進撃の巨人アニメ最終回の感想

『進撃の巨人Season2』アニメ2期の最終回
こちらの記事では、アニメ第37話(12話)「叫び」のあらすじ、感想、考察、見どころをピックアップしてまとめていきます!

絶体絶命の窮地に追い込まれたエレン、ミカサの前に現れた巨人は
かつてエレンの母親を捕食した 仇の巨人だった…!

スポンサーリンク

【進撃の巨人アニメ2期】37話「叫び」(最終回)<あらすじ感想まとめ>

進撃の巨人アニメ37話
© 諫山創・講談社/「進撃の巨人」製作委員会

 『進撃の巨人アニメ』37話のあらすじ

母親の仇の巨人と遭遇したエレン
身動きの取れないエレンを守べく戦うハンネス

敵とは何か 戦いとは何か

刃を向ける先すら分からぬままに
調査兵団は抗ない続ける

彼らが求める未来とは どこにあるのだろうか-


原作:『進撃の巨人』第12巻 50話「叫び」

カルラ・イーター出現 絶体絶命!

エレンの家

エレンの回想-幼き日の母カルラとの思い出

エレンの母
エレンの顔

カルラ(エレンの母)
「エレン…あんたは男だろ たまには堪えてミカサを守ってみせな!」

バキバキ
やめろぉぉ

エレン「やめろぉぉぉぉぉぉ…!!!!」



カルライーター

ドシン・・ドシン・・

エレンとミカサの前現れたその巨人は
5年前のあの日 エレンの母・カルラを捕食した仇の巨人だった-

鎧の巨人、巨人を投げつけ調査兵団を足止めする

ちゅどーん
ジャンと馬

ドシャッ

ジャン「ライナーの野郎…!巨人を投げてよこしやがった…!」

もうもう
そーれ
空とぶ巨人
大変です

ドド ドド ドド ドド

八つ当たりするユミル

ユミル「てめぇのせいで!
計画めちゃくちゃじゃねぇか 団長さんよぉぉぉ!!」

エルヴィン団長の背後の巨人を薙ぎ倒すユミル
反動で落馬するエルヴィン団長

クリスタとコニー

ヒストリア「ユミル! コニーあっち」
コニー「分かってる!」

ユミルを追いかけるコニーとヒストリア

息切れする団長

ゼェ・・ゼェ・・

兵士「団長…!!」

エルヴィンの元に駆けつける兵士

エルヴィン
「私の代わりはいる…それよりエレンを連れて離脱しろ!」

私はいいから

「一刻も早く!」

兵士「わあぁぁぁぁ」


ハンネス、カルラー・イーターと戦闘開始

カルラさん
驚くエレン

エレン「あ…」

ズシン・・ズシン・・

助けるミカサ

ミカサ「エレン!!」

エレンを庇うミカサ 絶体絶命と思われたその時

危ない!
ハンネス参上

ハンネス「らぁ!!!!」

長年の雪辱を晴らすべくハンネスが登場

エレン「ハンネスさん!!」

みてろよ

ハンネス
「ハハッ!!こんなことがあるか?なぁ?お前ら!」

やるぞ

ハンネス
「見てろよ!お前らの母ちゃんの仇を!!俺がぶっ殺す所を!」

ハンネスがゆく

パシュ・・・

ハンネス「うわあぁぁぁぁぁぁぁ!!!」

立体起動で仇の巨人へ立ち向かうハンネス


おっさに続く

ジャン「おっさんに続け!」

ドシャァ・・

ジャンやアルミンも参戦しようと駆けつけますが
ライナーが投げつけてきた巨人達によって阻まれます

らいなー 

アルミン「ライナー どうして…エレンが食われてもいいっていうのか…?」

くっそう

ジャン「邪魔すんじゃねぇよ!クソッタレがあぁぁ!!!」

戦うクリスタとユミル 戦闘シーン

クリスタ

ヒストリア「ユミル!」

困った

ユミル『…困ったな…どうすりゃいいんだ?
ライナーがダメなら…調査兵団こいつらに協力してここを切り抜けるか?』

走るユミル
どうしよ

『だが…その後はどうする?』

ヒストリア

『今この状況を生き延びることができたとしても… 
もう直 この壁の中が地獄になっちまうのは避けようがない…』

考えるユミル

『ヒストリアをあっち側に送れるのは今しかねぇのに…
私の力じゃ守り切れるとは思えねぇ!』

どうしたらヒストリアを守れるのか 混沌とするユミル

頭にのる

プシュ
ユミルの額に移動するヒストリア

コニたん

コニー「クリスタ!」

