進撃の巨人ネタバレ124話のあらすじ感想と考察
別冊少年マガジン1月号

「進撃の巨人」第31巻 ネタバレ124話
タイトル「氷解」

別冊少年マガジン2020年1月号(2019年12月9日発売)掲載、感想と考察まとめです。
未読の方はネタバレ回避してください。

スポンサーリンク

『進撃の巨人』ネタバレ124話「氷解」感想と考察まとめ

前回までのあらすじ

フリッツの呪縛から始祖ユミルを解き放ち、地鳴らしを発動させたエレン

それらを目撃したミカサは、かつてエレンと訣別する前の、マーレ潜入調査の記憶を思い返します

壁の外の世界に興奮する一行を余所に、一つ一つ記憶と現実を擦り合わせていたエレンの姿

『エレンは最初から何も変わってなかった あの時、別の答えを選んでいたら-』

ミカサは受け入れ難い現状から目を背けます

そして巨大な骨格形態へと異形したエレンは「島の悪魔」となり、パラディ島の外にあるすべてを踏み鳴らすと宣戦布告しますが…

『進撃の巨人』今月の関連情報まとめ

『進撃の巨人』1億部突破!「世界の“壁”を越えろ」キャンペーン

『進撃の巨人』が、紙・電子書籍の累計部数が全世界で1億部を突破!

作品の舞台設定と重なる人種のるつぼ・NYのマディソンスクエアガーデン前の巨大な壁に、超大型巨人が「壁を越えて」N Yの街に登場する瞬間を、ハンドペイントで描かれています。

諫山先生が2020年の抱負に「連載完了」を宣言

2019年12月26日「マガジン年末交流会2019」にて公開された、諫山創先生が描いた2020年の抱負→『連載完了!!』

▼▼▼

進撃来年で連載完了??え、??
進撃、終わりがくるのは分かってたことだけど来年内に連載完了っていう字を見た途端固まったよね。ほんとに涙でてくる。
連載は終わる、ということかな?

ということは不定期で何かが始まる???

え?スクカー?(^^)

ひえ…いつその時が来ても良いように来年1ヶ月1ヶ月を大切に生きよう…👏
諫山先生が来年の抱負を連載完了にしたことで、完全に進撃アカウントTLがお通夜だ…………でも皆さん何年も推しておられるからそれはもうそうだよなあ…………ほんとなあ…………どんな気持ちかと察することすらできないよ………
isym先生の2020年の抱負が連載完了…やっぱりファイナルシーズンと共に連載完了するのかな…。万が一完了してしまったらもう進撃のスクカを連載開始して欲しい。先生本人によるスピンオフでも単行本何冊か描けると思うんだ(笑)。
諫山倉さんだから連載完了するのは進撃の巨人ではないでしょ

▲ !!諫山先生、サインが【諫山『倉』】になってますね() 今年も酔って描かれたのでしょうか…