【進撃の巨人】年表・時系列まとめ<壁の中の歴史>

sa8

【進撃の巨人】年表・時系列まとめでは、『進撃の巨人』の世界において、現在判明している事実と出来事を分かりやすく時系列にまとめています。

別冊少年マガジン2017年6月号(2017年5月9日発売)【進撃の巨人】最新93話までのネタバレ内容を含みますので、単行本派の方は、ネタバレ回避してください。

 ▶6月3日 更新
・年表にコミックス巻数を表記(※詳細は調整中)
・『進撃の巨人』93話までの内容を追記
スポンサーリンク

【進撃の巨人】年表・時系列まとめ<壁の中の歴史>

ウォール敗退図

『進撃の巨人』の年表は、公式・公式スピンオフの情報を元にまとめています。

現時点までに判明している出来事を時系列に整理していますが、省略されている場面もありますのでご了承ください。

今後の展開による変更点などは、また随時追記していきたいと思います。

時系列 出来事
2000年
以上前
2000年以上も続くとされる王家
人類が壁の中へ追い詰められる前から世界を統治
『壁の外の歴史』がグリシャの手記から明らかとなる
(※現時点では仮説となるため、別途記事下に記載しています。確定後、随時正式に追記していきます。)
743年
前後
突如あらわれた巨人に人類のほとんどが食い尽くされ、
生き残った人類は壁内に逃げ込む
<巨人の出現>
770~780年頃 シガンシナ区にて巨人信奉者らによって門が開かれ巨人が侵入
技術者アンヘルによって立体機動装置の前身「装置」を使用し巨人の支配を免れる

[「Before the fall」第1話]
780~790年頃
  • アンヘルとゼノフォンによって立体機動装置が開発される
  • キュクロが巨人を初討伐
    巨人のうなじが弱点であると突き止める
約60年前 ユミル、マーレ政府から楽園送りとなり 壁外で無知性巨人として彷徨う

[第22巻:89話]
数十年前
  • 王都に大量殺人鬼「切り裂きケニー」が現れ、憲兵団100名以上を殺害
  • エルヴィンの父が中央憲兵によって拷問され、殺害される
830年頃
  • シガンシナ区にて流行病が発生、多数の人が命を落とす
  • グリシャが対処法を発見し、カルラとその両親・ハンネスの妻を含む多くの人々を救う
  • [第1巻:3話]

  • 壁の外(ウォール・マリア壁門の目前)にて
    グリシャとキースが出会う
  • グリシャは医者として壁の中に定住する
  • [第18巻:71話]
835年
前後
エレン、ミカサ、アルミン、ヒストリア、ジャン、コニー誕生
843年 エレン、アルミンの持つ”外の世界”の本を読む
844年
  • ミカサが母方の東洋の一族に伝わる謎の印の刺青を彫られる
    その後強盗によって両親は殺害、ミカサは誘拐される
  • エレンが父に連れられアッカーマン家へ
    ミカサのリミッターが外れ、エレンとともに強盗犯3人を殺害
  • エレン、ミカサにマフラーを巻き、ミカサはイェーガー家に引き取られる
  • [第2巻:6話]
シガンシナ区陥落 編
845年
  • グリシャ、診察のためウォール・シーナへ
    エレンに地下室を見せると約束
  • シガンシナ区に超大型巨人が出現 壁に穴が空き巨人が壁内に侵入
    エレンの母カルラがエレンとミカサを守り巨人に捕食される
  • 鎧の巨人によってウォール・マリアの門が破壊
    エレンら、船でシガンシナ区を脱出し、トロスト区へ
  • <ウォール・マリア内の領土は巨人に奪われる>

    [第1巻:3話]

  • ユミル、ライナー・ベルトルトの仲間である巨人能力者・マルセル(ベリック)を捕食し人間の姿(知性巨人)に戻る
  • [第22巻:89話]