クリスタ

ヒストリア
「コニー 違うよ 私の名前はヒストリアって言うの」

ヒストリア
「ねぇユミル… あなたが私を連れて行こうとする理由だけど
自分が助かりたいからって理由はウソなの?」

どうして

ヒストリア
「いいや…ウソなんでしょ?どうして?何のためなの?」
「私?また私は守られるの?」

ユミル巨人「……」

コニー「巨人だ!!!」

クリスタ覚醒

ヒストリア
「ユミル!あなたが私に言った通り 私達はもう…」

自分のために生きる

「人のために生きるのはやめよう!」

嬉しいユミル

「私達はこれから!私達のために生きようよ!!」

こわくない

「なんだか不思議なんだけど あなたといれば どんな世界でも」

「怖くないや!!」

戦う
クリスタ戦闘1
クリスタ戦闘2
サシャコニ
ユミル吠える

ユミル「うわあぁぁぁぁぁぁ!!!!」

エレン、巨人化できず

ハンネスも向かう
とりゃー

ハンネス「うぉぉぉぉぉぉぉ!!」

ミカサをとめる

エレン「駄目だミカサ そんな怪我じゃ」

うで

エレン「俺の腕をほどいてくれ!」

俺がやる

「早く!俺がやんなくちゃならないんだ…!!」

エレンの腕の縄を刃で切るミカサ
巨人に向かっていくエレン

俺がやる
ひきとめる

ミカサ「エレン…待って!みんなあなたをここから…うッ」

観てろよ
がぶり

エレン「俺がケリをつけてやる…!」

ガブッ

シーン

エレン「は…!?」

ハンネスが戦う中、何度も巨人化しようと手の甲を噛むエレン
何も変化が起きない


鎧きたー

兵士「団長!鎧が…!」

「鎧が来ます…!!」

窮地に追い込まれる調査兵団

ジャンとアルミン

ドドドドドドドドドド・・・

ジャンとアルミンの背後から巨人が飛んできます

アルミン「ジャン!!!」

やべぇ

ジャン「はっ…!?」

うわあ

ジャン「うわぁぁ!」

解放する

アルミン「ジャン!大丈夫か!?しっかりしろ…!!」



戦うハンネス
無理

ハンネス「うぉぉぉぉ!」

巨人化できない

エレン「なんで…!」

エレン

ミカサ「エレン…!」

がぶり

エレン「んああぁぁぁぁぁぁ」

何度噛みちぎっても巨人化できずに呻くエレン

助けて

アルミン「うあぁぁぁ…あぁぁぁ!」

負傷したジャンを抱え巨人に刃を振るアルミン

走ってくる鎧

ドォ ドォ ドォ ドォ ドォ ドォ 

戦う兵士
団長
皆危ない

兵士「うあぁぁぁ…団長ぉぉぉ!」

走り来る鎧の巨人 決死に戦う調査兵団
鎧の巨人によって巨人が投下され 窮地に追い込まれます


ハンネスの最期

とりゃ
足きる
どや

ハンネス「へへ…」

捕らえられる

ハンネス「うぅ…!」

カルライーターのアキレス腱を斬り裂くハンネス
倒れ込もうとした巨人に上半身を掴まれてしまいます

あ
やばい
がぶり
かむ

エレン
「今巨人にならなきゃ…意味ねぇだろ…!!!!」

必死で巨人化しようとするエレン

かぱあ
さようなら


なんてこと
おどろく

巨人に食われていくハンネス

嘆くエレン ミカサ「マフラーを巻いてくれてありがとう」

がっくり
がっくり

エレン
「ははは!!ははははは!!はははははは!!」

絶望の光景を前に 泣き笑いするエレン

声掛け

ミカサ「エレン…」

泣き叫ぶエレン

エレン
「何にも変わってねぇな!お前は!!
なんッッにも!!できねぇじゃねぇかよ!!」

「なんッッにも!うあぁぁぁぁぁあぁぁぁ!!」

母さん

「母さん…オレは…
何も…なんっにもできないままだったよ!」

こえかける

ミカサ「エレン」

そんなことないよ
笑顔

ミカサ「そんなことないよ」

え

ミカサ
「エレン 聞いて 伝えたいことがある」

ありがとう

「私と 一緒にいてくれてありがとう」

お花
戦うユミルたち
後ろ巨人

驚くエレン

「私に 生き方を教えてくれてありがとう」

私に

「……私に」

マフラーを
ありがとう

「マフラーを巻いてくれて ありがとう」

お花
かわいいミカサ
エレンとミカサ

エレン、座標発動!

