くないこと”
が大きな要因だと思います。

s513

自身はどちらかと言うと、体感的なアトラクションよりも
等身大巨人エレン・アニや、クロノイド兵長に会える!

という楽しみと、進撃の巨人エリアでの世界観や
調査兵団扮するファンとの交流もあり全体的に楽しめましたが、

既に内容を知っている進撃の巨人ファンには
物足りないと感じられる人も多いようです(ง ˘ω˘ )ว

▼▼▼▼▼

進撃の巨人の内容をあまり知らない人には
ダイジェスト映像が分かりやすくまとまっていますし、

リアルに作られているクロノイドを
見られるのは十分に価値があります♪

全体的には楽しめる内容となっているので、
ぜひ一度アトラクションも含め、
「進撃の巨人・ザ・リアル」を体験してみてもらいたいです(´▽`*)

スポンサーリンク

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