  • グリシャ、エレンに地下室の鍵を託す
    エレンに巨人化の注射を打ち、自身の力を継承させる
  • ヒストリア、父ロッド・レイスと会うが、目前で中央憲兵に母を殺害される
    以降、クリスタ・レンズとして生きる
[第13巻:52話]
846年 王政府、ウォールマリア奪還作戦を展開
人口の2割(25万人)が命を落とす

[第1巻:3話]
847年 エレン・ミカサ・アルミンらが開拓地を出て104期訓練兵団に入団

[第4巻:15話]
848年 調査兵団が第34回壁外調査を実施
イルゼが言葉を話す巨人と遭遇。詳細を記したメモを残し命を落とす
849年 リヴァイ「イルゼの手帳」を発見する

[第5巻:特別編]
トロスト区攻防戦 編
850年
  • 第104期訓練兵団解散式 エレンら訓練兵を卒業
  • エレンら固定砲整備中に超大型巨人が出現
    トロスト区の壁門に穴が開けられ巨人が侵入
  • エレン、アルミンを救出し巨人に食われる。その後エレン巨人化
    [第1巻:3話 4話]
  • エレンら、駐屯兵らに追い詰められるが、
    ピクシス指令の登場によりトロスト区奪還作戦を開始
  • 巨人化の力を用いて岩で穴を塞ぐことに成功
  • 巨人から離脱したエレンらの窮地をリヴァイ兵長が登場し救出
  • [第3巻10話~第4巻14話]
エレン軍法会議
  • 調査兵団と憲兵団による審議が開かれ、エレンの身柄が調査兵団に引き渡される
    [第5巻:19話]
  • ミカサ、ジャン、コニー、サシャ、ライナー、ベルトルト、アルミン、ユミル、クリスタらが調査兵団へ入団
    [第5巻:21話]
女型の巨人捕獲作戦 編
[第5巻 21 22話
第6巻 23話~第7巻 30話]
  • 1ヵ月後、第57回壁外調査を実施
    調査兵団、カラネス区より出立する
  • 女型の巨人が襲来。生け捕りに成功するが、女型自ら自身を巨人に食わせて抹消
  • その後、女型の巨人の中の人物(アニ)がリヴァイ班を襲い全滅させる
  • エレン巨人化し女型と対峙するも敗北
  • リヴァイとミカサの活躍によりエレンの奪還に成功
    調査兵団、ウォール・ローゼに帰還する
女型の巨人拘束作戦 編
<ストヘス区>
[第8巻:31 32 33 34話]
  • アルミンの推測により、女型の巨人の正体がアニであると浮上
  • エレンらがストヘス区にてアニをおびき出すも見破られ、アニ巨人化する
  • エレン、巨人化したアニと再び対決し、ミカサとの連携でアニを捉えることに成功
  • 敗北したアニは自分の体を結晶化、ユトピア区へ運ばれる
  • アニによって破壊された壁の一部から巨人が露出
    壁が巨人でつくられていることが発覚
ウトガルド城 編〈獣の巨人 襲来〉
[第8巻34話
第9巻35話~第10巻41話]

▶巨人発見から9時間後
コニー、今日のラガゴ村に到着するが、住民は不在、手足の細い巨人を発見

▶巨人発見から11時間後
調査兵団、周辺住人の避難を完了させウトガルド城にて休息
夜間にも関わらず、獣の巨人や複数の巨人らに襲撃される
その後獣の巨人は壁外へ去る