立ち上がる
ミカサ
そんなもん

エレン
「そんなもん 何度でも巻いてやる」

ずっと

「これからもずっと オレが何度でも」

ビリビリ
叫び

「アァアアアアァアアァァアア」

ペチン

ペチン・・・

これでいい
進撃の巨人アニメ最終回の感想
進撃の巨人アニメ37話叫びの冒頭


光る

ドォ

ドオオォオオォオオオ・・・

周辺の巨人達が一斉にカルライーターへ向かって突進!
カルライーターを食べつくしていきます

あぜんとするエルヴィン
クリスタったち

呆気にとられる調査兵たち

逃げるエレンたち
どうして

ミカサ「なんで…あいつが…食べられてるの?」

ライナーベルトルトに巨人が襲い掛かる
ユミルが救出に向かう「ゴエンア」

逃げるよ

コニー「何か…よくわかんねぇけど 今のうちだ!」
サシャ「早く逃げましょう!」

ヒストリア「うん!」

そっか

ユミル『そういうことか…だからライナー達は必死こいてエレンを…』

クリスタの未来

『だとすりゃこの壁の中にも 未来がある』

ライナー
最悪ー

ドォ ドォ ドォ ドォ

ライナー
『最悪だ…よりによって座標が 最悪のヤツに渡っちまった…』

『絶対に取り返さねぇと…! 間違いねぇ…断言できる
この世で一番それを持っちゃいけねぇのは エレン…お前だ』

なんかきた
くるな
ころしてやる

エレン
「来るんじゃねぇ!てめぇら!ぶっ殺してやる!!」

ライナーびり
ベルトルびり
光

ビリ ビリ ビリ

ドドドドドドドドドドドドドド

ライナー『まずい… ベルトルト!』

ベルさん

ベルトルト「ひっ…!」

守りき入れない

ライナー『ベルトルトを 守り切れねぇ!』

なんだろ

エレン「なんだ…巨人が…」

乗って

アルミン「エレン!! 乗って!早く!」

撤退せよ

エルヴィン
「この機を逃すな!!撤退せよ!!」

帰還


ベルさんピンチ

ベルトルト「うあああああ」

ユミル

ユミル「!!」
ヒストリア「ユミル?」

ベルトルトの叫びに立ち止まるユミル

ブス

コニー「オイブス!何やってんだ!早く帰るぞ!」

ゴエンア
綺麗

ユミル巨人『ゴエンア』

ヒストリア「え?」

「ユミル!どこ行くの!?」


やばい

ベルトルト「わぁあぁ!!」

ユミルへるぱー

ユミル巨人「ギイアアァアアア」

ベルトルト驚く
ライナーもびっくり


意味不明
さよなら


帰還

『その時 ユミルが取った行動の意味はわからなかったけど』

疲れた
疲れた人

『「鎧の巨人」がそれ以上 追って来ることはなかった』

大変ヒロイン
思い出

ライナーベルトルト、ユミルとの会話シーン

シガンシナ区
ユミルたち
なんで

ライナー
「ユミル… 何でオレ達のところに来た?」

いいんだよ

ユミル
「あぁ…そりゃ私が馬鹿だからだな
里帰りのお土産になってやってんだよ 手ぶらじゃお前ら帰ってくれねぇだろ」

ベルトルト「ユミル…」

返してる

ユミル「お前らがこの壁を壊しに来なければ
私はずっと覚めない悪夢を見てたんだ」

「私はただ…その時借りた物を返してるだけだよ」

境遇

ユミル「お前達の境遇を知ってるのは 私だけだしな…」

謝る

ベルトルト「ありがとうユミル… …すまない」

いい気分
月

ユミル
「いいや… 女神様もそんなに 悪い気分じゃないね」

ラガゴ村の住人は巨人だった

シーナ地下

ウォール・ローゼが突破された可能性があるとの一報で
ローゼの住民は ウォール・シーナ内の旧地下都市への避難を余儀なくされた

人々

