【進撃の巨人★登場人物】6月16日はマルコ・ボット誕生日<プロフィールまとめ>

maruco616

本日6月16日は「進撃の巨人」マルコ・ボットの誕生日です!

マルコのプロフィールとツイッターでの生誕祭の様子をまとめてみました。

スポンサーリンク

【進撃の巨人★登場人物】マルコ・ボット

マルコプロフィール
© 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

マルコ・ボット

誕生日:6月16日 
星座:双子座
年齢:16歳(13歳で第104期訓練兵団へ入団)

身長:178cm
体重:70kg

所属:第104期訓練兵団
出身地:ウォール・ローゼ南区ジナエ町

声優CV:逢坂良太


特徴とセリフ:
「怒らずに聞いてほしいんだけど…ジャンは…強い人ではないから、弱い人の気持ちがよく理解できる(『進撃の巨人』第18話より)」

そばかすが特徴の心優しく真面目な性格のマルコは、寛容でありながらも冷静な洞察力を持ち、仲間からも指揮官として期待されていた少年です。

訓練兵入団時には、憲兵団へ入団して王に仕えることを希望していましたが、トロスト区奪還戦にて戦死。

マルコの亡骸は旧友であるジャンが発見し、マルコの存在や言葉は、後にジャンに大きな決意をさせています。



以下、ネタバレとなります(ง ˘ω˘ )ว


マルコの死の真相

1018

マルコのその死に際は謎が多く、諫山先生や荒木監督のインタビューでは「マルコの死の真相はいずれ語られる」との発言から、”マルコは死んでいないのでは?”との説もありましたが、『進撃の巨人』第77話「彼らが見た世界」でのライナーの回想から~、マルコの死はライナーとベルトルトらの会話を聞いてしまった事による口封じであることが明らかとなっています。

雑誌『ダ・ヴィンチ』のインタビューにて、 「伏線は数年後の自分に出したロングパスみたいなもの」と諫山先生が仰っていましたが、104期訓練兵として共に戦ってきた戦友を葬らなければならない、互いの正義や想いをあえて対比させ表現しているこのタイミングでの構成は、まさに悲しくも鮮やかなロングパスと言えます…。

ツイッターでの#マルコ生誕祭の模様

公式ファンサイト「みん撃」からもお祝いのツイートが挙げられています♪

▼▼▼

お誕生日おめでとうマルコ!!偉大なる班長の貴方が今もそしてこれから先もずっとずっと大好きです。
We love Marco Bott now and forever.
#マルコ生誕祭2017 #マルコ・ボット生誕祭2017 pic.twitter.com/flINnWHLwC
マルコお誕生日おめでとう!
(もしマルコが生きてたら、憲兵団もいいけどこんな姿も見てみたいっていう妄想)
#マルコ・ボット生誕祭2017 pic.twitter.com/QKETzb1DUO
マルコ誕生日おめでとう😂👏
優しくて正義感の強いマルコがずっと大好きだよ😭✨

#マルコ・ボット生誕祭20pic.twitter.com/G6YX0wli6J i6J

マルコぉぉぉぉぉぉぉぉおめでとぉぉぉぉぉぉぉぉう🎉🎊🎂

ジャンの一番の理解者でいてくれてありがとう、生まれてきてくれてありがとう大好きだよぉぉぉぉぉぉぉぉぉ💕��💕💕

#マルコ・ボット誕祭2017
#pic.twitter.com/kn31kg9J1N 1kg9J1N

@kanningshine 2014年ver、2015年ver、2016年ver。大好きなキャラの誕生日を4回も祝えてとても幸せ。マルコ本当おめでとう! #マルコ・ボット生誕祭2017 pic.twitter.com/PFVw2p0XGC
マルコお誕生日おめでとう!
取り急ぎ、マルコプチの無配にしたポスカ用画像を流用しました。
ケーキと一緒の画像は今日中に上げるからね…!

#マルコ・ボット生誕祭2017 pic.twitter.com/ADAv6fhv3X

ちなみに4年分のマルコケーキの歴史💖🎂✨✨✨
2017年のマルコがとても派手w

#マルコ・ボット生誕祭2017
#マルコ生
pic.twitter.com/qsmLKZeupV pV

マルコお誕生日おめでとう🎉🎂

マルコは生きてたら調査兵に入ってたのかな…、、

#マルコ・ボット生誕祭2017
#マルコ生
誕祭
#み
pic.twitter.com/WX4bD6RP0R 0R

#マルコ・ボット生誕祭2017
#マルコ生誕祭2017
マルコ!!!誕生日おめでとう!!!
なんか凄い画像になってしまった… pic.twitter.com/GKu3AME0wr

この記事が気に入ったら
いいね ! して最新情報をチェックしよう!

Twitter で
スポンサーリンク

関連コンテンツ

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