実写映画【進撃の巨人】町山智浩さん映画秘話から、リヴァイ不在の理由を激白!

実写映画進撃の巨人

TBSラジオ「たまむすび」・映画専門雑誌「映画秘宝」9月号にて、脚本に参加した映画評論家の町山智浩さんによる、実写映画『進撃の巨人 Attack On Titan』の製作秘話が語られています!

スポンサーリンク

実写映画【進撃の巨人】町山智浩さん映画秘話からエレンのキャラ変更を激白!

ハリウッドでのワールドプレミア、五大都市でのジャパンプレミアに続き、いよいよ8月1日に映画の公開が迫る実写映画『進撃の巨人 Attack On Titan』

その製作秘話を、映画評論家の町山智浩さんがTBSラジオ「たまむすび」にて語っている音声が公開されています!

その製作秘話の内容には、リヴァイとエルヴィンが不在の理由やエレンのキャラ変更など、衝撃の映画製作秘話に驚きです。

リヴァイとエルヴィンが不在の理由

「もう原作とは根本的に違う世界で、設定を日本に変えるしかない」

「いちばん大きくて重要なキャラクターにしようとしていた」
とされるリヴァイは、アジア人にはない「ヴ」の発音があり
どうしても説明が必要になってくるため、結果として登場を断念せざるを得なかった」

「進撃の巨人」原作の舞台がドイツで、登場人物もドイツ人ということもあることから、映画化はやはり困難だったようですね。

役名を全て変更するなどのことも検討されたようですが、「それだと進撃の巨人じゃなくなっちゃうでしょう」とのことから、エレン・ミカサ・アルミン・ジャン・サシャらは原作通りの役名でベルトルト・ライナー、どう考えてもドイツ人でしかないキャラは日本名にと、映画オリジナルキャラとのハイブリッドになったようです。

そんな訳でリヴァイ兵長は「人類最強のシキシマ」さんになったのですね。

【一番大きな変更】主人公のエレンのキャラを変えてくれ!

「少年漫画のヒーローらしい、巨人を全く恐れない主人公では感情移入が出来なかった」
「もし映画化するならエレンをリアルな、
巨人を観ると身動き出来なくなってしまう青年として描いてほしい」

主人公エレンのキャラ変更については、諫山創先生の要望があったようです…!

”普通の贖罪のために地獄を巡る姿を映した恐ろしいドラマ”

原作のヒーローエレンとは違い、普通の青年が巨人という地獄に”死に急いで”ゆく…という恐ろしいドラマになっているようです。

この大きな変更には、町山さんも仰っていますが、評価が荒れそうですね。

そして実写映画【進撃の巨人】は後篇で物語は完結しているとのことです。

▼▼▼▼▼

どんな内容になるのか、なかなか予想し難いですが、今回の町山智浩さんの製作秘話を聞いたことで、実写映画も楽しみになってきましたね。

色んな可能性を考慮した上での改変だったようです。

グロテスクな描写は苦手なのですが…、、、
実際に観なければ感想も語れないですので(当然ですね)ここは頑張って劇場で鑑賞したいと思います!

関連記事

実写進撃の巨人
©2015 映画「進撃の巨人」製作委員会 ©諫山創/講談社 8月1日公開の実写映画 【進撃の巨人 Attack On Titan-前篇-】 劇場で観てきました! ...
進撃の巨人エンドオブザワールド
9月19日(土)公開の実写映画【進撃の巨人 エンドオブザワールド<後篇>】を劇場で観てきました! この映画感想にはネタバレ内容も含みます。 これから映画をご覧になる...
4DX劇場内
9月19日(土)公開の、実写映画『進撃の巨人 エンドオブザワールド<後篇>』を4DX劇場で観てきました。 アニメ劇場版「進撃の巨人」で4Dを体感してすっかりハマッテし...
スポンサーリンク

コメントを書く

※NGワードを含む不適切なコメントや誹謗中傷、記事と関係のないコメント等は適時削除させて頂く場合がありますのでご了承下さい。

ページの先頭へ