進撃の巨人ネタバレ117話の表紙

「進撃の巨人」第29巻 ネタバレ117話
タイトル「断罪」

別冊少年マガジン6月号(2019年5月9日発売)のあらすじ感想と考察です。
未読の方はネタバレ回避してください。

スポンサーリンク

「進撃の巨人」ネタバレ117話「断罪」のあらすじ感想と考察

床から顎の巨人が現れる

前回までのあらすじ

地下牢に囚われたアルミンたち104期兵に向け、安楽死計画を説くイェレナ

その一方で、パラディに潜伏していたピークはエレンと接触し、「始祖」を奪取するべく駆け引きを繰り広げていた

「敵の位置」を示すべく、建物の屋上へ集結するエレンたちイェーガー派
ピークとポルコによってあげられた狼煙を合図に、上空からマーレ軍が現れる!

天地から対峙する因縁のエレンとライナー ふたたび戦いの幕が上がろうとしていた-

『進撃の巨人』ネタバレ第117話「断罪」あらすじ

ドドォオォオオォォオ・・・

地下牢に響く地鳴りに、天井を見上げるミカサ・アルミンたち

コニー「何だ!?」

アルミン
「…始まったんだ 巨人達が…動き出した」

ピクシス、別牢のナイル・ファルコたちも天井を見上げています


マーレ軍の攻撃開始
出典:諫山創/「進撃の巨人」第29巻117話

”マーレ、牙を剥く”

ゴゴゴゴゴゴゴゴ・・・

新型の対巨人砲
出典:諫山創/「進撃の巨人」第29巻117話

軍用飛行船から次々とシガンシナの街へ降下するパラシュート
マーレ兵ほか、兵器のようなものが降ろされています

パラシュートの荷を視認したピーク

ピーク
「ポルコ!!」

ザシュ・・・
右手をあげて、手錠が繋がれている手首をポルコに切断させます

ガビ・ピーク
「キャアアアアアアア」

「痛ったああああああ」と叫びながら落下するピーク

ドドォ!

戦闘中のエレン巨人と顎の巨人

エレン巨人が硬質化パンチしようとした瞬間、突如顎の巨人が退避、それと同時にエレンの背後から車力の巨人(ピーク)が現れ、ガビを口に含み走り去ります

車力の巨人の顔がアニメ版に
(車力の顔がアニメ版になっていますねw)

エレン
『…まさか マーレが捨て身の奇襲をかけてくるとは… 奴らの持つ情報だけじゃこんな危険を冒す判断はできないはず…』

イェレナ
「エレン!!聞こえますか!?」

「巨人の体から出てきて下さい!!屋内に身を隠し『戦槌』の力で地下から逃げるのです!!このまま戦っても分が悪い!!」

マーレの強襲にイェレナが一時離脱を進言しますが、エレンはそのまま建物外へ向かっていきます

イェレナ「エレン!?」

ズシン・・

エレン
『来いよ…ライナー』

パラシュートで降下するライナー

エレン
『お前なんだろ?マーレ軍に こんな馬鹿な真似させたのは』

ドォオオォ・・

イェレナ
「兵を総動員しろ!!早く!!エレンを守れ!!」

「…エレン どうして…」



ズシン ズシン・・

エレンとライナーが戦闘開始!
出典:諫山創/「進撃の巨人」第29巻117話

正面から対峙する鎧とエレン巨人
格闘が始まります!