▶巨人発見から12時間後
ウォール・ローゼ内に巨人が発生したことがエルヴィン団長らに報告される

▶巨人発見から20時間後

  • ユミルが巨人化し巨人らと交戦
    調査兵団が到着し104期兵達を救出する
  • 調査兵団、ウォール・ローゼ壁上へ一時避難
  • ライナー、エレンに自分達の正体は巨人であることを明かし故郷への同行を求める
  • ミカサがライナーとベルトルトを攻撃するも、両者は超大型巨人、鎧の巨人へと巨人化する
  • ウォール・ローゼ壁上にてライナー・ベルトルトらが巨人化
    エレン、鎧の巨人と交戦するが敗北、ユミルとともに連れ去られる
エレン奪還作戦 編
[第11巻:46話、第12巻:47話~50話]
  • 調査兵団、憲兵団とともにエレン奪還作戦開始
  • ライナーベルトルトたちは巨大樹の森で休憩
    エレンが目覚め、ライナーの精神分裂、獣の巨人の目的、敵の正体など重要な会話を耳にする
  • エルヴィン団長率いる混成兵団が巨大樹の森に到着
  • ユミル、ライナーたちと共闘し追って来たヒストリアを誘拐
  • 大勢の巨人を引き連れて鎧の巨人を足止めし エレン奪還に成功する
  • 巨人の猛攻撃によりエルヴィンは右腕を失い、ハンネスはカルラ・イーターに捕食される
  • 巨人に追い詰められたエレンが、座標の力を覚醒させ巨人を操る
  • 調査兵団脱出
  • ウォール・ローゼに帰還する

  • ライナー達はシガンシナ区、ウォール・マリア壁上に到着
  • ユミルはライナー達の「故郷」に同行し、以降消息不明となる
調査兵団反乱<王政編>
[ 第13巻:51話~第17巻:61話]
  • エレンら104期の面々が新生リヴァイ班として山奥の小屋に潜伏
    ウォールマリアを硬化により塞ぐ方針を固める 
  • エレン、硬質化するための実験を行うが、失敗
  • エルヴィン王都へ リヴァイ班は隠れ家より合流地点へ出発
  • リーブス商会、中央憲兵の命によりアルミン&ジャン(ヒストリア&エレンに変装)を誘拐するが失敗
    リヴァイの交渉によりリーブス商会と共闘し サネスとラルフを拉致&拷問する
  • 中央憲兵サネスの口から、レイス家が本当の王家であると告げられる
  • 壁中の最高指導者ロッド・レイスの居場所を探るため、リーブス会長は中央憲兵と接触
    エレンとヒストリアは囮となる
  • リーブス会長、中央憲兵・ケニーによって殺害される
    エレンとヒストリアが誘拐される
  • エルヴィン、リーブス会長殺害の容疑で憲兵団に拘束される
    調査兵団は活動停止
  • エレンを追跡するリヴァイ班 ケニー率いる対人立体起動部隊と交戦する
  • 誘拐されたエレンとヒストリア、ロッド・レイスと対面
  • ハンジ、新聞社に取材依頼
  • マルロとヒッチの協力を得て、リヴァイ班が中央憲兵根城を制圧
  • 調査兵団の冤罪晴れる
レイス領地礼拝堂<王政編>
[ 第15巻:62話~第17巻:69話]
  • レイス家礼拝堂にてエレン記憶を呼び返される
    父グリシャがレイス家を襲った記憶が蘇る
  • リヴァイ班、礼拝堂にて対人部隊と戦闘
  • 礼拝堂にてエレン奪還、ロッド・レイス巨人化
  • エレン、ヨロイブラウンを飲み込み、硬質化に成功
  • ロッドとの戦いで見事ヒストリアが仕留める
  • リヴァイがケニーの死を見届ける
  • ヒストリア戴冠式 

<孤児院開院、エレンの硬化訓練、兵器造成、
ウォールマリア奪還作成決行の目途が決定>

  • エレンの記憶の中の”調査兵団の男”がキース教官だったことを思い出す
  • キース・ジャーディスの話から、グリシャが壁外からきた人物ということが判明
ウォール・マリア最終奪還戦
[第18巻:73話~第21巻:84話]
  • 調査兵団、シガンシナ区へ-
    ウォール・マリア最終奪還作戦開始
  • エレンの硬質化によってシガンシナ区の外門を塞ぐことに成功
  • 潜伏していたライナー、獣の巨人率いる巨人らが登場
  • <獣の巨人、鎧の巨人「二つの戦局」に分かれ戦闘開始>


