進撃の巨人ネタバレ130話

「進撃の巨人」第32巻 ネタバレ130話

こちらの記事は、別冊少年マガジン2020年8月号(2020年7月9日発売)発売日以降に更新を予定しています。

スポンサーリンク

『進撃の巨人』ネタバレ130話のあらすじ感想と考察


前回までのあらすじ

”すべての大陸は4日で踏み潰されるだろう-”

「地鳴らし」の進行速度は予想よりも速く、飛行艇の整備に半日以上の時間を要することが判明し、絶望的な状況に追い込まれたハンジたち

想定外の事態に、キヨミはアズマビトが所有する、マーレの海岸都市オディハの格納庫での飛行整備を提案します

イェーガー派とのさらなる死闘の末、船と飛行艇を確保する一行

その陰では、列車を破壊し増援を食い止めたキース、そして敵の追撃を防ぐべく殿を務めるマガト
自らの死に場所を定めた二人の「英雄」によって、追手が続く巡洋艦は爆沈します-

追撃の手を免れたハンジたち一行は、オディハへ向けて出港していきますが…

最新話はこちらをご覧ください