ドォォオオオォ・・・



 場面は変わり、車力と合流するマーレ軍

ガビ
「ライナー!! 来てくれた…」
涙ぐむガビ


マガト
「ピーク!!こっちだ!!」

離れた位置に潜むマガトたちマーレ兵

ガビを抱き寄せる親代わりマガト
出典:諫山創/「進撃の巨人」第29巻117話

マガト「ガビ!!」
ガビの頭を掴み抱き寄せるマガト

ガビ「マガト隊長?」

マガト
「…」
「ブラウン貴様!!誰が敵地に乗りこめと命じた!!勝手なマネを…」

ガビ
「も…申し訳ありません…」

コルト「ガビ!!」

ガビ「コルト…」

コルト
「ファルコは!?どこに…!?」

ガビ
「まだ…あの建物の中に…」
「ジークの脊髄液を口にしてしまい 閉じ込められています…」

コルト「…!!何だと…?」

表情を一変させるマガトとコルト

車力の巨人(ピーク)
『ファルコは脊髄液を飲んだ敵兵約300と共に収容されています それ以外の敵兵は 今ここに500ほど ジークは不在のようです』

マガト
「ライナーの危惧に従い ここまで来たが 『始祖の力』を敵が行使する可能性は?」

ピーク
『わかりません しかし『始祖の力』が彼らの切り札であることは間違いありません 未だその切り札を切らないのであれば エレンはまだ『始祖の力』を発動できる状態にないのだと思われます』

ギギギ…
降下させた、新型の対巨人砲武装を自ら装備する車力(ピーク)

マーレ
「何か…発動条件があるのか?」

マガトの言葉に、飛行船内でのジークとエレンの会話を思い出すガビ

ガビ
「『こうして始祖と王家の血を引く巨人が揃った』 マーレから撤退する飛行船の中で ジークがそう話しているのを聞きました」

コルト
「どういうことだ?ジークが…王家の血を引く巨人…ということか?」

マガト
「…復権派の指導者が両親ならあるいは…」

ピーク
『彼の特別な力に根拠があるとすれば…それが事実なのではないでしょうか』

『「始祖の力」が使えない理由がジークの不在と関係あるなら…エレンとジークを接触させてはなりません』

ドドオォォ・・・

ガビ
「!!マガト隊長!!ライナーが!!」

マガト
「元帥だ マーレの盾はそう脆くない」

「イヤ…マーレを守る盾ではない 今我々の肩には世界の命運が懸かっている」

ガビ「元帥?」

マガト
「我々は決して始祖を殺し問題を先送りにはしない」

「今ここで始祖を喰らい 100年の遺恨に終止符を打つ」

車力の対巨人砲武装に乗り込むパンツァー・マガト

エレン巨人 VS 鎧の巨人

激しい格闘
出典:諫山創/「進撃の巨人」第29巻117話

 場面は変わり、エレンVSライナーの戦局

ドドォ ドォ ドドォ・・・

激しい格闘を繰り広げている鎧とエレン巨人
エレンの硬質化パンチが、鎧の顔面を砕くと同時に互いに拳を相打ちします

隙を突き鎧がタックルして倒すも、顔面にキックをかますエレン巨人

その背後からエレンのうなじを狙う顎の巨人ポルコ
その気配に気づいたエレンは、背中をビキビキと硬化させ槍を作り出します

咄嗟に槍を避けるポルコ

くるみ割り人形ポッコ
出典:諫山創/「進撃の巨人」第29巻117話

顎の巨人(ポルコ)
『償わせてやる 俺の街を蹂躙したこと』

『俺をくるみ割り人形にして 戦槌を殺させたこと』
(くるみ割りポッコ…)

ガッ

背後に気を取られている隙に 鎧に顔面を掴まれるエレン巨人

鎧の巨人(ライナー)
『エレン…お前が一人じゃ脅威にならない もう観念しろ お前は ここまでだ』

槍を発生させるエレン

ドドドドドド!