だが 残された人類の半数以上を食わせる食糧の備蓄は 1週間が限界だった

奪い合い

それを超えれば 人間同士が奪い合い 殺し合いになるのは必死である

そのため当局は 問題発生の1週間後に ウォール・ローゼの安全宣言をするしかなかった


トロスト区
病室

-トロスト区-

・・トントントン・・

ハンジだ

リヴァイ「ハンジだ 入れ」

敬礼する

ハンジ「失礼するよ エルヴィン」

「いらしてたのですね ピクシス指令 ちょうどよかった 彼は…」

コニーです

コニー「104期調査兵団 コニー・スプリンガーです」

ハンジ「彼は ラガゴ村の出身です」

巨人発生

ピクシス指令「今回の巨人の発生源と言われとった村か」

仮説
報告に

ハンジ「はい」
実は 村での調査結果を彼に確認してもらったところ
あの仮説の信憑性が増す訳でして…その報告に…」



どこか
話し合い

エレン
「俺がまた攫われて…そのために…調査兵団は熟練の兵士の大半を失っちまった…」

ミカサ

エレン「俺を取り戻すために…」

そのこと

アルミン「でも 帰りには損害がなかった」

「巨人が僕らを無視して ライナーたちに向かい続けて行ったからね」
「そのことで ジャンと話してたこともあるんだけど…」

エレンに質問
そうか

アルミン
「あの時…巨人たちをそうさせたは エレンじゃないの?」

憶測だけどね

ジャン
「もちろんただの推測だ
だがそうでも言わなきゃ あの状況は説明できない」

どうなのか

「辛い立場だろうがな エレン
死んだ人を活かすか殺すかは お前次第なんじゃないのか」

見合うのか

「その代償に見合う価値が お前にあるのか
ウジウジしてる暇はねぇぞ」

つぐないだ

エレン
「あぁ…お前の言う通りだ やるしかねぇ…!」
「巨人を操ってやる ウォール・マリアも塞ぐ ライナーの奴らを捕まえて償わせる」

「それがオレの…なすべき償いだ!」


病室
コニーの表情

ピクシス指令「なんじゃと…!今回出現した巨人の正体は…ラガゴ村の住人…」

人間

エルヴィン「つまり 巨人の正体は 人間であると」

目を見開くリヴァイ

ハンジ「まだ…確証はないけど…」

落ち込む

リヴァイ
「じゃぁ…なにか
俺は今まで必死こいて 人を殺して飛び回ってた…ってのか?」

確証はないよ

ハンジ「確証はないと言っただろ?」


エルヴィンを呼ぶ

リヴァイ「エルヴィン」

にたあ
え?

リヴァイ「お前…何を…笑ってやがる…」

何でもない

エルヴィン「何でもないさ」

驚くリヴァイ
真実

エルヴィン「我々はまた一歩 真実に近づいたという訳だ」

犠牲が大きい

リヴァイ
「たった一歩か…踏み台にした巨人と人間の数にしちゃ 割に合わないな」

エルヴィンの決意

エルヴィン「だが確実な一歩だ」

「我々はいずれ必ず突き破る 真実を隠していた」

門の外

「壁を」

ハンジ
壁の外
みんな
幼なじみ
巨人たち
エレン



猿ー
怖い
ジークさん

獣の巨人「まだかな」



進撃の巨人Season3
2018年スタート!

@2003um0424: Mao♡祝進撃3期 2017-06-17 23:42フォロー
進撃の巨人3期!!!
初めて神様に感謝した。
返信 返信 リツイート リツイ お気に入り お気に
進撃2期最終話も見て泣きそうになってた
ああ、もうミカサだいすき
進撃の巨人2期最終話(37話)
ハンネスさんが死んでしまったのはかなり辛かった。
ミカサの死期を悟ってエレンに想いを伝えるシーンも泣きそうになった。エレンのあの力はいったい何なのだろうか?

