【進撃の巨人★登場人物】ユミルの正体とは?<プロフィールまとめ>

進撃の巨人ユミルの正体

2月17日は「進撃の巨人」ユミルの誕生日です*\(^o^)/*

謎の多いユミルのプロフィールや、ツイッターでの生誕祭の様子をまとめてみました!

スポンサーリンク

【進撃の巨人★登場人物】ユミル<プロフィール>


© 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

ユミル(そばかす)

誕生日:2月17日 
星座:水瓶座

年齢:17歳(14歳で第104期訓練兵団へ入団)

身長:172cm
体重:63kg

所属:調査兵団
出身地:不明

声優CV:藤田咲

公式人気投票:第1回/11位、第2回/14位


初登場
原作:第2巻 5話「絶望の中で鈍く光る」
アニメ1期:第3話「#03 絶望の中で鈍く光る」

ユミルは、104期訓練兵団から調査兵団へ入団したエレン達の同期です。

長身で黒髪、そばかすがトレードマークの中性的な容姿から、クールな雰囲気を兼ね添えています。

どんな状況でも醒めた態度を崩さず、悪態ぎりぎりのストレートな発言をしてしまうことから、ユミルの周りでは揉め事が絶えず口論することもしばしば…。

クリスタがお気に入り

同期の誰に対しても毒舌ですが、クリスタだけは気に入っており、訓練兵団の卒業試験ではクリスタに10番を譲ったという疑惑もあるほど常に気にかけています。

ユミルの謎

イルゼの手帳

ユミルの名前については、物語当初(アニメ1期)は「そばかす」と呼ばれており、『進撃の巨人』第9巻36話「ただいま」にて「ユミル」と判明しました。

「ユミル」という名前は、特別編『イルゼの手帳』で巨人が口にした言葉「ユミルさま、ユミルの民」と重なることや、北欧神話に登場する様々な巨人を誕生させた「ユミル」との関連性もあるのでは?と囁かれており、その他にも敵の正体を知る「せー」発言や、巨人化能力者であることから、ユミルは物語上重要な役割があるのではないかと考察されてきました。




<以下、ネタバレを含みます(ง ˘ω˘ )ว>

ユミルの正体とは

自由を知るユミル

そんな謎多きユミルの正体は、89話「会議」で紐解かれた「ユミルの手紙」にてその半生が明かされています。

ユミルは、巨人の始祖「ユミル・フリッツ」とは関係のない孤児のエルディア人であり、「ユミル」という名を与えられ人々に崇められ演じ続けますが、後に捕らえられ「悪魔」と罵られ、最後は「楽園」送りとなる壮絶な半生を歩んでいます。

マルセルを捕食

「楽園」送りにされ無垢の巨人となり彷徨っていたユミルは、進攻するライナー達の仲間であるベリック(マルセル)を捕食し知性巨人となります。

クリスタを勇気づけた言葉

第二の人生を得て壁の中で生きるユミルは、同じようにいい子を演じるクリスタに自分を重ね、生きる力を与えています。

ベルトルトの心の声

そんなユミルですが、エレン奪還戦時ベルトルトの心の叫びを聞き、巨人に囲まれたライナーベルトルトの窮地を救うことを選択。
そのままライナーベルトルトと共に彼らの「故郷」であるマーレ国に帰還したと推測されます。

手紙を書くユミル

そしてライナーの監視下、「私は死ぬ」とヒストリア(クリスタ)に手紙を送っていることから、マーレの戦士に巨人の力を継承するため食われたものと思われます。

「#ユミル生誕祭2017」ツイッターでの様子

公式サイト「みん撃」からもお祝いのツイートがあげられています*\(^o^)/*

▼▼▼

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