    ◆シガンシナ区側の戦局

  • 調査兵団の新兵器「雷槍」が登場
    「鎧の巨人」にダメージを与えるが、脳機能の移行によって復活を見せる
  • ライナーの回想からマルコの死の真相が明らかとなる
  • ベルトルトの超大型巨人化に伴う爆風により、シガンシナ区側の調査兵らが壊滅
    ハンジ・モブリットらも巻き込まれ生存不明
  • ◆ウォール・マリア側の戦局

  • 獣の巨人の投石攻撃により、ウォール・マリア側の調査兵も壊滅状態に
    エルヴィン団長とマルロら新兵が囮となり、リヴァイ兵長が獣の巨人を打ち取る作戦を決行
  • 獣の巨人の投石攻撃により、エルヴィン団長脇腹に投石を受け落馬、特攻した新兵はほぼ壊滅するが「囮」としての役割を果たす
  • リヴァイ兵長、獣の巨人を切り裂きジーク戦士長を引きずり出すが「四足歩行巨人」に奪われ、残り半数の巨人と戦闘
  • 獣の巨人@ジーク戦士長は四足歩行巨人とともにシガンシナ区側へ撤退

  • ◆シガンシナ区側の戦局

  • アルミン立案、ミカサ、ジャン、コニー、サシャらで鎧の巨人を引き付け、アルミンとエレン巨人で超大型巨人を倒す作戦を遂行
  • ミカサ、ジャン、コニー、サシャ、そして生存していたハンジも加わり、鎧の巨人に雷槍を打ち込みうなじごとライナーを吹き飛ばすことに成功
  • アルミンが囮となり超大型巨人を熱蒸気で消耗させる、エレン巨人は硬質化した後「人間の姿」で超大型巨人のうなじを狙い、見事ベルトルトを引きずり出す事に成功
  • アルミンは熱風によって黒焦げ状態となり60mもの高さから落下-生存は厳しい状態となる

  • ◆巨人化注射の使用

  • エレンとジーク戦士長が対面、グリシャが父であり、グリシャに洗脳された被害者であることを示唆する
  • 追跡するリヴァイの姿に、獣の巨人@ジーク戦士長は”痛み分け”と四足歩行巨人と共に瀕死のライナーを奪還し撤退
  • リヴァイ兵長はマリア側の巨人らを討伐し、エレンと合流
    新兵フロックも瀕死のエルヴィンを背負いシガンシナ区のリヴァイ兵長の元へ救出
  • エルヴィンとアルミン、命の選択に迫られるが、巨人化注射はアルミンに使用され、アルミンは巨人化しベルトルトを捕食
    結果エルヴィンは永眠、アルミンは知性巨人となる
グリシャの地下室
[第21巻:85話]
  • エレン、ミカサ、リヴァイ、ハンジ、イェーガー家の地下室へ
  • 地下室の机の引き出しから、グリシャの3冊の手記を発見
■ グリシャの3冊の手記

・グリシャ・イェーガーの半生
・巨人と知りうる歴史の全て
・壁外世界の情報

  • グリシャ・ダイナ・ジークの「写真」を手にするエレンたち
  • 調査兵団はトロスト区へ凱旋する
壁の外の真相
[ 第21巻:86話~第22巻:89話]
<グリシャの回想シーンから壁の外の世界が解説される>
(※壁の外の世界は別途「壁の外の年表」を参照)

  • エレン、ミカサは兵規違反により懲罰房へ
  • 「グリシャの手記」から壁の外の歴史(グリシャの記憶)を辿るエレン
  • 「ユミルの手紙」がヒストリアへ渡され手紙の内容が明らかとなる
  • トロスト区にて御前会議が行われる
■ 壁の中の民衆に壁外情勢の真実を公表する