とりあえず、全体を通してとても面白かった。

2018年3期決定おめでとうございます!

ハンネスさあああん!藤原さんが復帰したってのにハンネスさあああああああん!(号泣)
@osmt_kt16: するめ💄 2017-06-18 01:17フォロー
進撃観ました。もう感動で目の前が見えなかった。エレンとミカサのマフラーのシーンなんて、もう…;_; 原作読んでる時から映像で観たかったから、観れて良かった…!
三期もあるし、続編楽しみに待ってます!
返信 返信 リツイート リツイ お気に入り お気に
ハンネスさあぁーーーん!
ってなってる間に
ミカサーーー!
ってなって大騒ぎだわ。
もう無理精神ダメージ!
ミカサの可愛さ正義過ぎてもう無理!
なにがどーなってんの!
@Kanan_love112: だいき♭ℓσνє♡Aqours 2017-06-18 00:47フォロー
進撃の巨人season2最終回でしたなぁ〜
来年に進撃の巨人season3があるからもう楽しみw
最後の獣の巨人気になるwしかも声優が子安さんww
ミカサはやっぱり可愛かった!ww

『進撃の巨人Season3』アニメ3期は2018年スタート!

https://xn--u9j4g9dxd292pfbtfskdg9f.com/%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9/%e9%80%b2%e6%92%83%e3%81%ae%e5%b7%a8%e4%ba%ba%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a13%e6%9c%9f%e6%94%be%e9%80%81%e3%81%ae%e6%9c%80%e6%96%b0%e6%83%85%e5%a0%b1/
https://xn--u9j4g9dxd292pfbtfskdg9f.com/%e8%80%83%e5%af%9f/%e9%80%b2%e6%92%83%e3%81%ae%e5%b7%a8%e4%ba%ba%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a13%e6%9c%9f38%e8%a9%b1%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%e4%ba%88%e6%83%b3/

2017年10月29日『進撃の巨人Season2「Attack 音 体感2」』イベントも開催決定!

2013年に大きく話題となったあの神イベント「Attack 音 体感」の第2弾が開催されることが公式より情報解禁!
詳細はこちらをチェックしてみてくださいね。
https://xn--u9j4g9dxd292pfbtfskdg9f.com/%e3%83%8b%e3%83%a5%e3%83%bc%e3%82%b9/%e9%80%b2%e6%92%83%e3%81%ae%e5%b7%a8%e4%ba%baseason2%e3%82%a4%e3%83%99%e3%83%b3%e3%83%88%e6%83%85%e5%a0%b1%e3%81%be%e3%81%a8%e3%82%81/

特別番組「『進撃の巨人Season2」調査団~その先へ~」<6月24日放送>

そして、次週6月24日(土)に放送されるの特別番組「『進撃の巨人Season2」調査団~その先へ~」

サシャ・ブラウス役の小林ゆうさんと、コニー・スプリンガー役の下野紘さんがMCとして出演!
TVアニメ「進撃の巨人」を徹底調査されるようです。

公式ツイッター

現在公開可能な情報

最終回の現在公開可能な情報

不屈の誓い
これまでの調査と度重なる事件の結果として判明したのは、我々人類がこれまで災害のように考えていた巨人の存在が、実は人為によるものではないかということだ。わけてもシガンシナ区の壁を破った超大型巨人が巨人化能力を持った人間であり、明確な意図を持って壁内の人類を殺戮するためにこれを行ったという事実が判明したことは大きい。巨人による害は陣地を越えた存在によって下された天罰ではなく、侵略であると考えるべきだろう。そして侵略であるならば、我々がそれに従容として受け入れる道理はない。我々は決して屈しない。今までに流された、おびただしい同胞たちの血に誓って。

