進撃の巨人ネタバレ138話

「進撃の巨人」第34巻 ネタバレ138話
タイトル「長い夢」

別冊少年マガジン2021年4月号(2021年3月9日発売)掲載の、あらすじ感想と考察まとめです。
未読の方はネタバレ回避してください。

 完結まであと1話!
ついに!次回2021年4月9日発売の別マガ5月号(第34巻139話)が最終回です!


スポンサーリンク

『進撃の巨人』ネタバレ138話「長い夢」のあらすじ感想と考察まとめ


1回読んで、は????????????
しか出なかったんですけど
私は何を読まされてるの??
読みました。これは、ちょっともう。。。言葉がない。今までで最大の言葉がない
うっ
 うッ

諫山ッ! 創 ッ!!!!

諫山創 ------ッ!!!!

どうして……こんなッ
「傷つけ」の引き出し多いんだッ!?!?(最高)
アニちゃとお父さん、感動の再会一歩手前で???!!!!なんてこと…なんてことするん?????!!!
なんでこんなとこするんですか?
なんでこんなとこするんですか?
なんでこんなとこするんですか?
なんでこんなとこするんですか?
なんでこんなとこするんですか?
なんでこんなとこするんですか?
なんでこんなとこするんですか?
なんでこんなとこするんですか?
なんでこんなとこするんですか?
ジャンとかコニーとかガビ達が無垢巨人になったの死ぬほどショックなんだけど 心臓が冷えたんだけど 夢だと言って欲しい
マーレ兵と収容区民が一丸となって助け合い、9年ぶりに親子が再会を果たし、人種の差を超えた和睦が成立した瞬間のガス噴射 エルディア人総巨人化 味方も敵もみんな死ぬ …は?
次世代の子供が巨人化するとは思わなかった…
まじか…
これ以上の地獄はないだろうと信じたかった
やばすぎるって…諫山先生…😭
もう人生最大に泣いた😭
ほんとにこの作品に出会えてよかった
とにかく泣きすぎた。😭

進撃の巨人 諫山創

読み終わった時 絶対に 思える

おれはこの作品を読むために
生まれてきたんじゃないかって pic.twitter.com/bshupvnYwj
本当に…

地獄が好きなんだな!?

進撃クラスタ?!????!
先月の皆
「地鳴らし止めるとか生ぬるいぞおお!!」
諫山
「じゃあ絶望路線でいくお」
ミストにしないってぇ!
ゆったじゃないですかぁ!!
諫山先生!!!!
トレンドにisym先生入ってる…こんなひどいことするから…
諫山先生の2010年のインタビューを強烈に思い出す

「怒られるかもしれないと思うんですけど、こっちこっちって呼んでおいて崖に落とすみたいな。なんでそんなことするのって、裏切るような事をやりたいんですよ。読者だけじゃなくて講談社も裏切るような事をやっちゃいたいんです」
過去最高の回だな
衝撃のレベルが桁違い
これ以上の地獄はないだろうと信じたかった
されど人類最悪の日はいつも唐突に
散々激熱展開繰り広げたあとにコレ。どんなドMでも根を上げるレベル
何か1周まわってすごい冷静に「あぁ、これってあの場面に繋がってんだなぁ」とか考えてる気持ちと、泣き叫びたい気持ちとごちゃまぜ。
マガポケで配信されてる138話ネームで回想のあの小屋は「スイスの家」であることが判明
え??この世界線だとスイスで2人で暮らしてるの……、!?
ズルくないすか……!?!
pic.twitter.com/B02R2HHsaa
わたし妹がスイス在住なので山小屋の写真を送りなさいと命じてみたら「ハイキングのときの写真でよい〜?」と送られてきたよ…ミカサの理想郷が… pic.twitter.com/U2iD1lACbp
「いってらっしゃい エレン」回収回……ううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううううう
めちゃくちゃ……よかった……
最終回へいってらっしゃい、諫山先生

『進撃の巨人』最終回ネタバレ139話の展開予想まとめ

進撃の巨人の最終コマのカット
※「情熱大陸-漫画家・諫山創」『進撃の巨人』のラストシーンの「最終コマ」

138話「長い夢」から「最終コマ」への展開予想まとめ
■ 「始祖ユミル」の成仏と「光るムカデ」の消滅 説
  • 始祖ユミルは「未練」が解消され成仏する
  • 宿主を無くした「光るムカデ(有機生物)」も消滅
  • 全ての巨人の力が消滅し、ユミルの呪縛から解放される
  • 始祖成仏によって、壁の巨人や無垢の巨人化したジャンとコニー(&コニー母)、ガビらが人間に戻るかは不明
    ガビは「顎(ファルコ)or 鎧(ライナー)or 車力(ピーク)」を継承し生き残る説もあり
■ エレンor始祖ユミルが、ヒストリアの子に転生する 説
  • ミカサに斬られ死亡したエレンは、ヒストリアの赤子に継承される
  • 成仏した始祖ユミルは、ヒストリアの子に転生、赤子はユミルと名付けられる
■ 「お前は自由だ」と告げる人物と赤子は誰か?
赤子を抱く人物
  • エレン
  • グリシャ
  • ミカサ
赤子
  • ヒストリアの子
  • 赤子継承した「エレン」
  • 転生した「始祖ユミル」
「進撃の巨人」最終回の結末予想
進撃あと1話!?!!?!!???
時を戻そう…