・壁の王は100年前に三重の壁を築き、巨人の力で民衆の記憶を改竄していた
・巨人の正体は人間であり、壁中人類の祖先は「ユミルの民(エルディア人)」である
・壁の外の人類は「ユミルの民」を悪魔の民族と呼び、敵は進攻を開始していることを公表

  • ウォール・マリア奪還戦から凱旋した9名の兵士に勲章が授与される
壁の向こう側へ
[ 第22巻:90話]
851年
  • 一度目の「超大型巨人」襲来(845年)から6年後
    ウォール・マリア内の巨人は掃討され、シガンシナ区の避難民に入植が許可される
  • 調査兵団、6年ぶりにウォール・マリア外への壁外調査を行う
  • エレン、ミカサ、アルミン、パラディ島の境界線を越え「海」に辿り着く
海の向こう側
[ 第23巻:91話~]
854年
[現在]
<新章:舞台は海の向こう側「マーレ国」側の視点となる>

■ 登場人物
戦士候補生:ガビ、ファルコ、コルト、ウド、ゾフィア
■ 寿命・任期
ジーク:1年
ライナー:2年
  • マーレ国はパラディ島での「始祖奪還計画」に失敗したことから弱体化
    隣の敵国「中東連合」と4年にわたる戦争の末、マーレ国の勝利で終結 講和条約を締結する
  • 他国の軍事技術が進歩を遂げたことから、「巨人の力」は唯一無二ではなくなっていく

【進撃の巨人】86話「あの日」『壁の外の歴史』一覧

エルディア人

『進撃の巨人』86話でのグリシャの回想から、「壁の外の歴史」が明らかとなりましたね!

「グリシャの手記」によって判明した出来事を時系列にまとめてみました。

※現時点では確定となっていない点もありますので、通常の年表とは別に作成しています。

注意点

  • グリシャの手記による内容であること
  • 歴史文献は、マーレ側・フクロウ側によって相違がある
  • 『巨人大戦』はグリシャ青年期から80年前と起算
    (グリシャ幼少期から80年前と起算すると、グリシャがキースと出会った830年まで6~7年となるため)
時系列
『壁の外』の出来事
2000年
以上前
2000年以上も続くとされる王家
人類が壁の中へ追い詰められる前から世界を統治
1820年前 ユミル・フリッツは「大地の悪魔」と契約し「巨人の力」を手に入れる
  • ユミル・フリッツは死後「九つの巨人」に魂を分けエルディア帝国を築いた
  • エルディア帝国(ユミルの民)は古代の大国マーレを滅ぼし大陸の支配者となる
  • 巨人の力を持つユミルの民は他民族を弾圧・民族浄化が約1700年続く(マーレの歴史文献)
  • 街を豊かにして大陸を発展させた(フクロウの歴史文献)
743年前後 <『巨人大戦』によりエルディア帝国は敗戦>

  • マーレ国はエルディアの持つ「九つの巨人」の内、「七つの巨人」を手中に収める
  • 敗北した145代フリッツ王は、パラディ島に三重の壁を築き国民と共に逃亡(マーレの歴史文献)
  • 非マーレ派エルディア人残党はマーレ政府管理下の収容所にて暮らしている

<巨人の出現(壁内王政の歴史文献)>
突如あらわれた巨人に人類のほとんどが食い尽くされ、生き残った人類は壁内に逃げ込む
810年頃? ▶グリシャ幼少時代
妹フェイがマーレ政府に殺害される
グリシャの父が話す「マーレの歴史文献」による『80年前』は無視
▶グリシャ少年時代(18歳)