次の瞬間ー
エレンが地中から大量の槍を発生させ 鎧と顎の巨人を串刺しにします

兵士
「今だ!!『顎』『鎧』を仕留めろ!!」
「奴らの大好物だ!!雷槍を食らわせてやれ!!」

身動きとれない顎と鎧に 兵士らが雷槍で攻撃を仕掛けます

その刹那ー
突如、頭部を撃ち抜かれるエレン


オニャンコポン
「な!?何が!?」

建物から戦闘を伺うイェレナ・オニャンコポン達


対巨人砲を装備した車力
出典:諫山創/「進撃の巨人」第29巻117話

壁上から砲撃を構える車力の巨人

マーレ兵
「次弾装填 急げ!!」
「了解!!」

ピーク
『脳ミソが飛散し巨人の運動能力が低下しました お見事です マガト隊長』

パンツァー・マガト
「元帥だ よもや一番マシな砲手が最高指揮官になるとは… マーレ軍も堕ちるところまで堕ちたものだ」


バキ バキ

顎と鎧が槍を砕き始めます

兵士
「クソッ!!顎と鎧が動き出すぞ!!急いでー」

ドォ!

動く間もなく 屋根に潜むマーレ兵から攻撃をうける兵士たち

兵士
「…!!敵だ!!屋根にいる!!すごい数だ!!」

「敵兵はノロマだ!!回り込め!!」

ドドドドドドド・・・
飛行船から打ち放たれる砲弾 天地から攻撃を食らいます



義勇兵たち
「嘘だろ…?マーレの首脳陣は皆殺しにしたはず 一月足らずでこんな…バカな…このままじゃ始祖がやられる…」

オニャンコポン
「このままじゃ食われる!!」

走り出すオニャンコポン

イェレナ
「…エレン…あなたは他の人と違う…あなたは特別」

呆然と呟くイェレナ


救世主

ドドドドドドドドドドドドドド

地中からさらなる槍を発生させるエレン巨人
それと同時にマガトが対巨人砲をブチ放し、エレンの頭部に命中させます
(擬音がドバイw)

マガト
「奴に力を使わせる 『戦槌の力』は強力だがすぐに力を使い果たす」

「忘れるな この奇襲作戦はヴィリー・タイバーの犠牲の元にある 彼が命を賭して伝えたように 我々には真の英雄ヘーロスが必要なのだ」

「世界を救う英雄が…」

撃ち殺されていく兵士たち
エレンたちパラディ勢が追い込まれていきます

鎧の巨人(ライナー)
『エレン…もういい お前の負けだ これ以上誰も苦しめなくていい これ以上 苦しまなくていい』

エレン巨人
「アアアアアアアアア」

さらに槍を発生させるエレン巨人

鎧の巨人(ライナー)
『いずれ俺達は数年で死ぬ…どれだけ足掻いたところで 皆死ぬ』

再び背後から奇襲をかける顎の巨人
エレンの鉄拳を食らい投げ飛ばされます

顎の巨人(ポルコ)『ぐッー』

エレンを食おうとするライナー
出典:諫山創/「進撃の巨人」第29巻117話

鎧の巨人(ライナー)
『これ以上生きて…何がある?』

『俺が終わらせてやる エレン…もう…いいぞ』

『もう…眠れ…』

エレンのうなじを噛みちぎろうとする鎧の巨人
エレンが鋭い目つきで睨み上げます

エレンの雄叫び
出典:諫山創/「進撃の巨人」第29巻117話

「アアアアアアアアアア」

叫びと同時に鎧の口内を掴みあげるエレン巨人

ドォ!

とその時、鎧の頭部が砕かれます!

不意を突かれ振り向くエレン


イェレナ「あぁ…」

マガト「…来たか 驚異の子」

皆が視線を向ける先には 壁上に立つ「獣の巨人」の姿

獣の巨人が到着
出典:諫山創/「進撃の巨人」第29巻117話

ジーク
『何とか約束の場所に間に合ったが…ちょっと遅れたかな…』

『よく一人で耐えたな…エレン』

『後は お兄ちゃんに任せろ』

”再会、そして再び 戦いは苛烈を極める”


-『進撃の巨人』ネタバレ118話へ続く-

今月の一問一答

今月の一問一答

Q:ニコロは何歳ですか?
A:「20代前半です。」


作者コメント
「あと何百回「ゲームオブスローンズ」観ろと言ったら観てくれるんですか!?」
誰に向けての訴えでしょうかw
GOT最終章、毎週放心状態になりながら観てます…