「マンガ読みに問う、この才能は本物か?」まで戻そう…
わたしはリヴァイが来月ちゃんと着地してるのかがめちゃくちゃ気になってるんじゃ
最終話予想

エレンは、中間を守るにはミカサに殺されるしか無いと進撃の力で見た。ハンジに他にありますか!?って怒ったのもこれ。

エレンが死ぬ→始祖消滅

ミカサとキス→ユミル満足→成仏→巨人化能力消滅→みんな復活→エレンだけ死に、仲間は生きる

ありそう?
139話予想
倒れる進撃巨人
ガビ巨人に食われそうなライナーを、ピーク(かアニ)が助けて代わりに食べられる
エレン回想
ユミル成仏、ハルキ消滅
全人類から巨人の記憶消滅、無垢の巨人が消滅。
起き上がる4人
とリヴァイ力尽き死亡
ユミル、ヒスの子に転生
エレン→ユミル「お前は自由だ」
この調子だと、ユミル成仏で13年縛り解決、光るムカデ討伐で巨人化問題解決、ミュラー長官が恐怖を乗り越えてエルディア人と再び和解、無垢化した人々が全員復活、アルミンたちが英雄となって終わり、くらいの生暖かい終わりを覚悟した方が良さそうですね。
コニーのお母さんはじめ、巨人化したまま生存しているキャラクターが始祖ユミルの成仏(ユミルの呪いの解除)に伴って人間に戻るという展開を切に願うところではあるんだけど、諌山先生がそんなハッピーエンドやるだろうかというところではあるし、何ならもっと酷いことしそうで怖い
あとなんとなーく最終話ミストエンドあり得るよね。。あの後、始祖ユミルは成仏されて巨人化の力はなくなるけど、無垢の巨人となった人達はもうすでにライナー達に倒されて亡くなってる可能性…
そういえば巨人学会という存在が謎のまま終わってしまいそうなのだけど、ミステリーでいう「鑑識」なのかな?ある程度情報の確実さを保証してくれる存在。実写版のラストのようにトリックで偽装されてる場合もあるかな…
エレンは巨人を「駆逐してやる」と言ったわけだから、エルディア人は誰一人として生き残らないだろうなとは思う。
皮肉なラストとして考えられるのは、ユミルの成仏によって巨人の力が消滅したにも関わらず、残存人類がエルディア人を「駆逐する」というもの。
人類と巨人(エルディア人)が共存するラストはあり得ないと思う。
エレンは人類の滅亡、ジークは巨人の滅亡を目指した。にもかかわらず、人類も巨人も生き残りました、エレンやジークが直面した問題は先送りです、みたいなラストは無いでしょ。
ただ、少数のエルディア人+アッカーマンは生き残ると思う。
知性巨人メンバーがどうなるか分からないけど、ミカサは生き残るかな。あと、ヒストリアの子供も生き残る。
もし、ユミルの成仏で巨人の力が消滅したなら、ヒストリアの子供は「悪魔(巨人)の呪い」から自由になる。つまり、「お前は自由だ」
今巨人を継承してて地上にいるこがライナー、ピーク、アニの三人で、無垢の巨人になったのがジャン、コニー、ガビの三人で、今力を持ってる三人には寿命が近づいてて、、、無垢の巨人になりました、終わりなんてことない気がしてならない
森を出たガビが鎧を継承して人間に戻りファルコとともに未来へ進むのは綺麗な終わり方だしライナーは死ねる(しかもガビを救えるおまけ付き)しオニャンコポンの「子供は未来だ」が回収されて現状一番マシな結末だと思うんだけど
進撃の作者が諫山創だということを忘れてはいけない
先生がAnswersで『ウーリが壁の中の人類に対して抱いていた想いは……それは一番の真相に繋がるところなので内緒です(微笑)』と答えてるのが今さらだけど気になります。この真相まだ明らかになってませんよね?🤔敢えてモノローグ無しかなぁ?真相は読者に委ねる形になりそう…
そういえば第一話 二千年後の君へ
冒頭の「その日 人類は思い出した」のネーム、人類と書いてルビは「じぶんたち」なんだよね

記憶というかユミルの民の道、関係あるのかな?
進撃の最終回ってもしかしたら138話から4年後描かれる??
そうしたらちょうど2000年後になるよね
進撃の巨人、いよいよ次で最終回…
ラストどうなるの?
isym先生どうするんだろ!?
あああああーー気になるーーーーー!!!!

今月の作者コメント

今月号の作者コメント
「うわー次マジで最終話かー終わるって何だろ変な感じがするーって心境です。」
超絶凄すぎる展開に感情も思考も追いつきません…!!!😭😭😭
本当に次回で最終話なのでしょうか???()

© 諫山創・講談社/「進撃の巨人」