  • 「エルディア復権派」メンバーとなり活動する
  • 王家の末裔であるダイナ・フリッツと出会う
▶グリシャ(19歳?)/ダイナと出会った翌年結婚・出産

  • ダイナ・フリッツと結婚
  • 息子ジークが産まれる

<グリシャ、ダイナ、ジーク3人の家族写真を撮影>

息子ジーク(5歳?)を「マーレの戦士」に選抜させる
(※「マーレの戦士」応募条件は5歳~7歳の健康な男女)
825年頃?
  • ジーク(7歳)によって密告されたグリシャたち「エルディア復権派」メンバーは、パラディ島へ「楽園」送りとなり「無垢の巨人」となる
  • マーレ政府内通者”フクロウ”=クルーガーは知性巨人であり、グリシャに巨人能力「進撃の巨人」を継承させる
  • 9つの巨人の力を宿した者は13年の寿命であること
    145代フリッツ王は『始祖の巨人』と「不戦の契り」を交わしており、エルディアの民を道連れに滅亡を望んでいる
    全てのエルディア人を繋ぐ「道」は全て一つの「座標=始祖の巨人」で交わっていることが明らかとなる
830年頃 <壁の外(ウォール・マリア壁門の目前)にてグリシャとキースが出会う>

  • グリシャは医者として壁の中に定住する
  • グリシャ、カルラと結婚
835年前後 ★エレン誕生
845年前後 <シガンシナ区に超大型巨人(マーレの戦士)が出現>

  • 壁に穴が空き巨人が壁内に侵入、エレンの母カルラがエレンとミカサを守り巨人に捕食される
  • グリシャがレイス家の礼拝堂を襲撃し座標を奪取
  • エレンに巨人化薬を打ち、自らを捕食させ『始祖の力』を継承させる
850年 現在へ

『壁の外の歴史』は、地下室に秘匿されていた「グリシャの本」の内容から明らかとなりましたが、マーレ側、フクロウ側、壁内王政の歴史文献によって相違があることから、今後物語の展開によって、随時追記・修正していきたいと思います。


『壁の外の歴史』の詳細はこちらへ
壁の外の世界
『進撃の巨人』86話「あの日」では、グリシャの本の内容から「壁の外の世界」が一気に解明しましたね。 古代大国マーレ、エルディア帝国など、これまでの『進撃の巨人』とは別...

【進撃の巨人】固定砲整備から72話までの3ヶ月の時系列<おまけ>

sa4c

【進撃の巨人】72話「奪還作戦の夜」では、エレンとコニーとの会話から”固定砲整備からわずか3ヶ月”との時系列が明らかになりましたね!

固定砲整備が行われていたのは第3話「解散式の夜」(単行本第1巻)での内容で、72話までの連載期間としては5年以上の月日が経過していることから、たった3ヶ月の間の出来事!?と驚かされます。

どれだけの出来事が詰め込まれていたのか…

【進撃の巨人】第3話「解散式の夜」での固定砲整備の場面から~72話の前夜祭までの3ヶ月を、実際に時系列に検証した方の内容を引用させて頂きました。

001日目:固定砲整備時に超大型出現~トロスト区の穴をふさぐまで 
003日目:マルコの遺体発見でジャン調査兵志願、エレンとリヴァイら初対面&調査兵志願 
006日目:エレン処遇審議※あれ(地下牢入り)からもう何日経った?のセリフより予測) 
007日目:エレンとリヴァイ班初対面 
008日目:ソニビン脂肪で立体起動装置検査、新兵勧誘式 
038日目:新兵勧誘式から1か月後「第57回壁画委調査」、女型と交戦 
039日目:ストヘス区で女型戦、その間ミケ脂肪、コニー母発見、ウドガルド城戦 
040日目:ライナー&ベルトルト戦、座標発動 
047日目:新リヴァイ班発足、ニック脂肪、ウォールマリアを硬化により塞ぐ方針を固める 
048日目:硬化試験、エレン寝込む 
049日目:エレン目を覚ます、エルヴィン王都へ、リヴァイ班隠れ家より合流地点へ出発 
050日目:アルミン&ジャン誘拐・救出、リーブス商会と結託、サネス誘拐&拷問 
051日目:リーブス脂肪、エレン&ヒストリア誘拐、対人立体起動部隊と交戦、新聞社に取材依頼 
052日目:調査兵団の冤罪晴れる、マルロ&ヒッチの協力を得てリヴァイ班が中央憲兵根城を制圧 
052日目:礼拝堂にてエレン奪還、ロッド巨人化 
053日目:ロッド戦、リヴァイがケニーの死を見届ける、ヒストリア戴冠式 
※この間、孤児院開院、硬化訓練、兵器造成、ウォールマリア奪還作成決行の目途を決定 
113日目:エレンの記憶の中の調査兵団の男がキースだと判明 
114日目:キースに会う、エレン元気になる、肉を食う
※ここであれから3か月発言 
115日目:ウォールマリア最終奪還作戦開始