『進撃の巨人Season2』第37話「叫び」の感想と注目ポイント

アニメオリジナルエピソード

37話のアニオリ

37話の前半のシーン、シナリオ追加・順序入替えあり

  • エルヴィンが落馬したカット
  • ジャンの進路に巨人が落下しアルミンが介抱するシーン
  • ヒストリアの戦闘シーン

▶37話のシナリオ構成として、Aパート(CM前)前半は攻めのシーン、鎧の巨人が突進する場面で一変し窮地に追い込まれていく、という構成や台詞の改変・順序の入れ替えがされています。

原作(第12巻50話「叫び」)では描かれていなかった、エルヴィンが落馬したカットや、ジャンの目前に巨人が落下しアルミンが介抱するシーンなどは、補足として追加されており、より自然な流れで物語が進行されていますね。


37話アニオリその2

エレンが巨人化しようと葛藤するシーンとハンネスの戦闘シーン

▶また、原作ではエレンが巨人化しようとするシーンは具体的な描写はなく、歯型のある修復中の手のカットが描かれていましたが、アニメではエレンが巨人化しようと葛藤するシーンや、巨人と戦うハンネスのシーンが追加されています。

何度も噛み切り流血しているエレンを心配して、ミカサが声掛ける台詞も追加されています。

この追加シーンは原作の補完として分かりやすいですね。


乗って

撤退するシーンにて、エレンとミカサに声掛けるアルミン


いい気分

ユミルとライナーベルトルトの会話シーンでは台詞が一部カット

▶こちらも台詞の改変があり、原作での「故郷に行けば助からない」「ベルトルトの声が聞こえたから助けた」といったセリフが省かれています。


どうなのか

エレン達が帰還し搬送される壁上でのシーンは、トロスト区の廊下で会話される

▶最後のシーンは原作第13巻51話に該当する内容ですが、会話シーンの場所はエレン達が帰還した直後の搬送される壁上でのシーンから、トロスト区の廊下に改変されています。
また、ジャンとアルミンの台詞も一部改変されています。


病室

エルヴィンの病室での会話シーン

こちらも原作では第13巻51話の内容から、「巨人の正体は人間」だったというハンジの報告。
その説を聞き”想像通りだった”と笑みを浮かべるエルヴィンに対して、彼の本質に気付くリヴァイの描写までが構成されています。

その後のエルヴィンの最後の台詞は、アニメオリジナルで追加されています。


猿ージーク登場

獣の巨人の中の人物を登場

そして「獣の巨人」の中の人物の登場シーンは、原作では第17巻70話での登場となりますので、こちらも原作先行での登場となりますね。

https://xn--u9j4g9dxd292pfbtfskdg9f.com/%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac/%e9%80%b2%e6%92%83%e3%81%ae%e5%b7%a8%e4%ba%ba%e3%83%8d%e3%82%bf%e3%83%90%e3%83%ac%e6%9c%80%e6%96%b070%e8%a9%b1%e3%81%ae%e3%81%82%e3%82%89%e3%81%99%e3%81%98%e3%81%a8%e6%84%9f%e6%83%b3/

▼他にも見落としがあるかも知れませんので、原作もぜひチェックしてみてくださいね!

『進撃の巨人Season2』37話の名シーンを投票!

37話最終回の人気投票結果

『進撃の巨人Season2』アニメ最終回の名シーンの投票を、6月17日(土)22:00~6月22日(木)まで受付しています。
投票の多かった「名シーン」を、アニメ全週にまとめて「名場面人気投票ランキング」にて発表していますので、ぜひポチッと投票よろしくお願いします!

■投票期間:6月17日(土)22:00~6月22日(木)まで
■投票結果:6月16日(金)発表⇒「進撃の巨人名シーン人気投票ランキング」
※投票は何度でも大丈夫です。
※名場面の投票内容は、アニメ放映後に追加・変更されます。


icon-bullhorn 投票頂きありがとうございます!
 投票結果はこちらで発表しています。ぜひチェックしてみてくださいね!
https://xn--u9j4g9dxd292pfbtfskdg9f.com/%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1/%e9%80%b2%e6%92%83%e3%81%ae%e5%b7%a8%e4%ba%ba%e3%82%a2%e3%83%8b%e3%83%a1%e5%90%8d%e3%82%b7%e3%83%bc%e3%83%b3%e4%ba%ba%e6%b0%97%e6%8a%95%e7%a5%a8%e3%83%a9%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%b3%e3%82%b0/