※2chから引用

時系列に関しては1年が365日か、1ヶ月が何日なのかという疑問点もありますが、こうして見ると、やはり~4ヶ月が妥当に思えます。

【進撃の巨人】の世界ではたった3ヶ月と短期間の間に、これだけの出来事が展開していると考えると驚きですね。

▼▼▼▼▼

今後の展開による出来事や変更点など、また随時追記していきたいと思います。
考察する方の参考になれば幸いです。

【進撃の巨人】ネタバレ考察 関連記事

進撃の巨人各話一覧まとめ
『進撃の巨人』ネタバレ全話のあらすじ感想や考察を、第1巻から最新話まで一覧でまとめています。 ネタバレ98話最新話 「ANSWERS」 「進撃の巨人」年表<時系列...
壁の外の世界
『進撃の巨人』86話「あの日」では、グリシャの本の内容から「壁の外の世界」が一気に解明しましたね。 古代大国マーレ、エルディア帝国など、これまでの『進撃の巨人』とは別...
進撃の巨人ANSWERSネタバレ
© 諫山創/講談社 2016年8月9日、公式ガイドブック第3弾『進撃の巨人「ANSWERS(アンサーズ)」が発売! 公式ガイドブックでのみ明かされた「新たな真実」や、気...

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

9コメント【進撃の巨人】年表・時系列まとめ<壁の中の歴史>

  1. 進撃の兵士 より:

    なんかジークが一番つらい境遇だわ

  2. 通りすがり より:

    考察お疲れ様です。

    約60年前の欄の記述は誤りについて、
    ユミルが無知性巨人化したのはマーレ兵からの注射によるのであって、記述の内容は誤り。
    その後、無知性巨人として約60年さまよった末にライナー達を襲い、巨人能力者マルセル(ベリック)を捕食して人間の姿に戻った。

    • 管理人@ETSU より:

      ★通りすがり さん

      コメントを見落としておりまして、返信が遅くなり申し訳ありません。
      記述について、ご指摘頂き有難うございます。

      仰る通り、マルセルを捕食し壁外を彷徨ったかのような記述となっていましたので、早速修正させて頂きました。

      人力作業になりますので、ご指摘頂けますと大変助かります。
      これからもどうぞ当サイトをよろしくお願いいたします。

  3. 進撃の兵士 より:

    巻数も書いていただけると、当サイトを見ながら単行本を確認できて非常にわかりやすいです。
    どうぞご検討よろしくお願いいたします。

    • 管理人@ETSU より:

      ★進撃の兵士 さん

      リクエスト頂きありがとうございます。
      当サイトを参考にして下さっているとのことで、嬉しいお言葉も有難うございます。
      人力作業になりますので少し日数を頂きますが、年表の方に「巻数」も記載していきたいと思います。
      これからもどうぞ当サイトをよろしくお願いいたします。

  4. 進撃の兵士 より:

    ミケ脂肪、、、、、、 死亡な

  5. 進撃の兵士 より:

    ホントだ
    死亡がだいたい脂肪になってる

  6. 進撃の兵士 より:

    3カ月の時系列、壁外調査の翌日に、ストヘス区戦になってるけど、ありえない。
    7巻のエルヴィンのセリフから、少なくとも二日は経ってるはず。

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